<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

「しめきりはご飯のあとで」著者:高月まつり イラスト:高城たくみ

JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
肉体関係を前提とした友人になってほしい」――幸せそうにご飯を食し、男は呟いた。手頃な値段で絶品の弁当をお客さんに提供する『惣菜の宇野坂』を切り盛りするのは、一家の大黒柱でもある宇野坂守里。毎日ヨレヨレの服で食べ物を求めにくる男が気になり、あれこれ世話を焼いていたら突然迫られた!? 戸惑いながらも彼に惹かれてしまう守里だったが――!? 変わり者美形小説家×兄貴肌の惣菜屋デリシャスラブ。

昨日に引き続き、サブタイトルをつけるとしあら
『胃袋掴まれた男たちR』
ってところ?
Rはリターン?


web拍手 by FC2

続きを読む >>
2012.05.28 Monday 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「見ているだけじゃ我慢できない」著者;高月まつり イラスト:天王寺ミオ

最近、すっかりダメ出しばかりするブログと化している我がブログ…。
不快に思っている方がいると思います…。
すみません…。
でも、正直に思ったことを書こうと思っています…。
で、今回も例外ではなく…。

見ているだけじゃ我慢できない (DARIA BUNKO)
見ているだけじゃ我慢できない (DARIA BUNKO)
高月 まつり
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
経理室の長谷崎冬夜は、一流スタイリストを目指す宮野宏隆に片想い中。そんなある日、母の策略により宏隆と一緒に住む事になってしまい、うろたえながらも宏隆に尽くす決意をする。一方、宏隆は企画のためとはいえ、超ダサい冬夜との同居にうんざりしていたが、冬夜の健気な様子は大変微笑ましく、その上、素顔が信じられないほど綺麗で、一緒に暮らすうちにどんどん惹かれてしまい……。


続きを読む >>
2008.02.20 Wednesday 22:49 | comments(4) | trackbacks(0) | 

「こんなハズじゃなかったのにさ」著者:高月まつり イラスト:海奈

買うつもりはなかったのですが、『ラブ・コレ』の番外編を読んで、本編も気になって…。
出版社の思うつぼです…。
でも、自分でも『ラブ・コレ』を買った時点で、こうなるのではと思っていました。
きっと、夜光花さんのも買ってしまうと思います…。

こんなハズじゃなかったのにさ
こんなハズじゃなかったのにさ
高月 まつり

【あらすじ】
中埜里久・30歳は、この記念すべき節目の歳に自分に正直に生きることを決めた。
きっかけはデートクラブ、『アンダー・ザ・ローズ』「シャイなあなたに夢のひとときを。擬似恋愛を楽しんで頂けます。(同姓デートも承ります)」品のいいサイトの一番下に書かれた、里久にとって最も重要な「同姓」という言葉に、即デートの予定を入れたまではよかったが、派遣されてきたのは、里久の希望した「小さくて可愛い男の子」ではなく、瞳の鋭い長身の華麗な青年、時春だった。
「俺は可愛がって欲しいんじゃない。『可愛がりたい』んだ!」すぐにチェンジを試みる里久だが、逆に時春に気に入られ…!!
続きを読む >>
2007.05.30 Wednesday 22:38 | comments(4) | trackbacks(1) | 
 | 1 / 1 PAGES |