<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「花の残像」著者:夜光花 イラスト:高橋悠


JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
「俺は君を攫ったことを後悔していない。…君は?」生まれつき特異体質である巴は、離れ小島の研究所で、隔離されて育ってきた。身体を調べられ、毎日怯えながら生活しているのだ。しかしある日、その研究所が破壊され、侵入してきた男、須王と出会う。優雅で柔らかな物腰でいて、荒々しい獣のように周りを攻撃する須王に、巴は有無を言わさず連れ去られてしまう。巴が魅了されるほど甘く、それでいて危険な香りのする須王の目的とは…?貴重な「餌」を巡り、獣達のゲームがはじまる。

拍手する


『凍る月』シリーズのスピンオフです。
本編シリーズの主人公たちと敵対している組織のリーダーである須王の話です。

あっ、別に須王と銀ってそういう関係ではなかったのか…。
愛しさ故に憎しみ倍増とか、そういう関係なのかと思っていました。
そんなワタクシの勘違いと違って須王さんには、ちゃんと愛しい相手がおりました。
モテモテ王国の住人故に少々八方美人的だった須王さんの相手である巴は、その特殊な身の上故に温室育ちの天然ちゃん。
光陽くんよりはまだ凶悪ではないかな?巴ちゃんの場合は温室育ちだからって思えるから〜。
でも、天然ではあるかな?
そこらへんが須王の心を癒したのでしょうが〜。でも、あそこまで入れこむのは分かりにくいような…。
命の恩人だからって云われたら、それまでなのだけど。

しかし、今回は本編の主人公たちと敵対組織視点だったわけですが、そのせいかな?組織の獣人たちがいたって健全だったというか〜。
いや、中にはサドだったり、バカだったり、腹黒だったりしますが、許容範囲というか、彼らは彼らの事情というか考えがあって、組織を作って行動してるわくで。
梁井が独占欲が強すぎるから、うまくいかないのではないの?
まあ、獣人の本能っていうのもあるのだけどね〜。

しかし、巴の行方は今後本編に絡むのかな?
登場人物がドンドン増えて、人間関係が複雑になりすぎてきたなあ…。
銀のほうの事情も今後明かされるのか…。
本当にゴチャゴチャしてきたが、それって私だけかい?
とにかく、複雑に絡んだ登場人物を繋いだ糸がほどかれる展開を期待したいと思います。
しかし、魅力的な登場人物が増えるのはいいが、それと同じくらい

亨って誰?状態に…(苦笑)
彼はどうしてるのだ?
まあ、今回は番外編だから出てこないのは当然なんだけどさ〜。
2009.06.09 Tuesday 01:22 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 終わりのないラブソングもとい物語だとシャレになりません…。 | main | 「15センチメートル未満の恋」著者:砂原糖子 イラスト:南野ましろ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 01:22 | - | - |