<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「ここで待ってる」著者:凪良ゆう イラスト:草間さかえ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
おまえの体、キスするのに丁度いい──。
初対面のゲイバーで大胆に誘ってきた小悪魔美人の飴屋(あめや)。
空手道場の師範代で、恋愛ではいつもお兄ちゃん止まりだった成田(なりた)が、一目で本気の恋に堕ちてしまった…!?
ところが数日後、道場で再会した飴屋は、七歳の息子を持つ良きお父さん!! 
一夜の情事などなかったように、隙を見せようとしない。どちらが本当の顔なのか…? 
成田は不埒な劣情を煽られて!?


凪良さんの作品は全て読んでいるわけではない。
だって、振り幅大きいのだもの。
今月、キャラのフェアのために凪良さんの既刊本を2冊買ったのですが、同じ作者と思えないものでしたよ。
いや、根底にあるものは一緒なのかもしれないけどさあ。


web拍手 by FC2

続きを読む >>
2015.07.30 Thursday 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「叶わない、恋をしている」著者:凪良ゆう イラスト:水名瀬雅良

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
事故で両親が他界し、片岡志貴は大学を辞め、昼は会社勤め、夜はバイトをして三人の弟を育てている。頑張らなければと思う反面、徐々に身も心も疲弊していく。
そんな折、志貴はバイト先で知り合った神谷にある提案をもちかけられる。
それは、援助と引き換えに、神谷の亡くなった恋人・暁の身代わりとして神谷の傍にいることだった。
恋をしてはいけない、寝てもいけない、それが暗黙のルール。わかっていたはずなのに、神谷に惹かれていく自分を抑えることができず、志貴は神谷と越えてはいけない一線を越えてしまい…。
書き下ろしを加え、文庫化!

文庫化作品。
カバーイラストは新しいらしい。
お得ですね。


web拍手 by FC2

続きを読む >>
2015.04.22 Wednesday 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「ショートケーキの苺にはさわらないで」著者:凪良ゆう イラスト:草間さかえ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
アンドロイドが普及し、人に代わって戦争すらしてくれる時代。
大学生の南里輝(なんり てる)は、自分だけを愛してくれるセックス用アンドロイド、通称「裏ドール」を伴侶にすることを夢見ていた。
その資金を貯めるため裏方バイトをしていた風俗店に、ある日とびきり美しい裏ドールが売られてくる。
悲しげな姿を見かねた南里は、つい貯金をはたいて「彼」を買い取ってしまった。シンと名づけられた彼は、ドールゆえの一途でけなげな愛を南里に注ぐが――。

あらすじ読んだとき、「えっ、ダッ○ワイフ?」って思ったのは私だけでないはず。
ある意味、インパクトがありすぎなあらすじ?
それに惹かれるか、退くか…。
好みの問題?


web拍手 by FC2

続きを読む >>
2015.02.17 Tuesday 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「お菓子の家: 〜un petit nid〜」著者: 凪良ゆう  イラスト:葛西リカコ

凪良 ゆう
フランス書院
¥ 620
(2012-09-12)
コメント:「お菓子の家: 〜un petit nid〜」著者: 凪良ゆう  イラスト:葛西リカコ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
大事なものはひとつでいい

リストラされた加瀬は、強面なパン屋の店主・阿木に声を掛けられ、バイトをすることに。無愛想で人との付き合い方が分からない加瀬にとって、店の温かな雰囲気は馴染みがなく、戸惑うばかりだった。
けれど火事に遭って阿木と同居することになり、彼の優しい手にどうしようもなく惹かれていく。
優しくされればされるほど阿木に依存してしまい、溢れそうになる感情に加瀬は……。

タイトルは『ヘンゼルとグレーテル』から。
グリム童話って結構残酷よねえ〜。


web拍手 by FC2

続きを読む >>
2012.09.19 Wednesday 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「まばたきを三回」著者:凪良ゆう イラスト:円陣闇丸

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
幼馴染で恋人の四ノ宮 令が事故で亡くなって二年、斎藤一佳は山間の田舎町で一人静かに暮らしていた。一日の終わりには令の住んでいた家に行き、その日の出来事を彼に語りかける。孤独を紛らわす一佳の習慣だった。ある日、いつものように令の部屋にいた一佳は突然大きな揺れに襲われる。そして次の瞬間、驚きに息を呑んだ。目の前に令が立っていたのだ。綺麗で意地っ張りなままの、幽霊となった令が――。

今まで、気になりながらも未読だった凪良さんの作品。
イラスト買いと評判が良かったこと、あと他に買う本がなかったのが決め手です。


web拍手 by FC2

続きを読む >>
2012.05.26 Saturday 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 1 PAGES |