<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「霞ヶ関ラヴァーズ」著者:いつき朔夜 イラスト:高階佑

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
二人は一番のライバルで相棒、そして……?
厚労省を舞台に、同期のキャリア官僚・逸見と御手洗の 仕事と恋を描く、大人のスイート・ロマン!

タイトルにある通り、舞台は霞ヶ関。
官僚同士の話でございました。


web拍手 by FC2

続きを読む >>
2015.01.14 Wednesday 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「カモフラージュ ~十年目の初恋~」著者:いつき朔夜 イラスト: 香坂あきほ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
海外派遣から戻った自衛隊員の春暁は、駐屯地で新しい医官を見て驚いた。
それは甘く苦い初恋の先輩・浅倉だったのだ。
高校時代とは別人のような毒舌にたじろぎつつ、浅倉を目で追う日々。
そして意地悪に見えて隊員思いなその優しさに気づいたころ、
浅倉から「十年前、逃げてくれてよかった」と言われる。
ショックを受ける春暁だったが、災害救助に浅倉とともに出動して……?

再会からはじまる、迷彩色の恋模様!!

大好物の再会もの。
これもどうやら舞台は九州のようです…。


web拍手 by FC2


続きを読む >>
2013.11.11 Monday 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「征服者は貴公子に跪く」著者:いつき朔夜 イラスト:金ひかる

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
あなたも込みで、この城を買ったのですよ。
両親、そして財産を失い、先祖代々の居城を手放すことになったパウル。
ところが、契約書にサインを済ませたとき、売却先である日本のホテルチェーンから来た牟田は、かすかな笑みを浮かべて告げたのだ。
「あなたも込みで買ったのですよ」と。
男の傲岸さに最初は反発を覚えたものの、無表情ながら冷血漢ではない牟田と徐々に心の距離が近づいてゆき……?
日本人ホテル王×ドイツ青年貴族でおくる、古城の恋の物語 v

いつきさんの新刊!
諸般の事情により、順番が変わったけどさあ。
そちらのほうも9月に出るらしいし〜。
ご当地(福岡)BLらしいので、そちらはそちらで楽しみ。
今回はご当地から遠く離れたドイツが舞台でございます。


拍手する
続きを読む >>
2009.07.12 Sunday 00:00 | comments(4) | trackbacks(2) | 

「コンティニュー?」著者:いつき朔夜 イラスト:金ひかる

私は幼児の頃、7歳上の兄の事を「ちゃあちゃん」と呼んでいたそうです。
小学生の頃、兄が自分のことを「ちゃあちゃん」というので、なんでそう云うの?と聞いたら、お前がそう呼んどったんだ!と怒られた事を遥か昔の事なのに、妙に覚えています。
美里ちゃんが赤ん坊の頃、とうしゃんをそう呼んでいたので、妙にそのことを思い出しました。

コンティニュー?
コンティニュー?
金 ひかる,いつき 朔夜

【あらすじ】
勤務はおもに夜間。週に一、二回のわりでデート―。妻に逃げられ、赤ん坊を抱えてリストラされた絢人。再就職もうまくいかない中、ゲームソフト会社を経営する藤堂から「月三十万でどうだ」と誘われたのが、彼の愛人になることだった。生活のためやむなく契約した絢人だったが、いつしか藤堂のカラダに慣らされてしまう。そんなある時、絢人は藤堂の会社で思わぬ仕事をすることになり…?恋愛ダンジョンRPG。


続きを読む >>
2007.02.05 Monday 21:44 | comments(2) | trackbacks(0) | 

「八月の略奪者(ラプトル)」著者:いつき朔夜 イラスト:藤崎一也

前々から気になっていたいつき朔夜さん。藤崎さんのイラストが相乗効果となり購入してみました。
読んだ後、「そして、少年は大人になる」という某銀河鉄道999のラストのナレーションが頭をよぎりました…。
あっ、これ盗作でないですよ。某槙原氏みたいに訴えたりしないで下さいよ。松本先生!!

八月の略奪者(ラプトル)
八月の略奪者(ラプトル)
いつき 朔夜

【あらすじ】
それは高校三年生の夏、思いがけず見つけた運命だった――。校外見学でやってきた博物館で、アンモナイトの化石を割ってしまった浩紀。だが、いつものように適当に流そうとした浩紀を、学芸員の香月は本気で叱った。真面目で融通がきかない彼に反発を覚える浩紀だったが、博識で可愛いところのある年上のひとにいつしか惹かれてゆき……。きらきら眩しいティーンエイジ・グラフィティ!!
続きを読む >>
2006.11.16 Thursday 21:33 | comments(2) | trackbacks(1) | 
 | 1 / 1 PAGES |