<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

「薔薇十字叢書 天邪鬼の輩」著者:愁堂れな イラスト:遠田志帆

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

【あらすじ】
一高に入学するも、勉強についていけず、人見知り故友人もできず、鬱々と過ごす関口に声を掛ける者がいた。
「鬱というのは伝染するんだ。悪い芽は早い内に積んでおくに限る」という理屈で中禅寺は関口を朝食に誘い、共に過ごすようになる。
さらに榎木津という上級生の知己を得た関口だが、軟派な彼は女学生を妊娠させた疑いで謹慎処分に。
その真相を探るべく動き出した関口と中禅寺だが、肝心の女学生は行方不明になっており──?

本当は発売時に購入するつもりだったのだけど、いろいろとあり遅れて購入。
いろいろこの企画の作品が出ていますね。
他の作品は読んでおりませんが、この作品は世界観を保っているのではないかなあ〜。
他の作品はどうなんでしょう?


web拍手 by FC2

続きを読む >>
2015.12.18 Friday 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「法医学者と刑事の本音」著者:愁堂れな イラスト:高階佑

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
法医学者・冬城(ふゆき)の目下の悩みは、警視庁捜査一課の刑事・江夏(えなつ)の告白。無精髭の冴えない外見に反して仕事熱心な男――惹かれているのに素直になれず、「付き合え」という言葉もなかったフリで逢瀬を続けている。ところがある日、自宅付近で身元不明の他殺体が発見!! 現場で久々に会った江夏は、なぜか冬城と目も合わせようとしない。俺に惚れてたのは嘘だったのか…? 動揺する冬城だが!?


法医学者と刑事のシリーズの第2弾。
1冊目を読んだのが前の月だったので、まだ記憶が新しい。
愁堂さんって多作だからさ〜。
全部読んでいるわけではないけれど。



web拍手 by FC2
続きを読む >>
2010.09.06 Monday 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「法医学者と刑事の相性」著者:愁堂れな イラスト:高階佑

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
「今こそお前の罪を償うときだ」──法医学者・冬城(ふゆき)の元へ届いた一通の告発状。その捜査に訪れたのは、よれたスーツに無精髭の刑事、江夏(えなつ)。自分の腕に絶対の自信を持つ冬城は、「俺がミスするはずがない」と怜悧な美貌で一蹴。非協力的で高飛車な態度に、呆れる江夏と一触即発状態に! そんな時、不審な自殺体が発見されて…!? 相性最悪な法医学者と刑事が、遺体に秘められた謎を追う!! 
 

前からちょっと気になっていた作品。
来月続編が出るらしいということもありまして、読んでみる。


web拍手 by FC2

続きを読む >>
2010.07.24 Saturday 00:11 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「王子とダイヤモンド」著者:愁堂れな イラスト:山田ユギ

JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
──私の前に跪くのだ 最も屈辱的に抱いてやる
──アラブの王族が有する世にも有名なダイヤモンドのネックレス。今回、百貨店で広報課長を務める進藤が任されたのは、社運をかけたそのダイヤの展示会。絶対に成功させたい進藤は、視察のため来日する美貌の王子がゲイらしいと聞き、接待係として美形社員ばかりを揃えることに。もちろん、その任務には夜のお相手をすることも含まれていたのだが、なんと王子が指名したのは三十路すぎの進藤で!? しかも、万全の警備の中、ダイヤが盗まれてしまい……。

滅多にっていうか、ほとんどアラブものを読まないのに、今月に入って2冊目のアラブもの…。
でも、正統派のアラブものではないよなあ〜。
単に攻めがアラブの王子だということだけのような〜。


web拍手
続きを読む >>
2009.12.13 Sunday 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「新宿退屈男 愛欲の交叉」著者:愁堂れな イラスト:奈良千春

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
「信じてる。生きて、俺たちが迎えに来るのをずっと待ってるって…」。主人公・竜野友紀は、天職だと思っていた刑事を辞め、新宿の便利屋・早乙女の事務所で働いている。潜入捜査中にマフィアによって香港へ拉致されてしまった兄を救うため、協力してもいいという早乙女に、交換条件で身体まで差し出しているのだ。巨大な闇社会から兄を救出するチャンスを窺って、香港へ乗り込む友紀と早乙女だが…!!マフィアのボスに愛玩具として囚われている兄と、健気に兄を想う弟は無事再会できるのか。早乙女事務所VS香港マフィア!ついに決着か!?


ラヴァーズ文庫の割には肌色率がかなり低い表紙。
さらに、口絵も普通(男同士で抱きついているなんて、服さえ着ていれば些細なことです。)
いつもと違う本屋でもレジに持っていきやすかったですよ。


web拍手
続きを読む >>
2009.12.08 Tuesday 19:55 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「北の情炎」著者:愁堂れな イラスト:山田ユギ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
俺はお前がいればいい。お前さえいればいいんだ。
伝説のマグロ漁師・秋山と蜜月を過ごす新米漁師のエン。
だが、ついにヤクザの井上がエンを連れ戻しに大間を訪れて……。

伝説のマグロ漁師・秋山に師事し、私生活では彼の恋人として蜜月を過ごす新米漁師のエン。情熱的なセックスで抱かれる悦びを教えられ、溢れんばかりの愛情を注いでくれる秋山に、エンはこの上ない幸せを感じていた。しかしそんなエンの前に、かつて薬で縛り愛人生活を強いたヤクザの井上が現れる。いまだ強い執着を見せる井上から愛する秋山を守るため、エンは秋山のもとを去る決意を固めるのだが……。恋とマグロの大波乱、オール書き下ろしで再登場!!


シャレードはマグロ漁師に一方ならぬ愛情を持っているようです。
ありがたいことであります。

確かに、続編が出そうな展開でした。
いろいろと問題が残っていたからね。
でも、なんとなく続きが出るとは思っていなかった…。
いや、私の前回の感想の歯切れの悪さを読めば分かると思うけれど…。
でも、有名BL評論サイトで絶賛されているのレビューもあったのは知っているのよね。
ようは、そのシチュエーションにただならぬ思いを抱いているかいないかっていうことだったり。
まあ、思い入れが強かったら評価も厳しいものになるよな〜。


web拍手
続きを読む >>
2009.10.08 Thursday 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) | 

「新宿退屈男~快楽の祭典~ 」著者:愁堂れな イラスト:奈良千春

『新宿退屈男』の2巻目です。
相変わらず、派手なカバーイラストだ…。
しかし、タイトルロゴで美人さんの顔が隠れていて残念でございます…。

新宿退屈男~快楽の祭典~ [ラヴァーズ文庫] (ラヴァーズ文庫 55)
新宿退屈男~快楽の祭典~ [ラヴァーズ文庫] (ラヴァーズ文庫 55)
著・愁堂 れな,画・奈良 千春
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
『必ず救い出すから、待っていてくれ…」元刑事の竜野友紀は、潜入捜査中に姿を消した兄を捜すため、新宿の便利屋、早乙女のもとで働いている。刑事時代、兄の捜査協力と引き換えに、早乙女に身体を要求されてから、そのまま肉体関係は続いているが、いまだ兄の確実な情報はつかめていなかった。そんな時、友紀はテレビで見たマフィアのボスに連れられた兄らしき人物を発見する。すぐに北京へと向かう友紀と早乙女だが…。便利屋の早乙女事務所VS大陸マフィア!国境を越えたラブバトルが始まる!

拍手する
続きを読む >>
2008.05.24 Saturday 13:48 | comments(2) | trackbacks(1) | 

「新宿退屈男~欲望の法則」著者:愁堂れな イラスト:奈良千春

まあ、例の如く奈良絵に釣られたわけですが、タイトルが気になったのも事実。
『旗本退屈男』からとったのだろうが、このタイトルに惹かれもしつつ、退いたりもしつつ〜。

新宿退屈男~欲望の法則 (ラヴァーズ文庫 51)
新宿退屈男~欲望の法則 (ラヴァーズ文庫 51)
作・愁堂 れな;画・奈良 千春
JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
眠らない街の闇に紛れて、大好きだった人はいなくなった…。新宿東署に勤務する刑事、竜野友紀は、事件の犯人を逃がしたという、“便利屋”の事務所を訪れていた。「逃がした覚えはあるが、その後知らない」。便利屋の答えに、友紀は激しいショックを隠しきれなかった。友紀にはどうしても犯人を捜し出したい別の理由があったのだ。そんな友紀に、緋襦袢を羽織った奇妙な便利屋、早乙女は、犯人捜しの協力を申し出てくる。しかし、「報酬は刑事さんの『肉体奉仕』…」。妖しい条件を突きつけられたが、どうしても諦めきれない友紀は屈辱に耐えて……。

拍手する
続きを読む >>
2008.01.26 Saturday 15:36 | comments(0) | trackbacks(1) | 

「北の漁場」著者:愁堂れな イラスト:山田ユギ

全国に多分探せば100人はいると思われる『マグロ漁船BL』を愛する皆さま、こんばんは♪
ついに巷でというか、一部で話題だった愁堂れなさんの『マグロ漁船BL』であるこの作品が発売となりました。
シャレードマグロ漁船祭りです。
いや、祭りといったって、あと雑誌で中原さんの読み切りが載るくらいなのですが〜。

北の漁場 (二見シャレード文庫 し 3-3)
北の漁場 (二見シャレード文庫 し 3-3)
愁堂 れな


【あらすじ】
マグロ漁初心者のエンは漁で苦戦中、伝説の漁師・秋山に助けられる。だがその夜、酔ったエンはカン違いから秋山に抱かれてしまい―

拍手する
続きを読む >>
2007.07.29 Sunday 00:53 | comments(4) | trackbacks(2) | 

「境界 ボーダー」著者:愁堂れな イラスト:奈良千春

今月で2冊目の愁堂さんの御本です。
新刊が出たら必ず買うという作家さんではないのですが、あらすじと奈良絵に惹かれて〜。
そして、やはりマグロに敬意をこめてということでしょうか?
(注)この作品はマグロ漁船ものではございません(笑)

境界ボーダー
境界ボーダー
愁堂 れな


【あらすじ】
ずっと隣にあった情欲の焔――
捜査一課の美形ペア、単独行動が多く問題児の松本と優秀な渡辺。松本の首は、十年来の親友でもある渡辺のフォローのおかげで繋がっている。が、松本が殺人事件の容疑者から話を聞き出すため、一緒に酒を飲んだあげくホテルで目覚めたことを知った渡辺の態度が豹変する。「お前が他の男に抱かれるのを黙って見ているわけにはいかない」そう松本を宿直室のベッドに押さえつける親友の目には、初めて見る光――情欲の焔がともっていた…。

拍手する
続きを読む >>
2007.04.29 Sunday 15:18 | comments(4) | trackbacks(2) | 
 | 1 / 2 PAGES | >>