<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「不道徳なプリンシプル」著者:花川戸菖蒲 イラスト:陵クミコ


JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
それを感じてるというんだ。
覚えようね。
王子様のような美形で売れっ子の作家先生に王子様扱いされ、甘く愛される広睦。ところがあるものが二人の関係に微妙な影を!?

「広睦くんはパーフェクトだ」――手芸雑誌編集部のバイト・広睦は勤め先のパーティーで美形の作家・奥住と出会う。男性しか愛せない性癖と体つきが華奢すぎるという広睦のコンプレックスを、奥住は独特なテンポの会話と価値観でからめとっていく。体格以外は平均的な社会通念を備えた広睦は軽い困惑に陥りながらも、そんな奥住に魅了されてしまう。衣装としか言いようのない洋服のプレゼント、豪華な食事、Hに至っては紳士的な口調でねっとりたっぷり攻められて、周囲の不安をよそに誕生したカップルは甘い蜜月を過ごしているかに見えたのだが…。

テディベア作家が攻めというのは確かに珍しいとは思うけれど、それでボツにするというのもどうかと思うよ。
職業に貴賤はないのだ(意味が違う!!)

拍手する

感想を書こう書こうと思っていて、後回しになっていた作品です。
感想というのは勢いというかタイミングが合わないと、そのまま書かないで終わることがあるのですよね〜。
少なくとも私の場合は。
まあ、そんな言い訳より、感想です。

シャレードさんは間口が広いな〜。
他社さんで、攻めがベア作家さんだということでボツをくらった作品をサルベージしてくれたらしい。
その昔、中原さんがはリ○レさんでマグロ漁船ネタに難色を示されたといっていたが、シャレードさんではマグロ漁船ネタ作品を発表していたよ。

ベア作家からマグロ漁師まで…。

共通点は働く男ってだけ?
乙女チックなイメージの世界から、体をはった男の世界まで。
本当に間口が広いわ。

個人的にはベア作家?って難色を示さないでもなかったけど、読んでみたら、そんなことは些細なことでありました。
主人公どもの職業というのは重要ではありますが、今回の場合は職業そのものよりも、なぜその職業を選んだかということなんですよね。
この作品に関しては、その過程が重要でありますから、花川戸センセイもボツをくらってもそこは譲れなかったわけですよね。
出版社というのも商売ですから、より売れる本を出そうと思うのはわかるのですが、そういうことで一般ウケしないだろうということで却下するのはどうなんだろう?
まあ、その出版社のカラーというものがあるだろうから、そういうところも採用する作品のポイントなんだろうけどさあ。

いや、この前の英田さんの作品といいさ〜。
個人的には編集さんのアドバイスが仇になっているのでは?って気がして。
いや、アドバイスが功を奏したのもあるとは思うよ。
ただ、そこらへんは明かされないというか〜。
この作品といい、その作品といい、あとがきで作家が愚痴めいたことを云うというのは、実際のところ、作家さんは納得していないってことなんでは?
まあ、実際は分かりませんし、自分はある程度の年齢を達していますので、割りと間口が広いというか、特殊な職業だったりしても、そういうのもありか…って思えるわけで。
だけど、高校生とかなら、そういう悟りを開いていないこともあるかもね〜。
まあ、年齢というよりは個人の好みっていう方が大きいかな。

でもまあ、この作品は本当にサルベージされて良かったですよ。
読んでいて楽しかったもの。
受けはミニマムで可愛い外見ですが、大変、漢らしいですし!!
こういうギャップのある点も良かったですよ。
キュンも笑いもあって楽しい作品でした♪
こんな美味しい作品が埋もれないで良かったですよ。本当に!
2009.06.11 Thursday 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「15センチメートル未満の恋」著者:砂原糖子 イラスト:南野ましろ | main | BL職業アンケートをつくってみました♪ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:33 | - | - |