<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「ブライダル・ラバー」著者:玉木ゆら イラスト:南野ましろ

JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
ゲイの浅野は、フレンチレストラン「ボヌール」でウェディング部門を担当している。けれど、ほとんど客は来ず、ホールスタッフの仕事をこなす日々。しかも、人気シェフの四柳からほぼ毎日、からかい混じりのセクハラを受けている。そんなある日、ずっと片想いをしてきた大学時代の先輩・青木が「結婚式を挙げたい」と店を訪ねてくる。ショックを受ける浅野だが ――!? 迷える大人たちのウェディング狂想曲。

正直、買う予定はなかったのですが、気が付いたら買っていた。
ディアプラスマジック?
レーベル買いですね。


拍手する

正直いって、今まで読んだ玉木さんの作品は個人的には微妙なものが多いというか、多いというより、微妙なものばかり。
いや、リブレのシリーズのやつは積読のままなんですけどね。
しかし、とりあえず、ディアプラス作品に関しては微妙なものばかり…。

で、どこが微妙かというとストーリーが云々というよりもキャラクター、特に攻めが何を考えているのかわからないというのが原因だったり。
それって、どうなの?と思うことが多くて…。
好みの問題と云ってしまったら、そういうことなんだろうけどね。

で、今回の攻めであるシェフの四柳さん。
どうなの?とその言動にツッコミをいれる以前の問題というか、受けの浅野のどこに惹かれたのさ…と物語の根本的なものにツッコミを。
物語のしょっぱなから四柳は浅野にアプローチしております。
あまりにもアプローチがあからさまだった故に単なるセクハラだと思われるくらいにアプローチをしておりますが、しょっぱなからしているために経過がわからない。
一所懸命なところに惹かれたのかもしれないが、読者にはイマイチ伝わっておりません。
少なくとも、私はわからなかったよ。
浅野もなんかイキナリ四柳に好意をもったような。
いいひとだと思うようになったのは分かるけれど、恋愛に発展するほどのことだとは思えず。
流されたとしか感じなかったな。
雑誌掲載の中編と書き下ろしの後日談というディアプラスではよくあるパターンなのがいけなかったのか…。
主人公どもの気持ちを伝えるには短すぎたような。
書き下ろしも、とりあえず中途半端だった雑誌掲載分のフォロー、それもエロ方面の…っていうポジションのような気がしてなりませんでした。
まあ、好きなひとと一緒にいるための努力というものはわかったけれど。
しかし、正直いうと、主人公2人よりも浅野の叔父と同僚の娘のエピソードの方が良かったなあって感じでした。

だいたい、この本で一番反応したのはあとがきの同人誌で定年間際の年齢同士の話を書いたことがあるという一文でした。
商業誌では無理だろうけど、読んでみたい…。
今もそれは手に入るのだろうか…。

あれっ、結局、この作品の主流には反応できなかったということか?
悪くはなかったのですが、もう一捻り欲しい作品でしたってことで〜。
2009.08.11 Tuesday 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「センチメンタルなビスケット」著者:松前侑里 イラスト:RURU | main | CDドラマ・スペシャル3 機動戦士ガンダムOO アナザストーリー「COOPERATION-2312」 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:44 | - | - |