<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「逆視眼」1巻 著者:石原理

この前、石原さんの新刊が出たと思っていたら、また出た♪
一時期は、いろいろあったようであまりお仕事されてなかったようですが、(まあ、そのころ私はBL読みでなかったから、その悲しみに暮れることはなかったのですが)今は精力的にお仕事されてますよね♪
今、4つシリーズ抱えているのかな?(『犬の王』、『テッペンカケタカ』、『ひまわり』、そしてこの『逆視眼』)
嬉しいけど、無理のないペースでやっていただきたいです。途中でフェードアウトよりはゆっくりなペースでも続いてくれる方がありがたい。

逆視眼 1 (Dariaコミックス)
石原 理
JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
所轄から本庁出向を命じられた刑事の青山は、その日、橋の手摺に立つ美しい男に遭遇する。目の前で川に落ちた男を救助した青山だったが、じつは彼は青山とともに重要指定事件の捜査に関わることになる新人の心理分析官、御樒だった――!? しかも御樒には、ある秘密があるようで…。ダリアで大人気の刑事×心理分析官シリーズがついに登場! 描き下ろし付き♥

拍手する

1巻と表記されているから、お判りでしょうが続いています。
そして、今の段階ではどこまで続くのか私には判断ができません。
多分、2巻では終わらないと思うのだよね〜。
だって、主人公2人でさえ、己の手の内を全部晒していないというか…。
その他に意味深な台詞を放つ男が…。
しかも複数。
下手すりゃ、主役を喰ってしまうのではない?と思わせる男どもが1人どころか複数。
いやあ、今後どうなるの?
まったく予想ができない。
というか、一体、物語のどこらへんに位置しているのか分からない。
序章も序章なんじゃないのか?って疑いたくなるほど、謎の人物だらけ〜。
ゆっくりでもいいからちゃんと完結してくれればいいよ…。なんて大人の発言をしてみましたが、ココロのなかでは休載とかしないで下さいね!!っていうのが本音です。
今のところ、BLというよりはミステリー色が強いよなあ。
それはそれで楽しみですが、本当に今の段階では謎だらけというか、面白いのか面白くないのか判断もできないのが事実です。
とりあえず、石原作品らしく、雄のフェロモンをムンムンと放つキャラクターだらけです。
フェロモンだけで窒息しそうです。
とにかく、今云えることは今後の展開に期待したいということだけです。
2009.05.25 Monday 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 70ポイントも集めて…(追記あり) | main | 2か月も待てません…。 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:12 | - | - |