<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「フリーパンチ」著者:夏目イサク

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
父親とケンカして家出した山田は、担任の天野の部屋に居候することになる。ただの天然メガネだと思っていた天野の底抜けの人の好さと、無条件に自分を信頼する様子に恋を自覚した山田は……? 表題作ほか高専寮の二人部屋で始まる恋を描いた「絡陽館ワイドショウ」を収録。とまどいとトキメキたっぷりの青春学園シアター♥

イサクさんの新刊。
東京と大阪でサイン会やったのだよね〜。
いいなあ…。都会は。
そこそこ都会に住んでいるはずなのですが、こういう催し物はあまりないのだよね。
やはり、物理的距離は大きい。


拍手する


えっ、どこかの海賊王にオレはなる!!とか云っている人!?

そんなこと思ったの私だけ!?
気のせい?
まあ、そういうことにしておこう…。

ディアプラスは毎号チェック入れていて、イサクさんの作品はちゃんと読んでいるのですが、この作品の存在を正直いって忘れていました…。
いや、いくら好きな作家さんといっても作品の好みっていうのはあって、この作品はまあ好みとはちょっと違っていたというか〜。
今もシリーズが続いているヤクザの跡取りと下宿屋の大家の話が個人的大ヒット過ぎて、この作品の存在が抜け落ちたというのが正直な話だったり…。
いや、面白いとは思うのですが、私、イサクさんの受けはツンデレのほうが好きなようなんですよ。
あんな、天然フェロモン垂れ流しの受けはなあ〜。
人たらしな受けはあんまり好きでないのですよね。
攻めもなあ〜。
悪くはないけれど、親父に比べたら、まだまだ小物っていうか…(笑)
あの父親の息子なら将来有望ではあるのかもしれないけれど、親父を前にしたらなあ。
天野の気持ちが分かりますよ(笑)

それだから、余計に表題作でなく同時収録の『絡陽館ワイドショウ』は受けが良いツンデレで大変おいしく読めましたよ♪
『どうしょうもないけれど』の島野といい、イサクさんのツンデレ受けはそういう関係になる前は、しばき倒そうかと思いたくなるくらい生意気なんだけど、相手に特別な感情を抱き出したら、途端に可愛くなるというか〜。
で、さらに閨のシーンになると意地っ張りさと恥じらいぶりと可愛らしさのバランスが絶妙だったりするのだよなあ。
まさに『絡陽館〜』の受けもそんなんでした。
正直いって、コミック描き下ろしはこちらの方が読みたかったが、元は他誌(アクア)掲載作品だからなあ…。
仕方ないか。
拾ってもらっただけでもありがたく思うとしますか。
2009.09.07 Monday 20:56 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「生日快楽」著者:小野塚カホリ | main | 加東セツコさんの新刊2冊まとめて感想 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 20:56 | - | - |