<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

「召し上がれ愛を」著者:木下けい子

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
ひどく酔った日の翌朝、カタブツで人付き合いが下手な国家公務員・笹川が目覚めると、裸の男が横で寝ていた!その男・俊成はなんと隣人で、マンションの一階にある店のシェフだった。衝撃の出会い以来、俊成は「運命」と言って笹川を口説いてくるようになり……?不器用な大人たちのデリシャス・ロマンス!

出版社連盟で木下けい子フェアでもしているのか?
立て続けに3冊出るよね。
今のところ、この1冊しか買ってないけど。
どの作品も雑誌でほとんど読んでいるからなあ〜。
だから内容はわかっている。
そのなかでもコノ作品が一番好みかな。
だから買ったのだが…。


web拍手 by FC2

続きを読む >>
2011.03.04 Friday 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「ドント・クライ・ベイビィ」著者:木下けい子

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
製薬会社のMR・智は、不毛な恋ばかりしている。
恋人と別れたばかりのある日、智は仕事で獣医の藤堂に出会う。
なりゆきでゲイだと告白し、彼を挑発するものの、軽くかわされプライドを傷つけられる。
それなのに、行きずりの相手にケガをさせられた智は、
なぜか藤堂を頼ってしまい――?
大人のためのラブ・セラピー。

雑誌掲載時、プライベートのときだからとはいえ、MRの受けが獣医とはいえドクター相手に不遜な口の聞き方をしていたため、うちの社員だったら叱り飛ばすわとか訳のわからない感想をいだいた。
職業病?


web拍手

続きを読む >>
2010.06.06 Sunday 13:40 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「由利先生と愛しき日々」著者:木下けい子

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
創幻堂出版に勤める六車くんには愛する作家がいる。我が儘で気紛れ、だけど才能溢れるミステリ作家の由利京一郎だ。そんな由利先生と恋人のような関係になったものの、そこに貴族のお坊ちゃま作家、佐倉先生が横槍を入れてきたり、由利先生の婚約者の女学生が現れたり、相も変わらず六車くんの悩みは尽きず……
純情可憐な六車くんと偏屈な由利先生の喧嘩あり、愛ありの愛しき日々の物語。

大洋図書さんはCRAFTとHertZからのコミック2冊同時発売っていうのが好きだよな〜。
いや、一度に読めて楽しいのですが、連動企画とかすればいいのにと思ったり。
作家さんによってはしてるみたいですが。


web拍手
続きを読む >>
2009.11.06 Friday 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「巡り合うよベィビィ」著者:木下けい子

木下さんの新刊。
なんか、ディアプラから出る作品はかわいい話が多いような気がします。
受けがかわいすぎる…。

巡り合うよベィビィ (ディアプラス・コミックス) (ディアプラスコミックス)
巡り合うよベィビィ (ディアプラス・コミックス) (ディアプラスコミックス)
木下 けい子
JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
バイトで家計を支えるしっかり者の空也は、仕事中に男同士のキスシーンを目撃してしまう。片方に見覚えがあると思ったら、それは空也が通う高校の教師で……!? 先生×生徒のラブ・プラクティス!!

拍手する
続きを読む >>
2009.03.04 Wednesday 00:59 | comments(2) | trackbacks(0) | 

「隣の彼」著者:木下けい子

6話中、ラストの2話は読んでいました。なんとなく、あらすじはわかっていたのですが、細かいところが分かっていなかったので、今回読めて、ある意味スッキリしました。

隣の彼 (ミリオンコミックス 60 Hertz Series 34) (ミリオンコミックス 60 Hertz Series 34)
隣の彼 (ミリオンコミックス 60 Hertz Series 34) (ミリオンコミックス 60 Hertz Series 34)
木下 けい子
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
大学に入学して憧れのひとり暮らしを始めた松田くん。ところが、アパートのお隣さんは無精鬚にジャージ姿の怪しい住人・八乙女さんとちっちゃな女の子のはなちゃん… 最初は八乙女さんを警戒しまくっていた松田くんだったけれども、いつしか強く意識するようになっていて!?

拍手する

続きを読む >>
2007.12.04 Tuesday 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「キスブルー II」著者:木下けい子

個人的には、今まで読んだ木下けい子さんの作品で一番好きな作品です。
やっと、2巻完結編がでました〜。

キスブルー II
キスブルー II
木下 けい子

【あらすじ】
俺――…今まで通りになんてできるわけがない
お前と友達でいたんだよ――親友としての一線を一度は越えたものの、友達を大事にしたいと自分から野田に告げた友坂だが、野田への想いを押し殺すことに苦しくなる。今まで通りになんてできるわけがない、傷つく友坂に、野田の想いは次第に変化していき…友情と愛情、その狭間にあるものは?

拍手する
続きを読む >>
2007.07.04 Wednesday 22:51 | comments(5) | trackbacks(2) | 
 | 1 / 1 PAGES |