<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「花の慟哭」著者:夜光花 イラスト:高橋悠

JUGEMテーマ:読書


【あらすじ】
「君のいない人生がどれだけつらいか、頭がおかしくなりそうなこの気持ちが、君にはわかる?」特異体質のせいで、幼い頃から研究所で育ってきた巴は、その研究所を破壊しにやってきた「組織」の須王に助け出される。しかし、巴の存在は、その組織でも混乱を招くものだった。組織の者に陥れられ、須王と引き裂かれた巴は、ある医者に再び監禁されてしまう。巴を救えなかったことを激しく後悔する須王と、須王のもとに戻りたいと願う巴。強く惹き合う二人の運命は、嵐のように膨れ上がりー…。

前作があまりにもひどいところで終わっていたので、早く続きを!!と思っていました。
思ったより早く出て良かったな。
っていうか、私は須王と巴は本編である『凍る月』シリーズの方で再会するのだと思っていたよ。
まあ、再会してくれるなら本編だろうとスピンオフだろうと構わないのですけどね。
ところで、今回の感想は読んでいない人にはイマイチわからないかもしれません。
未読の方は、すみません…。


web拍手

なんていうか、すべてを彼にもっていかれたな…って感じです。

須王と引き離されたあとの巴の悲惨さ…。
その分、再会したことに読者にとって喜ばしいことであります。
そういう感動あり、またエロもあり…。
またさあ、巴の成長が途中でとまっているから2人の体格差が犯罪的というか…。
ショタは苦手なんだけど、これはこれでエロさが増していいのかしら?と挿絵を見ながら思ったり。
まあ、巴が可愛いから良しとする。
そして、須王はカリスマトップぶりに磨きがかかり〜。
でも、巴に対しては余裕がなかったりするところもいいわ〜。
なんていろいろと思う作品でしたが、そんな感想も彼の至高の愛を前にしたらかっさらわれましたよ…。

ヨハンの須王への想いは想像以上のものであり、愛とか恋とか、甘いものはなく、だからといって忠義とか忠節とかの枠は軽く超えたものでありました。至高のというか究極の愛?
しかし、それは己を犠牲にしてまで須王を自分の理想の王になるべきと縛り付けるとんでもないものでありました。
こんなことされたほうは生きている限り逃げられないというか…。
とんでもない絆です。
読者はそこに萌えを感じるわけなんですがね。
とにかく、本当にヨハンの勝ち逃げ?っていう1冊でした。

それはともかく、これって『灰色の衝動』より、時系列にあとになるのですかね?
黒の獣人はイギリスに帰ったらしいしさあ。
光陽が出会ったときの須王は巴を失って荒れていた頃なんだろうけどさあ。
本編のほうはどうなるのでしょう?
銀は?亨は?
結構、謎が残ったシリーズですね。
2009.10.03 Saturday 01:03 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< とりあえず見ます…。 | main | 「FULL MOONにささやいて」新装版 全2巻 著者:真東砂波 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 01:03 | - | - |