<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「共同戦線は甘くない! 」著者:鳩村衣杏 イラスト:桜城やや

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
同い歳で同じ名前、なのに顔も成績も女子の人気も負けっぱなし!? 浅羽佑(あさばたすく)が仕事先で再会したのは、大学時代のライバル・柘植匡(つげたすく)。二度と会いたくない男だったのに、業務提携で新商品の開発をすることに!! しかも手違いで同居するハメになり!? 意外と天然で男気もあるけれど、料理も掃除も全くダメ──初めて知るライバルの素顔に惹かれ始めて!? 課長同士の恋愛攻防戦スタート♥

鳩村さんの初キャラ文庫♪
大学の同級生のリーマン同士の再会ラブです。
ここ最近の鳩村さんの新刊が、ビープリの文庫化作品以外、妙にハードボイルドなので、久しぶりのリーマンもの。
個人的にはこちらのほうが読んでいてホッとするというか〜。
好みによるとは思いますが。


拍手する

すみません!!
この作品って、続編あるのですよね?
主人公が今回の「Wたすく」から「Wかおる」にチェンジしたとしても〜。

だって、続編フラグが立ちまくっているじゃないですか?
名前とか、思わせぶりな台詞とか、そして、結局、どんなコラボ製品が出来上がるのか、全然決まっていないじゃないですか!!
つまりはお仕事続行中!
あるプロジェクトで再会した2人の話なら、プロジェクトは結果を出さないとな。
仕事重視の話なら、なおのこと。

さて、今さらですが、こちらの作品は再会ものです。
大学の同級生同士で、卒業以来会うことがなかった2人が、とあるコラボ企画により再会して〜という展開。
年齢も同じ、会社の規模は違うけど役職も同じ、しかも名前も同じ2人が〜となっているから、どんな働く男同士の攻防戦があるかと思っていたけれど、思ったよりもなかったような〜。
違う会社同士がプロジェクトを組むのですから、トラブルというか、それぞれの会社の意向というか有利にすすめたいというかそういうのはあります。そういうぶつかり合いはあるのですが、思ったよりはぶつからなかったというか〜。
いや、ちゃんとトラブルはあるのですが、なんていうかなあ…、仕事のできる男同士故にお互いの立場や部下の手前や相手の会社の意向を組んだ攻防なんだよね。
なんていうか部下の手前のパフォーマンス?お互いが妥協しあうための儀式みたいなやり合いでした。
だから、そこらへんが2人の恋愛方面に影響することはあまりなし。
いや、影響はしていたな。お互い惹かれあるという方面で。

だけど、柘植って、もっとプレイボーイの嫌なやつなのかなと思ったけれど、そんなことなかった。
好きな女を取られた(別に略奪ではなく、浅羽の片想いに過ぎないが)浅羽の視点だからさあ。
柘植は好きな相手には誠実なやつでしたよ。浅羽に対しても真摯な態度で〜。
そこらへんが、ヘタレとでもいえるが、それはそれでありかな。

仕事のできるリーマン同士、でも、非現実的に仕事ができるってことはなく、あくまでも身近にいそうな(でも、いない)男同士の仕事は一所懸命、恋には少々不器用なお話でした。
コトが終わったあと、反省会をしようとしたりと笑いもありましたし。
やっぱり、そこらへんの案配は鳩村さんは上手いなあ。
でも、初めての出版社とのお仕事だから、恋も仕事もおとなしめだった気もしないでもなかったり〜。
いや、十分及第点だったけど、もっとエロが多くても良かったような…。結局、それかい!?(笑)

しかし、結局どんなコラボ製品になるのか、分からず仕舞い、そこらへんは「Wかおる」で結果を出してくれるのかな?
鳩村さんのブログには、そこらへんはアンケートハガキでリクエストしてほしいようなことが書いていました。
いや、十分フラグは立っていると…。
2009.07.07 Tuesday 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「たかが恋だろ」著者:山田ユギ 原作:英田サキ | main | 「チュチュンがチュン」1巻 著者:山本小鉄子 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:02 | - | - |