<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

「龍の策略」著者:ふゆの仁子 イラスト:奈良千春

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
絶体絶命!!
大切な者と引きかえに、お前は何を賭ける?

米国の大手企業、ウェルネスマートに勤める高柳智明は、会社の重役であるヨシュアの命令で、シンガポールを訪れていた。しかし、その呼び出した
はずの張本人が、突然、高柳の前から消えてしまうーー。
慣れない国で、ヨシュアの行方を探す高柳は、同僚で恋人のティエン・ライの力を借りることにするが、その『獅子の都』と称される灼熱の地では、ティエンの裏の顔、香港マフィアの力が及ばない事実を知ることになる。
「あなたからの連絡を待っていましたよ。
私のところにひとりでお越しください」。
それでも、唯一の手掛かりとなる人物を探し当てた高柳を、その男は優雅な物腰で危険な場所へと誘う。
敵か味方か、罠か…? 男に導かれ、高柳は…。

なんやかんやと続いているシリーズ。
年1回ってところか?


web拍手 by FC2

続きを読む >>
2015.07.11 Saturday 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「龍の逆鱗」著者:ふゆの仁子 イラスト:奈良千春

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
どうやらお前は、二匹の『龍』に愛される運命のようだ。

香港から『龍』が消えて3年ーー。
高柳智明は、『龍』の重い宿命から解放された恋人のティエンと共に、穏やかな日々を過ごしていた。
そこへ、新しい『龍』こと3歳のフェイロンがやってくる。
とある事情で何故だか、フェイロンとふたり、パンダを見る旅行に出かけることになった高柳だが、そこには再び『龍』を巡る闇の罠が仕掛けられていて……!!
混沌として絡み合う、アジアの雑踏の中で、二匹の『龍』は、愛する者を守れるのかーー。

ラヴァーズ文庫創刊10周年だそうだ。
で、奈良千春さんデビュー10周年でもあるそうだ。
まあ、ラヴァーズ文庫=奈良千春なんだけど。
10年も続くってのはすごいよね。
っていうか、『麗人』の表紙イラストがずっと笠井あゆみさんだし、梅…、じゃなかった竹書房さんは長期契約を好む会社なのかな?


web拍手 by FC2

続きを読む >>
2014.05.26 Monday 21:14 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「鳳凰の片翼」著者:ふゆの仁子 イラスト:奈良千春

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
「覚悟はありますか? 私を受け入れれば、もう後戻りはできない。あなたは一生、私のものです」
建築家の遠藤翔太は、縁もゆかりもない、美貌の風水師に台湾で出会う。その助言で一国をも動かすと言われる高名な風水師・劉は、ある一件以来、遠藤のことが気に入ったようで、いつの間にか同じマンションに越して来て、遠藤の近くにいるようになった。
しかし劉は、アジアの国々はおろか、世界中の裏組織がその身を囲いたがっている類まれなる存在で――。
劉が唯一、気を許している遠藤は、裏組織の格好の餌食となってしまい…!!

正直な話、買おうかどうか悩んだ…。
まあ、今までのシリーズ全部読んでいるしね…ということで、購入。
久しぶりにラヴァーズ文庫を購入。
創刊9周年なんですね。


web拍手 by FC2

続きを読む >>
2013.05.28 Tuesday 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「獅子の双飛」著者:ふゆの仁子 イラスト:奈良千春

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
「お前は、あいつをおびき出すための餌だ」
世界屈指の優良企業・ウェルネスマート。そこのNY本社出身である弁護士の梶谷英令(かじやひではる)は、恋人であるレオンとケンカしたまま、久しぶりに日本を訪れる。しかしそこには、東京・新宿の裏組織による妖しい陰謀が待ち構えていた。
裏組織の罠に堕ちた梶谷は、レオンによって彫られた腰の刺青を暴かれ、上海の陰の権力者であるレオンを日本に呼び出すよう、強要される。
「私をこんな目に遭わせても、『上海の獅子』はここへは来ない」
気丈に振る舞いながら、屈辱に耐える梶谷だが…。
眠らない街で、男たちは真実の愛を求め彷徨う。

正直、この一連のシリーズは前回の『龍の覇道』で終わったものだと思っていた。
今後も続くの?
続けようと思えば続けれるけどさあ〜。


web拍手 by FC2

続きを読む >>
2012.05.29 Tuesday 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「龍の覇道」上下巻 著者:ふゆの仁子 イラスト:奈良千春

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
世界屈指の優良企業、ウェルネスマート。その香港支社に勤める高柳は、香港一号店のオープニングセレモニーで事件に巻き込まれる。
原因は、香港の闇社会を治める『龍』であるテイエン・ライ。テイエンは高柳の身体と引き換えにウェルネスに協力していたが、いつしか高柳の「心」を手に入れたいと思うようになり、闇社会から消えようとしていた。
「高柳と同じ世界で向き合いたい」
そんなテイエンの真摯な決心とは裏腹に、次の『龍』の座を巡って、深い闇が動き出している。その闇は美しい『麗人』に形を変え、高柳に近づき…。

あなたのためなら、僕は死んでもいいと思ったんだ――…。

これでウェルネスマートのシリーズは完結なのかな?
大手スーパーの話がいつの間にか東アジアを巻き込んだ話になっているのだが…。


web拍手 by FC2

続きを読む >>
2010.10.14 Thursday 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「あなたの嘘と恋の真実」著者:ふゆの仁子 イラスト:千川夏味

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
ちょっと割のいいバイトという触れ込みで、待ち合わせ場所に向かった大学生の令。ところが、自分を待っていたのは、触れたら火傷しそうな濃厚な艶と、危険な夜の香りのする男だった。ろくに素性も知らぬまま、男の手管で快楽に溺れてしまった令。そしてその男と「婚約」することになった令の運命は…!?  書き下ろし表題作他、兄の友人と「結婚」することになった青年の戸惑いを描く「その手のぬくもりを」を収録したロマンスノベルv


買う予定はなかったけど、表紙につられて購入。
「結婚」、「婚約」がテーマのためか花婿2人。
口絵は花婿と花嫁だけど。
白と暖色系で幸せそうなイラストだよな。
ああ、そうか6月だしな。
今日、家族でフレンチ食べようと思ったら、レストランウエディングで貸し切りだったしなあ〜。
どこかの出版社が花嫁フェアとか今年もしているのかしら?
覚えがないが。


web拍手 by FC2
続きを読む >>
2010.06.19 Saturday 17:50 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「鳳凰の天翔」著者:ふゆの仁子 イラスト:奈良千春

ふゆの仁子 奈良千春
竹書房
¥ 620
(2009-09-26)

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
『人形のようでいて、人間で。女性のようでいて、男性で。光のようでいて、陰で…』。アジアを始め世界でも有名な美貌の風水師・劉は、建築家・遠藤翔太の将来をたったひと言で大きく変えてしまった。劉の口から出た「ノー」のひと言で、人生を賭けた一大プロジェクトが潰されたのだ。以来。劉を恨むように経験を積んだ遠藤は、必死に伝を探し、劉との再会を果たすが、その時の劉は、ある男に囚われの身になっていた。劉を取り巻く危険な計画に巻き込まれた遠藤は、妖しい色香を纏う風水師とふたり、男の屋敷に監禁され……。

とうとう「先生」編です。
しかし、このシリーズ、時系列がバラバラで分かりにくいと思うのが本音だったり…。
あとがきによるとこれが一番新しい話らしい。
ふゆのさんのなかではいろいろとシリーズ全体の構成があって、時系列バラバラで発表しているのだろうけど、読者としては本当に分かりにくいというか。
っていうか、ティエンの話がやっぱりメインだからなんだろうな〜なんて思ったり。
だから、この間に何があったんだよ!!って思うものね…。
編集の思惑もあるのだろうけどさあ〜。
ところで、今回は(も?)結構重要なネタばれしております。
構わない方だけ続きをお読みになって下さい。


web拍手

続きを読む >>
2009.10.05 Monday 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「獅子の爪牙」著者:ふゆの仁子 イラスト:奈良千春

ラヴァーズ文庫の予告を見たとき思ったことは、レオン編って終わったのではなかったの?と云うものでありました。
あれはあくまでも龍シリーズのスピンオフだと思っていたから…。

ラヴァーズ文庫 獅子の爪牙 (ラヴァーズ文庫 69)
ラヴァーズ文庫 獅子の爪牙 (ラヴァーズ文庫 69)
ふゆの仁子
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
「この爪と牙は、お前を守るため、そして弄ぶためにある…」
世界屈指の優良企業、ウェルネスマート。その法務部である弁護士の梶谷は、上海進出を成し遂げるため、マフィアのレオンと交渉する。その結果、プライドの高い梶谷がレオンに抱かれ、身体に刺青を入れてもらえて、ようやく進出の許可を得た。しかし、その後もレオンとの関係は切れず、次第にレオンを受け入れてゆく自分自身を、梶谷は持て余すようになっていた。そんな時、突然、レオンが姿を消してしまう。梶谷をさんざん翻弄し、深い爪痕を残したまま…。レオンの行方を捜す梶谷にも黒い影が忍び寄り…。

拍手する

続きを読む >>
2009.05.28 Thursday 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「狂犬の愛し方」著者:ふゆの仁子 イラスト:沖銀ジョウ

本日、ボジョレー・ヌーボーの解禁日。
とりあえず、縁起物っていうか季節の風物詩みたいなものなんで買うが、不景気のせいか、例年より試飲コーナーにひとはいなかった…。
朝のニュースで紹介されたときは、今年のフルーティーとかいっていたけど、試飲したものはあんまりそんなこと思わなかったけど〜。
去年の方が飲みやすかったような〜。
ところで、今日はそれに合わせてワイン関係とかゴージャスな話の感想を書きたかったけど、基本的にそういう作品には興味がわかないので全然そういう作品じゃないやつの感想になりました。
ふゆのさんなら、まさにワインバーが舞台なやつがあっただろうが!!って感じだけど、あれって特に感想書く気にはなれなかったんだよね〜。
って、ワイン関係じゃなくてもお金持ちなセレブな攻めが出てくるふゆの作品があるだろうが〜!!
今回の攻めは金は持っているようですが、セレブじゃないな…。
まあ、世間でいう「セレブ」と本来の「セレブ」は別物よね…。

狂犬の愛し方 (ビーボーイノベルズ)
狂犬の愛し方 (ビーボーイノベルズ)
ふゆの 仁子
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
家族のために、まとまった大金が必要になった大学生の慎一は、たどり着いた新宿歌舞伎町の店で、コワモテで腕の立つ色男・久住に出会う。「大金欲しけりゃ、男相手のAVにでも出るんだな」と、男をその気にさせる手管を仕込まれることになってしまった慎一。キス、口淫、胸の感じ方…初めての経験に戸惑いながらも、調教する久住の色気と冷たくて熱い視線に、心と身体は溶かされて…!? 無頼漢×純情青年の危険な情事vオール書き下ろし!

拍手する
続きを読む >>
2008.11.20 Thursday 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「嘘つきな天使」著者:ふゆの仁子 イラスト:奈良千春

てっきり、ふゆのさんの新刊は龍シリーズだろうと思っていたので、タイトルに「龍」の文字がないので、ガックリした…。
でも、イラストが奈良さんだからウェルネスマートに関連しているのだろうなあ〜と思いなおし、あらすじを読んで唖然とした…。
まさか、この人までその道に行ってしまうとは…。
なんだかなあ…。

嘘つきな天使 (ラヴァーズ文庫) (ラヴァーズ文庫 61)
嘘つきな天使 (ラヴァーズ文庫) (ラヴァーズ文庫 61)
著・ふゆの 仁子,画・奈良 千春
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
「どうやって俺をその気にさせるのか、じっくり教えてもらおうか…」。老舗デパート『高砂屋』の御曹司、加納遥は、仕事と恋愛を同時に失い、ヤケ酒の勢いで男とホテルに行くという醜態をさらしてしまった。相手の男は世界屈指の優良企業、『ウェルネスマート』日本支部代表の片岡宗二。経営難に陥っている高砂屋が、提携を希望して失敗した会社の男だった。傾いたデパートを守りたい遥は、ホテルの夜のことを盾に片岡を挑発して提携を迫るが、逆に怒りをかってしまい…。張り巡らされる欲望の罠。

拍手する
続きを読む >>
2008.09.26 Friday 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 2 PAGES | >>