<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

「花魁道中 天下御免」著者:李丘那岐イラスト:角田緑

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
裕福だった家が凋落、姉の代わりに身売りされた次郎。初めて目にする若衆花魁の道中、不貞の輩を鮮やかに成敗する信之介と出会い…。

最初は買うつもりなかったのだけど、なんか気になって購入。
個人的には楽しく読めたが、花魁BLものとしてはいろいろどうなのよ…?って感じであります。


web拍手 by FC2

続きを読む >>
2014.02.27 Thursday 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「明日もきみと恋の話」著者:李丘那岐 イラスト:桜城やや

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
「おまえが俺を捨てたんだろう!?」NO.1ホストで、そのクセ無愛想で、でも真摯で優しかった昔の恋人・悠介。彼に突然別れを告げられて、泣いて、諦めようとして…未だに光流の中には『好き』が残っている。ある日、弁護士になった悠介に再会し、明るく振る舞いながらも光流は動揺を隠せない。しかも、悠介は光流を独占したがり!? もう傷つきたくない光流…そして悠介の想いは? 編集担当超オススメ!! 愛に泣いて癒されて、幸せになる本v

受けの名前が「光流」と書いて「ひかる」と読む。
すまん!どうしても「みつる」と読んでしまう…。
20年ほど前に『花とゆめ』を読んでいた人間はきっとそう読んでしまうと思う…。
ちなみに私は光流先輩派でした。周りは忍先輩派ばかりだったな…。


web拍手 by FC2

続きを読む >>
2010.11.24 Wednesday 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「この運命を笑え」著者:李丘那岐 イラスト:九號

弟編のスピンオフは想定しておりましたが、兄編の続きがでるとは思っておりませんでした。
いや、嬉しいけどね。

この運命を笑え (幻冬舎ルチル文庫 り 1-5)
この運命を笑え (幻冬舎ルチル文庫 り 1-5)
李丘 那岐
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
緋賀組・颯洵と心を通わせている元渡木阪組の跡取りで今は板前の鋭。彼のもとへある男が現れ……? 「この愛を喰らえ」の続編登場!

拍手する
続きを読む >>
2008.06.21 Saturday 15:16 | comments(4) | trackbacks(0) | 

「その純情を暴け」著者:李丘 那岐 イラスト:九號

この前、花嫁ものばかり出ていると騒いでおりましたが、なんか、それと同じくらい、先月から兄がホモなら弟もホモという恐るべしホモDNAを感じる作品ばかり読んでいるような…。
恐るべし!!ホモDNA!!

その純情を暴け (幻冬舎ルチル文庫 (り1-4))
その純情を暴け (幻冬舎ルチル文庫 (り1-4))
李丘 那岐
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
大好きな兄・鋭が緋賀組若頭・緋賀颯洵と恋人同士になって納得のいかない鈴原亮。食ってかかる亮を、医師・藍川は優しく見つめるが――。

拍手する
続きを読む >>
2007.11.20 Tuesday 22:10 | comments(2) | trackbacks(1) | 

「この愛を喰らえ」著者:李丘那岐 イラスト:九號

え〜、今月のルチルはヤクザ受けフェアでもしているのでしょうか?
正しくいえば、ヤクザの息子受けフェア。
しかも、攻めもヤクザの息子。
そして、子供の頃からの付き合いだったり…。(途中、会わなかった時期があるのもフェアですか?)
フェアでないなら、ここまで設定がかぶるものを同じ月に出さなくても…。と思ったのですが…。

この愛を喰らえ
この愛を喰らえ
李丘 那岐

【あらすじ】
ヤクザの家に生まれた渡木阪鋭は、父の死とともに組を解散、小料理屋の主となる。ある日、鋭は店の常連である緋賀組若頭・緋賀颯洵に押し倒され……!?

拍手する
続きを読む >>
2007.05.19 Saturday 15:57 | comments(2) | trackbacks(1) | 
 | 1 / 1 PAGES |