<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「学生服の彼氏」著者:鳩村衣杏 イラスト:金ひかる

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
「男を好きになったのかもしれない――」生徒の詞音(しおん)から、衝撃的な相談を受けた教師の草太(そうた)。
バレー部のエースで、眉目秀麗な詞音が、俺に秘密を打ち明けるなんて、まさかゲイだとバレたのか!? 
内心焦る草太だけど、瞳を輝かせて恋を語る詞音には、十代らしいあどけなさが垣間見える。
惹かれるけど、それはあくまでも教師としてだ…。
ところが、卒業式に詞音の第二ボタンを受け取ったのは草太で――!?

鳩村さんの作品があちこちから出ているなあ〜。
って、これはキャラでなくb-BOYが初出らしいですけどね…。


web拍手 by FC2

続きを読む >>
2015.08.18 Tuesday 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「好き嫌いはイケません。」著者:鳩村衣杏 イラスト:小山田あみ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
恋なんて身勝手から始まるもの

イタリアン期待の星と言われながら、シェフになる予定だったレストランが潰れ、出版社の社員食堂で職を得た番匠。ただでさえジクジク痛むプライドを、初対面の編集・志生野に抉られ険悪な雰囲気になってしまう。しかも番匠の料理に決して手を出さない志生野の印象は最悪。それなのに寮のラウンジに行けば先客として志生野が…、ストレス解消にとジョギングすれば後ろから志生野が…。結果、なぜだか毎朝二人でウォーキングする羽目になって──!?  恋の火花がバチバチラブ

ほぼ同時期に鳩村さんの新刊がでた。
2冊同時に感想をあげようかな?と思っていたが、どうも、もう1冊が上手く消化できないので、とりあえず1冊だけ。
両方とも「攻め×攻め?」っていう共通点はあったのだけどさあ…。


web拍手 by FC2

続きを読む >>
2015.06.21 Sunday 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「辞めるまでにしたい10のこと」著者:鳩村衣杏 イラスト:みろくことこ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
小っちゃくて可愛い容姿を武器に笑顔で世間を渡ってきた編集者の純人。
だが初対面の新社長・難波に「可愛くない。腹黒さが滲みでてる」と素を見抜かれ、内心ギギギ。しかも担当書籍を「つまらない」と一刀両断される。
こんな失礼な男の下で働けるか! と退職を即決──のはずが、なぜか難波をモデルに本を出すことに。
これをベストセラーにして、辞表を叩きつけてやる…密かに誓う純人だが、ぶつかるたびに長年かぶり続けた猫が脱げ、難波の有能ぶりにドキドキしてきて──!?

鳩村さんの新刊。
クロスは初めてですね。
なんか、シャレードの作家さんのイメージが強いのだけどねえ〜。



web拍手 by FC2

続きを読む >>
2015.04.15 Wednesday 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「ヘンゼルと魔王の家」著者:鳩村衣杏 イラスト:海老原由里

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
業界では「魔王」と呼ばれトラブルを繰り返す男・興津真法の物件の担当となった、不動産会社営業の辺善千秋。
初めて対面した興津は魔王の名に違わぬ傲岸不遜さで、一筋縄ではいかない態度と販売条件に一度は契約を断るが、売り物件の古い一軒家に対する興津の深い思い入れを知り、根は情の篤い千秋は販売を請け負うことに。
だが、ある日話の流れから興津宅で酒風呂に入りうっかり酔った千秋は、そのまま興津と関係を持ってしまい…。

ショコラ文庫での鳩村さんの作品は童話とかをモチーフにするよう編集さんから注文されているらしい。
今回は『ヘンゼルとグレーテル』
あの作品に出てくるのは魔女だけどね。



web拍手 by FC2

続きを読む >>
2014.12.22 Monday 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「眠れる森の弟」著者:鳩村衣杏 イラスト:みずかねりょう

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
母親に頼まれ弟・圭一郎の住む大学寮を訪れた郡善海。
3年ぶりに顔を合わせた弟は、すっかりむさ苦しくなっていた。
11年前に両親の再婚で弟となった圭一郎には、どうやらあまり好かれていないようで、久しぶりの再会なのに態度は無愛想でそっけない。
まるで熊か野獣かといった圭一郎の 風体を身綺麗にさせることに成功した善海は、この再会を機にもう少し兄弟としての付き合いを深めたいと思い同居を持ちかけるが、圭一郎は頑なに拒み…。

鳩村さん、最近あちらこちらで書いてますね。
また、実験的なのか作風が毎回違うといいますか〜。
好みが分かれる場合もありますけどね…。


web拍手 by FC2
続きを読む >>
2014.05.25 Sunday 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「八木沼酒店にロマンスは売っているか?」著者:鳩村衣杏 イラスト:伊東七つ生

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
悪いと思ってるなら、可愛い声でイきな
八木沼酒店の二階は女性限定物件。その理由は店主がゲイだから!? 店子になった敦哉の新生活は…

会社を早期退職し、八木沼酒店の二階で新生活をスタートさせた敦哉。家主の八木沼はゲイで、生真面目な眼鏡のサラリーマンがタイプと聞き警戒を強めたものの、商店街のイベントや店舗の手伝いに関わっていくうち、彼の役に立ちたいという気持ちが生まれてくるように。先に求めたモンの勝ち、だろ――教えられた言葉に初めて、苦手な酒を知り恋を求めたいと思うが、事故のような口づけの後、八木沼は敦哉をあるべき場所に帰らせようとしているようで……。間借りから始まるほろ酔いラブ?

鳩村さんの作品ではよく食べ物や飲み物がキーワードになっていたりしますね。
今回は日本酒です。


web拍手 by FC2

続きを読む >>
2014.05.19 Monday 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「いまさら愛など語れない」著者:鳩村衣杏 イラスト:高城たくみ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
とあるテーマパークにひっそりと存在する青色のクマ――『青井さん』。
人生相談を受け付けており、的確で辛辣な答えをくれるとの噂である。
中の人はベンチャー企業を経営する羽根田迅・32歳。
誰もが羨む経歴・容姿を持つ彼が、きまぐれでその着ぐるみを着るようになって一年。
ある日、なんと共同経営者で親友の熊谷が現れた。
あろうことか彼は「同僚を好きになった」と告げ、それはどう考えても迅のことで……。
困惑と動揺を抱えながらも、その不思議な恋の相談は繰り返され――!?


作品と関係ない話…。
今年も残りわずかになりました…。
昨日の記事に書いた通り同僚がインフルエンザにかかったり、インフルエンザではないけれど、隣の席の社員が風邪ひいたり…。
また、その風邪ひいた社員が、年末で忙しいために無理して出社しているのよねえ〜。
だから、ちょっとてんやわんや周りがしております。
ただ、昨日も述べた通り、私の職種は専門職でねえ…。休んだひとたちのフォローはしようと思ってもできないのよね…(せいぜい、電話にでるくらい?)
こういうことあると、余計に年末イベントって社会人としてどうよ?って思う日程よねえ…。
晴海時代みたいにクリスマスのほうがいいよ…。
それはそれで世間では寂しいやつって思われるのかもしれないけれど、自分的には全然問題ないしさあ〜。
世間の意見は知らないが…。


web拍手 by FC2

続きを読む >>
2013.12.26 Thursday 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「王様と二人の料理人の話」著者:鳩村衣杏 イラスト:エンゾウ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
愛したい<信頼されたい<友になりたい。
愛と友情に揺れる男たちのlove story。

情報屋でもあり探偵をしている神足は没落寸前の男爵・匂坂志重から、保管していた『王様と二人の料理人の話』という童話集の「直筆原稿を捜してほしい」と依頼を受ける。小説は匂坂の亡き祖父のために特別に書かれた、あくまでも私的なものだった。それがなぜ、盗まれた本にされたのか。原稿の行方を追ううちに、神足は聡明で勇気のある匂坂に惹かれてゆく……。

もっと早くに感想を書こうと思ったが、なんか自分の中で昇華できなくてのびのびになりました。
って、今も昇華できていないけどね…。


web拍手 by FC2

続きを読む >>
2013.12.08 Sunday 20:42 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「会社は踊る」著者:鳩村衣杏 イラスト:小椋ムク

JUGEMテーマ:読書


シンデレラの舞踏会みたいに、理想の恋も人生の喜びも、すべてが揃った舞台の名前は“会社”――!?  
ワーカホリックに陥り、体調を崩してしまった生真面目編集者・直が転職したのは、エンタメ系の出版社。
転職早々社内イベントの運営委員長に選ばれて、破天荒なプロモーション担当者・渡会や、ノリのいい同僚たちに巻き込まれるように、仕事に、イベント準備に、はたまた恋に、走る・悩む・踊る!? 
エンタメの名手・鳩村衣杏先生が軽快なステップで紡ぐ、ネオ・シンデレラたちに贈るストーリー!!


新しいレーベルです。
どうやWeb公開作品→書き下ろしを追加して文庫の流れのようです。
Webのラインナップみたら、好きな作家さん2人が作品を公開していたので、今後が楽しみです。


web拍手 by FC2


続きを読む >>
2013.11.16 Saturday 20:28 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「ドアをロックするのは君」著者:鳩村衣杏 イラスト:佐々木久美子

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
信じないとは言っていません。それと現実は別です。
同棲開始から一年。穏やかで満ち足りた生活を送る二人の前に突如、甲田の子供を名乗る宗宏が現れる。真偽不明のまま宗宏を預かるものの、頼久の困惑は深く――

「私は、先生のすべてがほしいんです。他の誰かを見ないでほしいんです」甲田尚臣が聡明で清楚、男性ながら『妻の鑑』とまで評される最首頼久と同棲生活を始めて一年。思春期のような初々しい恋心と成熟した愛の交歓に満ち足りていた二人に突然、甲田の元愛人・由梨子が子供を預かってほしいと依頼してくる。しかもその子ども・宗宏は甲田との子だという。混乱と悲しみの中、それでもかつての自分のようにふるまおうとする頼久だが……。
『ドアをノックするのは誰?』続編!

鳩村さんの新刊。
今月もう一冊出ている。
さっき読んだ。
なんか、最近刊行ペースが早いねえ〜。
っていうか、同じ月に2冊出ることがおおくない?
読んではいるけど、あんまり感想書いてないのよね〜。


web拍手 by FC2

続きを読む >>
2012.08.28 Tuesday 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 3 PAGES | >>