<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

「極道の犬」著者:秋山みち花 イラスト:ヤマダサクラコ

買う予定はなかったのですが、ヤマダサクラコさんのイラストに惹かれて、ついつい…。

極道の犬 (CROSS NOVELS)
極道の犬 (CROSS NOVELS)
秋山 みち花
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
一生おれのそばにいる覚悟はあるか?

「俺の身体は、おまえのものだ」
若くして組を継いだ怜史の傍らに常に侍る男・門倉。犬のように忠実に仕える男と怜史の関係が対等になるのは、ベッドの中だけだった。沈着な男の、骨まで喰らいつくそうとするかのような愛撫に乱れながらも、怜史にとってこのセックスは、門倉の忠節に対する餌でしかなかった。しかし、組長継承に異を唱える輩に怜史が命を狙われた時、初めて犬は命令に背いた。自分を護るために――!?

拍手する
続きを読む >>
2008.05.11 Sunday 21:32 | comments(3) | trackbacks(1) | 

「雪花の契り」著者:秋山みち花 イラスト:北畠あけ乃

初めて読む作家さんです。
買うつもりはなかったのですが、北畠さんの口絵に惹かれてつい…。

雪花の契り (CROSS NOVELS)
雪花の契り (CROSS NOVELS)
秋山 みち花

裏切りの代償は、その身体だ。

【あらすじ】
「帰ってきたよ――おまえに復讐するために」
花房伯爵家の跡取り・薫の前に現れたのは、かつての親友であり、忘れられない男・桂木だった。学生時代、薫の父の商略により桂木家は破産。全てを失い単身アメリカへ留学する彼を、薫は物陰から見つめるしかなかった。八年後、艶めく容姿の薫とは対照的に精悍な風貌となって男は戻ってきた――瞳に憎悪の光を宿して。複雑な想いを胸に秘めた薫は、憎しみをぶつけるような口づけに翻弄され!?
続きを読む >>
2007.08.13 Monday 11:17 | comments(2) | trackbacks(1) | 
 | 1 / 1 PAGES |