<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「骨董通りの恋人」著者:遠野春日 イラスト:夏乃あゆみ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
大学生の磯崎桂一は、ある日の午後、骨董品店『大正浪漫堂』にふらりと立ち寄り、そこで店の看板娘に一目惚れをしてしまう。なんとか話しかけようとする桂一だが、彼女からはそっけなくあしらわれてしまう。彼女のことが知りたい! そう思った桂一は大学の友人たちに尋ね、驚くべき事実を知る。『彼女』と思っていた相手は『彼』で、羽鳥ちなつという名前の同じ大学の学生だというのだ! ちなつに会うため大正浪漫堂に向かった桂一は、そこで見覚えのある雛人形を見つけて!? お雛様が結ぶピュア・ラブストーリー誕生!!


ぶっちゃけ、遠野さんの最近の作品は他の方の感想を読んでから購入するようにしています。
気になる作品も新刊でなく古本で…って思ったいたりします。
昔の作品の文庫化とか以外に関しては…。
ところが、そんなことを考えていたのに新刊で買ってしまったコノ作品…。
サイン本だったのもあるけれど、一番の原因はイラストマジック!?
夏乃さんで古風な格好の女装をする受けということで、『花舞小枝で会いましょう』が思い浮かんだのが敗因といいますか〜。
はい、敗因と云うだけあって、今回毒舌感想ですよ。
ファンの方はゴメンナサイ。


拍手する

正直いって、受けを女装というかコスプレさせる意味があるのか?
もっと、ぶっちゃけて云うと、BLである必要があったのか?

この作品を読んで、真っ先に思ったこと。
なんだかな〜、なんだかな〜、
別に不快感を感じる作品でなかったけど、良かったとか、そういうことを思うこともなかったよ。
だから、どうした?
というのが正直なところ。

攻めの桂一は女装っていうか大正女学生風のコスプレをして骨董品店の店番をしていたちなつに一目惚れをしたことで物語が始まるわけなのですが…。
初めは女性と思って恋に堕ち〜っていう展開は今までにもありましたよ。
そういう話はありだと思いますよ。もともとゲイだったわけでない攻めが同性に惚れるなんていうのは「勘違い」というシチュエーションはありでしょう。
だけどね、この作品って、そうそうに気になる相手が実は男だったっていうことがばれるのですよ。

えっ、もうばれちゃうの!?

って、読んでるこちらが思うくらいそうそうにね…。
こういうのはさあ、女性だと思っているまま親しくなって、初めは軽い気持ちだったのに、騙していることに罪悪感を感じる受けっていうのが物語のスパイスだと思うのですが〜。

それなのに、まああっさりと男だとばれます。
また、そこらへんのことを攻めが騙されたと憤ることもなく、同性だろうと構わないって結論に至ります。
もともとバイとかゲイなわけでないのに、切り替え早すぎですよ…。

この桂一という男…。
いい男だとは思いますよ。
性別とか考えず、個人そのものに惹かれていると考えられる柔軟性。
また、思わず手を出しながらも冷静に考えられる対応。
紳士であります。

でもさあ、なんていうか、なんていうか…。
私個人からしたら、スマートすぎて人間性の魅力を感じない。
若くして海外を回ったと、同年代よりは大人なのかもしれないけれど、好きな相手の態度を冷静に分析するというのは若者っぽくないというか〜。
っていうか、海外を放浪していたっていうのもなんだかなあ〜。
放浪の末、パリに半年間ほど住んでいたから、2人を結び付けた雛人形を見つけたってことなんだろうけど、別に単なる観光旅行で買ったっていうシチュエーションでも構わないのだよね〜。
というか、お手伝いさんが2人もいるような都心の豪邸に住むというシチュエーションは必要なのか?
だからさ、なんで金持ちにするのかなあ〜。
いや、金持ちだから、オーナーになれるのかもしれないが、そこらへんは別に他のことに置き換えれるような〜。
以前に何回も云ったが、ここ最近の遠野作品の攻めキャラは必要以上に金持ちで、そのことによって逆に薄っぺらい印象を受けるのだよね〜。
エリートリーマンとか、アラブの王子とか、ヤクザとかなら分からないでもないよ。
だけど、まさか学生までそうなるとは…。
というか、なぜ金持ちの息子にしたとか、そこらへんが説明不足です。
物語は淡々とした話なんだよね〜。
こんな淡々とした話なら、キャラはもっと派手にしたほうがいいかもね〜。
人間性は薄っぺらいかもしれないけれど、肩書きだけでも派手な方がいいかも。
個人的好みの話は望めないけれどね…。
やっぱり、遠野作品はいろいろと考えさせられます…。
2009.09.03 Thursday 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「兎オトコ虎オトコ」1巻 著者:本間アキラ | main | 「生日快楽」著者:小野塚カホリ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:27 | - | - |