<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「暁に誓う蜜愛」著者:いとう由貴 イラスト:杉原チャコ

いとう 由貴
アスキーメディアワークス
¥ 693
(2010-07-07)

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
大学生のアレクシスの恋人は、香港の経済界を牛耳る若き実業家のジェイル。彼と二人で過ごす、甘くて優しい時間。心も身体も愛されて幸せなはずなのに、アレクシスはなぜか「悪夢」を見るようになる。そして「悪夢」は現実に!! 何者かにさらわれたアレクシスの感じやすい身体にささやかれる、淫靡な計画―― 「おまえは、わたしの子供を孕むのだ」。ジェイルは、愛するアレクシスをとり戻せるのか!? 書き下ろし香港ノワール!

やっぱり続きが出た。
いや、あれだけ伏線があったら出るに決まっているが。
次々と障害が起こる二人の愛は如何に!?って思ていたけれど、このカバーイラストを見たらねえ…。
読む前から、二人は幸せになりました。めでたし、めでたしと表していると思う。


web拍手 by FC2

続きを読む >>
2010.07.10 Saturday 15:24 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「闇に抱かれる蜜事」著者:いとう由貴 イラスト:杉原チャコ

いとう 由貴
アスキーメディアワークス
¥ 693
(2010-02-08)

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
もう誰にも触れさせたくない!
香港経済界に多大なる力を持つ若きトレーダー・ジェイルと、大学生で彼の恋人のアレクシス。蜜月をすごす二人に、ある日届いた不穏な噂――それは二人の「過去」に関する事だった。怯えるアレクシスを激しく、情熱的に蕩かすジェイルの愛撫。ジェイルに開発されたアレクシスの身体は、ジェイルの熱に喜ぶけれど、心にはどうしても消えない不安が募る。そんなアレクシスを冷ややかに見つめる男が…!? オール書き下ろしheart

ちょっと、重たい話が読めない精神状態だったので、買ったもののしばらく放置していました。
読み出したら止まらなくなるのだけどね〜。


web拍手

続きを読む >>
2010.02.23 Tuesday 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「そして、裏切りの夜が始まる」著者:いとう由貴 イラスト:佐々木久美子

この前のビープリ文庫の作品で、いとうさんの作品はいつも攻めが受けを裏切る!と書いたけれど、今回もそれのような、ちょっと違うようなあ〜。
タイトルに「裏切り」とありますがね。

そして、裏切りの夜が始まる (SHY NOVELS)
そして、裏切りの夜が始まる (SHY NOVELS)
いとう 由貴
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
千坂翔はたったひとりの家族である弟・俊樹を病院に見舞った帰りに、あるニュースを耳にする。資産家として知られる幣原家のひとり息子が交通事故で亡くなったというものだ。幣原家の当主は俊樹の実の父親だ。自分と俊樹はよく似ている…… 弟を守るためにはこの方法しかない。そう思った翔は俊樹のふりをして幣原家を訪ねるのだが、そこで運命を狂わせる男と出会い!?
続きを読む >>
2008.05.01 Thursday 02:01 | comments(2) | trackbacks(1) | 

「月に濡れる蜜約」著者:いとう由貴 イラスト:杉原チャコ

ビープリ文庫、創刊ラインナップのこの作品。
これは書き下ろしのようですね。
やはり、ラインナップが多彩といえば聞こえがいいが〜としかいいようがないような…。

月に濡れる蜜約 (B-PRINCE文庫 い 1-1)
月に濡れる蜜約 (B-PRINCE文庫 い 1-1)
いとう 由貴
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
この身体には貴方だけ刻めればいい
12年前、日本から無理やり香港に連れてこられた朋之は、その名をアレクシスと改められ、 強大な権力を有する一族に、籠の鳥のように飼われる日々を強いられていた。 やがてはその身体を一族の長に奪われる運命だったアレクシスの前に、 ある日ジェイルと名乗る男が現れる。恋という名の魔法でアレクシスの心を蕩かし、 その身体に快楽を教え込むジェイル──アレクシスは知らなかった。二人の間には、大きな「秘密」がある事を…。

続きを読む >>
2008.04.15 Tuesday 22:30 | comments(2) | trackbacks(1) | 

「裏切りに愛の雫を」著者:いとう由貴 イラスト:蓮川愛

蓮川さんの描く燕尾服のフランス人と袴姿の日本人。
豪華ですね。
内容もドラマチックでしたよ♪

裏切りに愛の雫を (プラチナ文庫)
裏切りに愛の雫を (プラチナ文庫)
いとう 由貴

【あらすじ】
伯爵のレオンに才能を認められた絵師・保名。渡仏の船中で求められ、最奥を雄で乱される悦楽に翻弄された。「全部、わたしのものだ」いとおしげに囁く優しい声。その寵愛に報い、どんなことでも従おうと心に誓っていた。しかし、レオンは保名を利用するために手懐け、快楽を仕込んだのだと知らされる。レオンの望みに殉じなくては―そう思うのに、なのに、涙が零れてくる。彼の腕が恋しくて、あの優しさが偽りだったと思いたくなくて…。愛を信じられない伯爵に捧げる、無垢な想い。
続きを読む >>
2007.07.15 Sunday 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「天涯の果て」著者:いとう由貴 イラスト:北畠あけ乃

最近、心配なこと…。
私、高校時代、世界史ならった?
きっと、私が高校生のときは必修でなかったのよね…。
というか、遥か昔過ぎて、習ってないのかどうかも記憶が曖昧です。中高エスカレーターだったから、世界史の先生に教わったのが、中学の時か、高校の時か曖昧です。老化現象!?
日本史、世界史でなく、地理を選択したのは覚えているのだけど〜。理系だったから、社会は受験に関係なかったのさ。そういう考え方が、今回の問題につながっているのでしょうけど〜。
で、結局、何が云いたいかというと、足利の時代とか、中国は明の時代といわれても全然わからないと云いたいのです。中国なんて、三国時代しかわかりませんよ。
でも、そんなことわからなくても、この作品は読めましたよ♪

天涯の果て
天涯の果て

【あらすじ】
時は足利時代。絵を学ぶために明の国を訪れた少年・千歳は、 いつしか皇帝の愛顧を受ける宮廷画家にまで成長した。
そんなある日、千歳はひとりの男と運命的な出逢いを果たす。 武将の面差しと帝位を狙う知略を見るものに感じさせる趙浚祥だ。 彼は、千歳が描きたいと思っていた画の理想そのものであった。
ともに時を過ごすうちに囚われていく恋情。人の手によって教えられる熱。 身も心も浚祥に捕らえられた千歳を待っていたものは、残酷な裏切りだった…!?
裏切りと憎しみ、愛と悲しみのグランドロマン誕生!!

続きを読む >>
2006.10.30 Monday 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 1 PAGES |