<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

「ゆずりは橙嫁が君」著者:真生るいす

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
母が亡くなって七年。母の再婚相手で料理研究家の義父である和明に、気がつけば、健人は叶わない想いを抱いていた。まさか母に嫉妬する日がこようとは…… 眠れない夜から、解放される日はくるのだろうか? 愛すべき義父と、愛すべき義息子の焦れったい恋を描いた『踏む青』をはじめ、愛すべきひとたちの珠玉の恋の作品集。

真生るいすさんの新刊。
『満員御礼』でなく、別の作品…。
いつの間に作品描いていたんだ?
と思ったら、表題作以外は昔の作品でした。


web拍手 by FC2

続きを読む >>
2011.02.05 Saturday 13:23 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「満員御礼」上巻 著者:真生るいす

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
東京は下町、両国あたり。土俵舞台に青春をかける青年たちが住んでいる。いなせで粋な名人目指す、呼び出し序ニ段の鈴木誉もそのひとり。そんな誉に恋したのは、でっかい会社のドラ息子、久保田梶之助。日々の苦楽もなんのその、角界ロマンスついに誕生!


先月出た『坊っちゃまと主治医』の感想を書こうと思いながらも書き損なっていたら、真生さんの新刊がまた出た。
嬉しいが、ちょっと一度に出過ぎ…。贅沢な意見ですが〜。
しかし、19世紀のイギリスが舞台の『坊っちゃま〜』に対して、こちらは現在の日本、角界、つまりはお相撲の世界が舞台ですよ!
幅広い作風というのはこういうのもいうのでしょうか?


拍手する
続きを読む >>
2009.07.14 Tuesday 23:29 | comments(2) | trackbacks(1) | 

「坊っちゃまと主治医」著者:真生るいす

ショタは苦手と散々云っておきながら、手にとった1冊。
でも、可愛い話だから、苦手な人でも大丈夫だと思いますよ。

ところで、坊っちゃまのお名前は?
年齢は14歳なんだよね〜。4歳までお世話していたナニーが10年ぶりに復帰したとあるから〜。

坊っちゃまと主治医
坊っちゃまと主治医
真生 るいす

【あらすじ】
十九世紀末、イングランド北西部の片田舎。天蓋付きのベッドの中で、病弱な坊っちゃまは今日も主治医を待っている。実は坊っちゃまは、主治医のアダムに首ったけ! 老執事や乳母の心配をよそに、彼をオトす機会を虎視眈々と狙ってる。今日も仮病で呼び出すけれど…!?
年の差&身分違いヴィクトリアン・ロマンス?

拍手する

続きを読む >>
2006.11.29 Wednesday 22:49 | comments(2) | trackbacks(1) | 
 | 1 / 1 PAGES |