<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

「真夜中のレモネード」著者:松前侑里 イラスト:宝井理人

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
仕事が忙しくて恋をするヒマもない――そんな薫の勤める探偵事務所に中途で社員が入ってきた。何とその相手・涼は、薫が女装での調査の帰り、酔っぱらいに絡まれたところを助けてくれた青年。運命の出逢いかも……とトキメキつつ、助けたのは女性だと信じているに違いない涼の手前、あの時の女性が自分だとバレないように薫は必死だった。だが涼はとっくにお見通しで? 「コーンスープが落ちてきて」スピンオフ!!


昨日に引き続き、以前発表した作品のスピンオフ作品。
そして、昨日の作品同様、別に前の作品を読まなくても支障はないよっていう作品。
だから、これから読んでも大丈夫。


web拍手

続きを読む >>
2010.05.11 Tuesday 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「センチメンタルなビスケット」著者:松前侑里 イラスト:RURU

JUGEMテーマ:読書



【あらすじ】
春、四月。美大の講師でもあった恋人・広之に誘われ、憧れのデザイン事務所に就職した希望。だが顔合わせの日、広之に奥さんがいたことが分かる。速攻で広之とは分かれたものの、事務所には残ることになってしまう。ところが入社後の一番の問題は希望が以前から尊敬していたもう一人のアートディレクター、剛だった。希望の教育係になった彼は「顔入社」だの「コネ入社」だのなにかと希望にイジワルで!? 書き下ろし。

松前さんの新刊。
なんやかんや云って、毎回買ってるよね〜。
文句を云いつつも好きなんだよね。
時々、ものすごくアタリがあったりするから余計に…。


拍手する
続きを読む >>
2009.08.10 Monday 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「コーンスープが落ちてきて」著者:松前侑里 イラスト:宝井理人

松前さんは本当に定期的に作品を発表しますね。
今回は辛口というか、受けが苦手というか嫌いなタイプでした。
猛禽ちゃんだよね…。
久しぶり(?)に登場人物に腹を立てています。フィクションだとは分かっているけどさ。

コーンスープが落ちてきて (新書館ディアプラス文庫)
コーンスープが落ちてきて (新書館ディアプラス文庫)
松前 侑里
JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
スーパーで食材を物色していた瑞希の頭の上に、突然スープ缶が落ちてきた。犯人は同じ高校の上級生・和真。咄嗟に心配してくれた和真は優しかったのに、話してみたら口が悪くて皮肉屋で、料理に関してもことごとく意見が合わない。保護者である叔父のことを一生好きでいられる自信のある瑞希だが"恋愛の賞味期限は短い"が持論の和真と出逢って、どう変わっていく? 書き下ろしデリシャス・ラブ♥

拍手する
続きを読む >>
2009.05.14 Thursday 22:43 | comments(5) | trackbacks(0) | 

「春待ちチェリーブロッサム」著者:松前侑里 イラスト:三池ろむこ

なんやかんや文句を云いながらも松前さんの作品を読んでおります。
なんていうか、発刊ペースが丁度いいというか〜。
一月に何冊も出たりもなく、何年も出ないということもなく、2〜3か月に1冊という丁度よいペースなんですよね。
そのため、本屋で見かけると、条件反射のように手に取ってしまうというか〜。
まあ、文句をいいながらも安定感はあるからね。
しかし、季節感がない作品が多い中、なんてタイムリーな作品なんでしょう。

春待ちチェリーブロッサム (ディアプラス文庫) (新書館ディアプラス文庫)
春待ちチェリーブロッサム (ディアプラス文庫) (新書館ディアプラス文庫)
松前 侑里
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
中三のバレンタイン。悦也は雪の公園で出逢った男に、親友への望みのない恋を慰められ励まされた。その彼・稜と桜のもとで再会。彼は進学先の高校の先生で? 先生× 生徒の恋のエチュード♥

拍手する

続きを読む >>
2009.02.12 Thursday 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「もしも僕が愛ならば」著者:松前侑里 イラスト:金ひかる

感想を書かなかったり、書いても文句ばかりだったりするのに、松前さんの新刊はだいたい買っております。
なんやかんや云っても信用しているってことかしらね?

もしも僕が愛ならば (ディアプラス文庫) (新書館ディアプラス文庫)
もしも僕が愛ならば (ディアプラス文庫) (新書館ディアプラス文庫)
松前 侑里
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
恋をしないと誓った美邦が、お気に入りのカフェで出逢った訳あり親子、ゲイだとばれて妻に離婚された慎一と母に捨てられしゃべれなくなった瞬。二人の面倒をみることになった美邦だが……?

拍手する
続きを読む >>
2008.12.15 Monday 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「パラダイスより不思議」著者:松前侑里 イラスト:麻々原絵里依

いつき朔夜さんの新刊は下旬に延期らしいです。
松前さんのは無事にでましたけどね〜。
松前さんもいつのまにやらベテランの域になってますね〜。

パラダイスより不思議 (新書館ディアプラス文庫 198)
パラダイスより不思議 (新書館ディアプラス文庫 198)
松前 侑里
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
恋人に裏切られ自殺を図った悠。しかし飛び降りる直前に栄養失調で倒れていたところを、仕事中のペット探偵・貴広に拾われる。貴広は動物の言葉がわかるらしい。飼い猫の口から一文無しである事情を知られてしまった悠は、貴広の世話になることに。だが貴広は動物の気持ちには敏いくせに、人間には無愛想この上ない。それでも共に過ごすうちに悠は彼の不器用な優しさに惹かれてゆき……。書き下ろしラブセラピー♥

拍手する
続きを読む >>
2008.10.10 Friday 22:51 | comments(0) | trackbacks(1) | 

「ピンクのピアニシモ」著者:松前侑里 イラスト:あさとえいり

最近、とてもあさとえいりさんのイラストに惹かれる…。

ピンクのピアニシモ (新書館ディアプラス文庫 (184))
ピンクのピアニシモ (新書館ディアプラス文庫 (184))
松前 侑里
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
吉井家の三兄弟に血のつながりはない。天然だけど優しい晴吾、口は悪いけど面倒見のいい恭平、そんな2人の兄に愛されて育った操は、幼い頃から晴吾に片想いしていた。だが恐れていた日がやってくる。晴吾に結婚を約束した恋人ができたのだ。行き場のない失恋の痛みを受け止め癒してくれたのは、いつもは意地悪な恭平だった。その恭平が、実はずっと自分を想っていたことを知り……? 甘い甘い恋のエチュード♥

拍手する
続きを読む >>
2008.03.25 Tuesday 20:54 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「ピンクソーダの片想い 」著者:松前侑里 イラスト:亀井高秀

割と松前侑里さんの作品読んでいるのですよ。
ディアプラスの新刊で出ていたら結構無条件で買っていますよ。
感想は書いていませんが…。

ピンクソーダの片想い (幻冬舎ルチル文庫 ま 1-2)
ピンクソーダの片想い (幻冬舎ルチル文庫 ま 1-2)
松前 侑里

【あらすじ】
元恋人の結婚式を邪魔しようとした浅川玲は、途中で歩道橋から落ち気を失う。助けてくれた教師・千葉と元恋人に会い、千葉を新しい恋人だと言うが――。

拍手する
続きを読む >>
2007.07.21 Saturday 23:23 | comments(2) | trackbacks(1) | 
 | 1 / 1 PAGES |