<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「秘匿捜査~蜜約の鎖~」著者:藤森ちひろ イラスト:周防佑未

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
「高潔な羽鳥監察官が、こんな淫乱だとは思いませんでした」  
品行方正で『高潔な監察官』と称される羽鳥に命じられた任務――それは警視庁所属の有能なSP・小田切の監察だ。
小田切にはある事件の情報をマスコミにリークした疑いがかかっていた。
しかし過去にまで踏み込んだ調査は小田切の怒りを買い、羽鳥は無理やり身体を暴かれてしまう。
猛々しい雄に穿たれ、快楽に耐性のない身体は男の愛撫に簡単に陥落して…。
更にその情事の写真をネタに羽鳥は脅され、事件の謎を解くために協力を要請されて――!?


攻めの職種がSPというだけで、ときめきを感じる。
もう6年も前にやっていたドラマなのに、映画だって、3年近く前なのに、いまだにこの作品の影響は強いわ。


web拍手 by FC2
続きを読む >>
2014.01.29 Wednesday 21:59 | comments(0) | trackbacks(0) | 

藤森ちひろ2冊

JUGEMテーマ:読書



どうやら、藤森さんの世界はつながっていることが多いようだ。
っていうか、ヤクザといえば九曜会になるらしい。


web拍手 by FC2

続きを読む >>
2011.04.17 Sunday 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「狂おしく、甘い執着」著者:藤森ちひろ イラスト:あじみね朔生

どうしようかと悩みながらも購入。
あじみねさんのイラストも後押ししましたしね。
しかし、あらすじを読んで、引っかかるものを感じておりましたが、中身を読んで何に引っかかっていたかわかりました。
狂おしく、甘い執着 (B-BOY SLASH NOVELS)
狂おしく、甘い執着 (B-BOY SLASH NOVELS)
藤森 ちひろ

JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
「君なら、可愛い雌犬になれる」ミステリー小説部署へ異動になった尚之は、憧れの作家・朝倉透悟の担当を任される。しかし仕事を請けることを条件に、朝倉は尚之を組み敷いた。尚之の被虐性を見抜いた朝倉は、言葉と躰で尚之を追い詰め、支配される官能を教え込む。灼熱の楔に狭隘を抉じ開けられても、感じるのは気が遠くなるような愉悦だけ――。羞恥に身を震わせながらも、与えられる快楽に夢中になる尚之だったが!?
濃密愛が全てを奪う書き下ろし!

拍手する
続きを読む >>
2008.08.21 Thursday 00:38 | comments(0) | trackbacks(1) | 

「甘い罪の果実」著者:藤森ちひろ イラスト:やまねあやの

世間様の活字離れのせいか、出版社の倒産が相次ぐ今日この頃…。
BL界でも例外でなく…。
残念ながら、倒産した出版社があるのですが、他の出版者さんが拾ってくれることもあり〜。
ありがたいことです♪
しかし、黒ラキ作品が多いと感じるのは私の気のせいでしょうか!?(笑)

甘い罪の果実 (プラチナ文庫)
甘い罪の果実 (プラチナ文庫)
藤森 ちひろ
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
無実の父を救うため−−。智章は屈辱的な取引に、唇を噛んで頷いた。己の妄執に戦き捨てた恋人、今は凄腕弁護士の和臣に、淫らに剥かれ、腹いせの奉仕を強いられる。だが蕾を散らし嬲る彼の酷薄な笑みに、心は疼き、傷つけ合うような情交にも、智章ははしたなく躰を火照らせた。自分を誰より知る指先が、甘い嬌声に煽られて、さらに熱く肌をまさぐると感じるのは、錯覚なのか…? そして煩悶の最中、裁判の妨害を企んだ者が、和臣に…!! 
ドキドキの書き下ろし番外編+イラスト有。
続きを読む >>
2008.02.15 Friday 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「密約は淫らに甘く」著者:藤森ちひろ イラスト:佐々木久美子

シャイとルビーから立て続けで藤森さんの新刊が出ました。
とりあえず、こちらの感想を〜。

密約は淫らに甘く (角川ルビー文庫 (R119-1))
密約は淫らに甘く (角川ルビー文庫 (R119-1))
藤森 ちひろ
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
おまえの体で、俺を愉しませろと言っているんだ。
ルビー文庫初登場 藤森ちひろが贈る外資ファンド代表×美貌の御曹司のセクシャル・アダルトラブ!

買収の危機にある桐原物産の御曹司・桐原忍は、投資を持ちかけてきた外資ファンド代表を見て言葉をなくした。高嶺秀幸――密かに好意を抱きつつも、とある一件で忍の前から姿を消したかつての先輩。しかし、昔の面影もなく冷徹な取引相手として現れた高嶺は、投資の条件として忍が躰を差し出すことを要求してきた。「おまえの役目は、俺を愉しませることだ」。何かの罰のように忍の体を蹂躙し、強烈な快楽で翻弄する高嶺。取引だけの関係。なのに、独占欲に似た激情を滲ませる高嶺の視線に、忍の心は甘く疼き始めて・・・。
続きを読む >>
2008.02.06 Wednesday 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 1 PAGES |