<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「SEX PISTOLS」著者:寿たらこ( JUNK!BOY  なつやすみ号)

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
ゲイカップルが結婚・出産できる特殊な繁殖能力を持つ「斑類」の世界。しかし結婚・出産にまつわる喜びや不安は人間と一緒! ある一組のカップルの、ナイーブな妊娠中の出来事とは…。

『JUNK!BOY』は読んだり読まなかったりだったりするのですが(どっちにしろ立ち読みだが…)
今回は、以前に買ったリブレの本に挟まっていたチラシにより気になっておりました。
だって、「妊娠・出産・子連れ特集!!」でコミック寿たらこと書いているじゃないですか!!
「もしかして、セクピスの新作?」なんて期待していたら、予想ドンピシャ!!
とりあえず、新作が出てくれるだけで御の字!!
いや、もっとペース上げては欲しいけどね。


拍手する

今回は国政のパパで英国のパパであるデイビッドと米国のパパで英国のママのマクシミリアンの話でした♪
ところで、『SEX PISTOLS』を読んだことない方、もしくは4巻を読んだことない方、一応云っときますが、「米国のパパで英国のママ」というのは間違いではないですからね!!
しょっちゅう、誤字脱字のある当ブログでありますが、ここは本当です。間違いでないです。

パパでママってなんだい?
と思われるかもしれないけれど、それはそれ、すべては班類という不思議ワールドによるものです。
所詮、猿人である我々には理解不可能なの。

いいの、いいの、男同士で結婚だとか、妊娠だとか、出産だとか「すべては斑類だから!」
その一言で納得、納得。
っていうか、納得しないと物語が進まないから、納得するしかないのだよ!!

まあ、そんなBL界にとって都合のいい展開を当たり前のようにすすむ『SEX PISTOLS』
面白ければ、いいのだよ!!
という強引な理由ですが、久しぶりに読めてうれしかったのは本当のところ。

カップルが何組もいるこのシリーズですが、デイビッド×マクシミリアンは米国×委員長と同じくらい好きな組み合わせです。
また、この人たち、本当にラブラブで読んでいて幸せな気持ちになります。
嫉妬したり、将来に不安を覚えたりするのも、相手が大好きだからなんだよなあ。
なんていうか、ごちそうさまです…、読んでいるこちらの方が赤面したくなる2人でした。
しかし、本当に英国がいい子で良かったね〜。
いい子過ぎて恋愛には苦戦しているような気がするけれど。
英国にも素敵な相手ができるといいね。
だけど、2人の兄(米国、国政)に比べると本当にいい子。巻尾の血が入っていないとこんなに素直な子がうまれるのだろうか?って思いますよ。
まあ、マクシミリアンの育て方が大きいのでしょうけどね。
2009.08.06 Thursday 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「ハングリーハニー」著者:篠原栄 | main | 暑い… >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:41 | - | - |