<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「世界で一番大切な人」著者:あすま理彩 イラスト:桜城やや

製薬会社勤務という言葉に戸惑いを感じながらも、ややさんのカバーイラストに釣られて購入。
特に熊のぬいぐるみがさあ…。

世界で一番大切な人 (ビーボーイノベルズ)
世界で一番大切な人 (ビーボーイノベルズ)
あすま 理彩

JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
製薬会社で働く亮平は、アメリカで研究者になった幼馴染みの直樹から契約を取るため、数年ぶりに再会する。亮平の子分だったダサい眼鏡男の直樹相手なんて楽勝!…のハズが、直樹は180オーバーの長身に甘いマスクと別人のような色男に変貌していた! しかも契約を盾に亮平の家に居座りワガママ放題! さらに亮平大好きvな直樹は、恐ろしいほどの独占欲と傲慢な貌で亮平を押し倒してきてっ!? 鬼畜でヘタレな攻の愛満載vオール書き下ろし!!

拍手する

げっ、MRかよ…。

読んで早々に思ったことであります。
てっきり製薬会社でも、契約がどうとか書いているから開発とかの人間かと思っていたら営業でした。自分の周りにうろうろいます。

さて、身近な職業となると、読んでいていろいろとツッコミたくなることがあったりします。場合によっては怒り狂うこともあったり…。
この作品に対しても、まあ仕事関係、またそれ以外の点でもツッコミたくなる点が次から次へと湧いてきます。
あまりにもトンチンカンというか、もしそんな製薬会社があったらどうよ?って感じで、怒るどころか逆に笑ってしまうというか…。
もはや、ファンタジー以外のなにものでもありませんよ。
いくら幼なじみだからってね…。
社運を賭けた契約を入社7年目のMRに任せるか?
また、いくら自分の子分的存在だからってさあ、亮平も都合がいいようにしか考えないというか…。
社運を賭けたものなら課長の説明だけでなく、それなりの人間からも何か云われるだろう…。普通は顔つなぎの役目を果たして、専門の人間にバトンタッチだろう。
私は、かつて子分としてこき使っていた幼なじみだが、今は立派になった攻めと、人生一番ピークだったのは子ども時代の受けで、立場が逆転。本当は会いたくないし、頭なんか下げたくないけど、仕事でいやいや再会…。とかいう話だろうとあらすじ読んで勝手に思っていたよ。最初、上司に怒鳴られているのは後輩でなく、受けかと思ったよ。それくらい、今はパッとしなくてもよかったのでは?キャラが中途半端?
会社で居場所がないから、余計に躍起になって攻めに取り入ろうとしたとか…。
だいたい、どういう研究かしらんが、すごい発見だとしてもそれが製品になるかどうかはまた別の話。
非臨床、臨床試験とかこれから始めて、製品になるのは10年後?
うまくいくといいね〜(遠い目…)
開発中止なんてよくある話さ(苦笑)
製品化されれば300億?
うちの会社のMRも誰かこんな幼なじみ持っていないかね?
そうしたら、うちの会社も安泰だ(笑)

と、そんなことを思いながら読んでましたよ。
夢物語だわ。

そのトンチンカンな設定のほうばかり目に付いたが、この作品って、幼なじみ下剋上ものなんだよね。
みそっかすだった幼なじみが、上等の男になって再会!!
もっと、受けの亮平は直樹の変化っぷりに戸惑っていいはずなのに、彼の中ではみそっかすのままだったり。
これって、3年ぶりに再会っていう中途半端さがいけないような〜。
それこそ、10年以上ぶりとかだったら、直樹の変貌ぶりに戸惑いを感じたのだろうけど。
まあ、この話の面白さは、世界的有名人になった相手なのに、それに気が付かず、なおかつ自分が助けてやらなければ!と思い込んでいる受けの勘違いぶりだからね。
直樹が結局はヘタレなのも問題なんだけどね。

しかしだなあ、画期的な発見をそういう理由で契約していいのか?
っていうか、アメリカの大学でどこの会社とも契約しないで研究しているようなところあるのか?
私の知らない世界ではあるのだろう。
でも、そんな理由で…。業界が業界なだけにツッコミます…。
今回の主人公2人にはセクスィ〜部長こと色香恋次郎氏(サラリーマンNEO)の下記のお言葉を捧げたいと思います。

「ビジネスと色恋は一緒になさらぬよう!」
2009.05.20 Wednesday 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「うちの巫女が言うことには」著者:神奈木智 イラスト:穂波ゆきね | main | 「しゃにむにGO」31巻32巻 著者:羅川真里茂 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:35 | - | - |