<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「北の情炎」著者:愁堂れな イラスト:山田ユギ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
俺はお前がいればいい。お前さえいればいいんだ。
伝説のマグロ漁師・秋山と蜜月を過ごす新米漁師のエン。
だが、ついにヤクザの井上がエンを連れ戻しに大間を訪れて……。

伝説のマグロ漁師・秋山に師事し、私生活では彼の恋人として蜜月を過ごす新米漁師のエン。情熱的なセックスで抱かれる悦びを教えられ、溢れんばかりの愛情を注いでくれる秋山に、エンはこの上ない幸せを感じていた。しかしそんなエンの前に、かつて薬で縛り愛人生活を強いたヤクザの井上が現れる。いまだ強い執着を見せる井上から愛する秋山を守るため、エンは秋山のもとを去る決意を固めるのだが……。恋とマグロの大波乱、オール書き下ろしで再登場!!


シャレードはマグロ漁師に一方ならぬ愛情を持っているようです。
ありがたいことであります。

確かに、続編が出そうな展開でした。
いろいろと問題が残っていたからね。
でも、なんとなく続きが出るとは思っていなかった…。
いや、私の前回の感想の歯切れの悪さを読めば分かると思うけれど…。
でも、有名BL評論サイトで絶賛されているのレビューもあったのは知っているのよね。
ようは、そのシチュエーションにただならぬ思いを抱いているかいないかっていうことだったり。
まあ、思い入れが強かったら評価も厳しいものになるよな〜。


web拍手

正直、ついさっきまで、これの感想を書いていない事実に気付いておりませんでした。
なんとなく、今日は風邪っぽいので(インフルエンザでないと信じたい…)、さっさと寝るか〜なんて思っていたのですが、明日の仕込みをするため、「山田ユギ」に関する商品を検索していたら、この作品がでた…。
正直いって、特筆すべき感想はないんだよね。
はっきりいって、マグロ漁師である必要なないんじゃない?って思ったり。
いや、もの凄く、そんなことを云える立場ではないってことは分かっているのですよ。
まあ、「お前がそんなこと云うな!!」って突っ込むことができるひとなんて僅かなんだと思います。
私が立場が〜って云っても大半のひとはなんのことやら?って感じでしょう。
所詮は素人ですから〜。
プロじゃないから〜ってことで、厚かましく云わせてもらいます。

前回も自分の思っているマグロ漁師ものではなかったと思いましたが、相変わらず今回もそう思ったり。
別に、マグロ漁師でなくても成り立つのですよね。
サラリーマンものでは、ちょっと厳しいものがあるかもしれませんが、攻めが自営でさえあればそこそこ成り立つのではないのでしょうか?
そう思うのもマグロ漁のシーンが少ないからなんだよね。
ヤクザがうんぬんっていってもさあ。
でも、それはいいんですが、悪役である井上。
なんか、結局は小物?
っていうか、義に溢れていそうな親分なのに井上のような子分がいるんだ?

いろいろとご都合主義だなあ〜なんて思ったりもしないけれど、それはそれとエンターテイメントものと思えばいいのか?
そう思おう。
でも、はっきりいって愁堂さんはブルーカラー系の職業のひとたちの話を書かなくていいのではないかなあ?
ファンの方には大変申し訳ありませんが、やっぱり己の萌えのみで話を作っている感じがしてね。
華やかというか派手な職業の人たちの話の方があっていると思うよ。

2009.10.08 Thursday 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「R134」著者:橘紅緒 イラスト:高星麻子 | main | 「人はなぜ働かなければならないのか」著者:山田ユギ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:31 | - | - |