<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「イゾルデの壺〈ドロシーの指輪2〉」著者:谷崎泉 イラスト:陸裕千景子

まだ、雑誌の方を読んでいないのですが、『しあわせにできる』終わりましたね〜。
まあ、次号に番外編が載るようですが、今後はこの作品が『シャレード』に掲載されるのでしょうかね〜?
ところで、同人誌の方のあとがきかなんかに書いていたラステロシリーズの商業誌編はどうなっているんだ?きっと、『シャレード』からではないと思うが…

イゾルデの壺〈ドロシーの指輪2〉
イゾルデの壺〈ドロシーの指輪2〉
谷崎 泉

【あらすじ】
つれない三本木を懐柔しようといじましいアプローチを続ける緒方。その緒方の祖父・梯を頼って女優・楓
京子が持ち込んだ、中の水を口にしたとたんに恋に 落ちるという伝説を持つ媚薬の壺の存在が、またしても二人を騒動に巻き込む――。古美術の裏世界に深く関わる北白川に連れ出された緒方は、厄介を匂わせるとある“お使い”を引き受ける羽目になり、陶芸家・轟のもとへ。ドロシーの一件で借りのある桂丸も、何やら怪しい動きを見せていて…。
一方『尾形』に は第三の幼馴染み・雨森弦が来訪。初対面の三本木を当然のごとく食事に誘う、天然王子の用向きとは? 亡き祖父と仲間たちの後始末、欲深たちの攻防をコミカルに描くシリーズ第二弾!

拍手する

前作の『ドロシーの指輪』に今作の導入が載っているのですが、『ドロシー〜』を読んだ時、なんで、こんなところで続いているのか?と困惑しておりました。
まあ、本当に物語の導入で、滅茶苦茶気になる!キー!!と怒り狂うほどではなかったのですが。なんで、このような形で掲載したのかは謎です?う〜ん、ページ数の関係!?

まあ、とにかく、今回読むに当たって、特に前作を読み直さなかったのですが(読み終わった後『ドロシー〜』読み直しましたが…)、攻の緒方が受の三本木を【つれない恋人】と称していたことに“えっ、こいつら恋人になっていたっけ?”と困惑しました。
でも、三本木のほうはよく分からないけど、恋人でないと思っているんだよね〜。哀れ…、緒方…。
ちなみに『ドロシー〜』から読み直したが、私から見ても恋人とはまだ云えないと思う(笑)
まあ、時間の問題か?
そういやあ、初めてのシーンがまだ書かれていないが、この人たちも強姦から始まっているのだろ?またですか?と思ってしまったのは仕方ないですよね…。別にそういうパターンばかりでないのだろうけど、長く続いた話がそのパターンばかりだからさ〜(とかいいながら、私『君好き』読んでないです。いつか読もうとは思っているのですが、いかんせん長いから…)
まあ、正直、この2人が恋人関係なのか、それ未満なのかは、あまり関係ないと云うか〜。
物語の軸がそう云うのではないのですよね。
『ドロシー〜』『イゾルデ〜』ともに贋作ミステリーって、いった方がいいのでは?
まあ、ミステリーと云うほどトリック云々があるわけではないのですが〜。
緒方自体、フランス時代に贋作師みたいなことしていたような感じですし…。
まだまだ続く作品だと思います。
緒方と三本木の出会いを書いていないし、今回登場(まあ、前回のラストに登場はしているが)の弦さんの事件とかあるみたいだし…。
しかし、あいかわらず、個性豊かな脇役がでてくるなあ〜。
ところで、今回思ったこと、“なに?緒方の昔好きだった相手って彼女と称するってことは女性だったの?”
てっきり、男性と思っていました。
まあ、そちらの方も追々明かになっているのでしょう。
2006.12.03 Sunday 21:17 | comments(2) | trackbacks(1) | 
<< 「俺は悪くない【文庫版】」著者:山田ユギ | main | 「ムカつく奴」著者:篠原栄 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:17 | - | - | 
tatsuki (2006/12/04 8:56 PM)
こんばんは、はーこさん。
またまたコメント失礼しますね。

>“えっ、こいつら恋人になっていたっけ?”

彼らは誰がどう見ても、波長が合った時に身体を重ねるセフレにしか見えませんよね(笑)。
私は二人の恋愛事情は実は割とどうでもよく、
お話の肝になっているミステリー要素がとても気に入っております。
あとは濃い脇役陣営。
谷崎さんの作品に登場する脇役は、本当に個性的で魅力的だと思います。
ちょっと漫画ぽいんですけど、私は大好きです。
私も感想書いてみたので、後ほどTB送らせて下さい。
コメントは残しませんが、『過剰恋愛〜』の方も送らせて下さい。
それではまた。
はーこ (2006/12/06 11:38 PM)
tatsukiさん、こんばんは♪
本当に、谷崎さんの作品は脇役が個性豊かといいますか〜。
先日、とうとう『君が好きなのさ』を読み出したのですが、こちらも個性豊かな人たちが巻をおうごと出てくるというか〜。
確かに漫画っぽいかもですね。

TBありがとうございました♪









イゾルデの壺
先日、勢い込んで3冊も購入してしまったシャレード文庫新刊のウチの1冊です。 前作の『ドロシーの指輪』からほぼ1年、続きが待ち遠しくて仕方なかった作品でした。 贋作ミステリーの仕掛けが巧妙で、大変満足指数の高い面白
| la aqua vita | 2006/12/04 8:58 PM |