<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

「ねても さめても」著者:せのおあき

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
モテ大学生の尚良には、最近のお気に入りのおもちゃがある。
それは、一度寝付くとめったなことでは起きない寝ること大好きな研究助手の三崎だ。
研究室で仮眠中の三崎は、尚良が与える愛撫やディープキスにとびきり素直に応えてくれる。
その普段のクールさとはかけ離れた無防備な様子にハマっていく尚良。
そんなある日、いつものように悪戯していると突然──! ?

せのおさんの新刊。
約1年半ぶり。
このかた、私が知る限りネット関係されていないし、作品が掲載しているのは、私が雑誌を読まない「アクア」(読まないというよりも立ち読みできる本屋に置いてないし、かといって購入するほどたくさん好きな作家さんはいないし〜)
本当に忘れた頃に出るというか…。
同人誌もJ庭とコミケしか参加されてないしねえ…。


web拍手 by FC2

続きを読む >>
2014.06.21 Saturday 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「裏の祠の狐憑き」著者:せのおあき

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
「美しすぎて、なんや目も眩む気ぃするわ」
「先生? 小汚い子狐ですよ?」 
引きこもりの漫画家に、アシスタントが世話を頼んだのは子狐。
けれど、漫画家には儚げな絶世の美少年に見えるらしい。それは『恋』のしわざかも…v 
誑かされたのは人間? それとも神のお使い狐? 
平凡な日常に散りばめられた摩訶不思議事。

せのおあさんの新刊〜♪
やっと、5冊目…。
いや、出ただけでもありがたい…。


web拍手 by FC2

続きを読む >>
2012.11.17 Saturday 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「夜中に台所で」著者:せのおあき

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
母親に呼び出されて薫が数年ぶりに実家に帰ると、外国に行くことになったから叔父の面倒をみてほしいと頼まれる。叔父の圭は母親の年の離れた弟で、薫は小さな頃から圭のことが好きで好きでたまらなかった。けれども、その想いが恋だと自覚してからはできるだけ距離を置いていたのに…。自分のマンションでの同居をOKしたものの、複雑な想いは燻り続けて───!? 甘さと切なさが絡み合う、センシティブ・ストーリー。

せのおあきさんの待望の新刊!!
前回がでたのって、2007年4月…。
2年以上出ていなかったのか…。
またさあ、私、ほとんど『コミックアクア』読んでないからさあ〜。
単に、立ち読みできるいきつけ本屋が置いてないからなんだけど…。
この2年の間、同人誌の方は読んでいましたが、本当に待ちに待ったせのおさんの新刊です。


拍手する
続きを読む >>
2009.07.13 Monday 22:02 | comments(4) | trackbacks(1) | 

「空から降るもの」著者:せのおあき

せのおあきさんの新刊です。
前回が2005年の12月に出たのかな?
そうそう、その年の冬コミにせのおさんのスペに行ったら、コミックにサインしてもらっている人が居たので、しまった!!自分も持って来るんだった〜と思ったのだった。

空から降るもの
空から降るもの
せのお あき

【あらすじ】
たとえばオレがヘコんでいる時。自分では隠してるつもりなのに、クラスメイトの雲居には、なぜかバレてしまう。そうして、なにげにフォローされるとけっこう嬉しかったりするのだ。ある日、雲居が描いたという一枚のデッサンを見つけたオレはビックリ!それはどう見てもオレの兄ちゃんだったからだ。でも雲居が兄ちゃんを知ってるワケない。だって兄ちゃんは…。『空から降るもの』ほか、センシティブな少年たちの想いを描く読み切り7編を収録。


拍手する
続きを読む >>
2007.04.14 Saturday 18:31 | comments(2) | trackbacks(1) | 
 | 1 / 1 PAGES |