<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「茅島氏の優雅な生活」全3巻 著者:遠野春日 イラスト:日高ショーコ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
ケタ外れの資産家だが孤独な青年・茅島氏。そんな茅島氏の心を初めて捉えたのは庭師の青年!? 大人気シリーズ待望の文庫化!!


相手がそばにいることは分かっていたけど、1巻2巻のカバーイラストはそれぞれ一人だったので…。
おそらく、3巻がツーショットになるのだろうとは思っていたけど、実際、その目で3巻の表紙をみてホッとしました。


拍手する


1巻が発売された頃から、各感想ブログ様から高い評価を得ていた作品。
3巻で完結です。

で、ほとんどのブログ様が受けである茅島氏の可愛らしさに悶絶していたようです。
どこか、喜怒哀楽を置き忘れたところがある茅島氏が愛する庭師の前では感情をあらわにしたり、次第に素直になる姿は確かに萌えます。
しかし、個人的には茅島氏よりも、恋人である名無しの庭師の変化っぷりに萌えを感じておりました。
どこか、高慢というか優位にたっていたはずの庭師が、いつの間にやら茅島氏にメロメロになっていくほうが個人的に読んでいて楽しかったです。
やっぱりさあ、こういう立場逆転って楽しいね。

しかしながら、個人的にはそんな二人の様子を微笑ましく読んでいくよりも、その作品の特異性が気になったり…。
特異性といっても話の筋ではないよ。
とんでもない金持ちが受けとかそういうのでなく、その構成の特異性に関してです。
庭師の彼の名前が最後まで明かされなかったとか、3巻も続いた割には短編集だったとか。
普通、3巻も続いたら、1巻くらい長編が入るかなあと思っていたのですが、短編、中編止まりの長さでしたね。
まあ、短い話というのはいいのですが、これって、もとは同人誌なんですか?
少なくとも最初はそうだったみたいですが、全てそうなのかなあ?
ちょっと、説明不足な点があったと思うの。
特に、茅島氏の主治医で友人である聖司の存在が。
3巻はともかくとして、1巻の彼の話は一体どういう位置づけなのか?って聞きたくなるくらい浮いているというか、読んでいるこちらとしては、「なんなの?この人たち…」って感じです。
どうやら、こちらが主人公の作品があるらしいですね。もとは同人誌だったけど、リーフで出ていたらしい。
熱心な遠野ファンなら知っていて当然のキャラなのかもしれないけど、知らない人間には何のことやら?って感じです。
スピンオフっていうのはありだし、スピンオフというほどではないけれど、同じ作者の作品の登場人物が繋がっているというのはありなんでしょうが、それならそれで、もうちょっと説明があるとか、それとは逆に特に気にならないくらい通りすがりの人物というくらいで済ますとか…。
そのどちらでもないところが、なんとなく同人誌ならではって感じがしたのだけど、そんなこと思うのって私だけかしら?

短編集でも茅島氏の可愛らしさは堪能できましたが、もう少し長い話が読みたかったかな〜。
なんか、少々物足りないような。
こういう風に感じるのは先にコミック版を読んだからかなあと思ったり。
小説では短く感じる作品でも、漫画で読むにはちょうどいい長さだったような。
また、麻々原さんがうまくコミック版としてまとめていたのだよね。
そちらを読んだから、なんとなく小説版の独特な構成に戸惑いを感じたのかもしれない。

しかし、たまたま違う出版社からコミカライズと文庫化の話が出て、時期がかぶったということなんでしょうが、これってねえ。
日高さんは好きな漫画家さんなのですが、その少し前に出たコミック版のせいで、どうも2人のイメージが麻々原さんの2人になっていてね…。
後に日高さんのでもイメージがあってきたけど、個人的には小泉だけは麻々原さんのほうが合っているような気がする。
コミカライズの方も続きが出るらしいので、楽しみです。

ところで、これって作品としては10年くらい前が初出なので、すでにCDとか出ているらしいですね。
CDには手を出すまいと思っているので、聴くことはないと思うのですが、庭師が大川透さんというのだけは大変気になります。
それを知ってから、大川ヴォイスで読んでおります。
あと、個人的には2巻のイギリス旅行話が一番好きかなあ〜。
昔の男に妬く茅島氏が可愛いので。

でも、庭師の名前が最後まで出ないなどに違和感を然程感じさせないところなんか遠野さんは巧い作家さんだったのだね…。
いあ、凄い言い方だけど、ここ最近の作品が個人的には微妙だったりするから、余計にそう思ったり…。
ファンの方ゴメンナサイ…。
2009.06.23 Tuesday 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「たかが恋です」著者:坂井朱生 イラスト:あかつきようこ | main | 「ロータスイーター」著者:天禅桃子 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:41 | - | - |