<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

「太陽は夜に惑う」著者:真瀬もと イラスト:稲荷家房之介

これって、発売が延期になっていた作品ですよね?
私の記憶ではイラストは笹生コーイチさんの予定だったような気がしたのですが?
そのため、私は『熱情の契約』のスピンオフ作品なのだろうと勝手に思っていました…。
私の勘違い?それともイラスト変更?それとも、その予告の作品とは別の作品ってこと?
それとも、かつてあったと思われる予告自体が私の夢だったのでしょうか?

太陽は夜に惑う (新書館ディアプラス文庫)
太陽は夜に惑う (新書館ディアプラス文庫)
真瀬 もと
JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
紅砂の国ザハナを訪れた朔人。エキゾチックな街並みで、映画から抜け出した"シーク"のような男アーキルと出会った。彼に連れられて行ったのは、喪われた砂漠の都スツ。その廃墟のなかで、朔人はアーキルに情熱的に抱かれる。ところが初めての恋を自覚した途端、アーキルがザハナの王族であること、そして十年前に朔人の兄を死に追いやった仇であるかもしれないことを知り……。オール書き下ろしラブinアラブ!!

拍手する
続きを読む >>
2009.05.16 Saturday 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「熱情の契約」著者:真瀬もと イラスト:笹生コーイチ

初めて読む作家さんです。
すみません…。今回、感想よりも妙な蘊蓄というかこだわりに対する語りが長いです…。

熱情の契約
熱情の契約
真瀬 もと

【あらすじ】
総てを彼の王に奪われた。純潔も、子供らしい夢も、家族と過ごす少年期も、密やかな恋心さえも――。そして月日は流れ、今や氷の鎧を傷ついた心にまとい、退廃の日々を送るクリス。一方、クリスの許を去った後、貧しい労働者階級から英国有数の事業主までへと成り上がったロドニー。その二人が十年ぶりにロンドンで再会を果たした。そこで彼らはある取り引きをすることとなり……。愛と憎しみのアンビバレンツ!!

続きを読む >>
2007.04.12 Thursday 21:11 | comments(2) | trackbacks(1) | 
 | 1 / 1 PAGES |