<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「我れに五月を」著者:小野塚カホリ

タイトルは寺山修司からきているのでしょうか?
小野塚さん寺山修司好きみたいですものね〜
最近、再びBLを描いているみたいな小野塚さん。
レディースの方で最近見かけないしね。
個人的には小野塚さんの作品はレディースのよりBLのほうが好きです。
でも、今のところ昔の作品の方が好きかな。

我れに五月を
我れに五月を
小野塚 カホリ

【あらすじ】
アツイ。情けない。−−−−どうしようもない。僕は喘ぐ胸を抱え、病床に横たわりながら、いつも親友の羽生(はにゅう)を想っていた。想って、妄想して、抜きようのない“熱”をからだに溜め込んでいた。そんなある日、僕は雪の中で倒れている少年を拾う−−。ココロを熱に侵されるような小野塚カホリの微熱性レンアイ夜話登場。

ディアプラスコミックスということで、小野塚さんの作品にしてはエロくないです。
だけど、表題作が一番好きな小野塚作品ですね。
大正時代とか昭和初期とかの時代設定に弱いせいもあるのですが、一番の原因はこれを読んでいると『草の花』(福永武彦著)を彷佛させられるからなんだと思う…。
この『草の花』という作品は何回読み直したかわからないというほど、思い入れのある作品なんですよ。
死に怯えながら、愛する人のことを想う主人公が彷佛させたのだろうな…。あとキリスト教信仰について触れている点とか。
台詞もこの作品の「僕は死んでいくのが怖いんだ」というのを読んでいて、『草の花』の「僕は一人きりで死ぬだろう」を思い出させました。
だけど、この作品で救われたのは『草の花』の主人公は一人死んでいくのですが、この作品では想い人が「その時は一緒に死のう」といってくれたことです。
この台詞があるので、暗い話だけど、これはハッピーエンドなのだと私は思っています。
小野塚さんは寺山修司とか三島由紀夫など好きで、かなりの読書家だと思いますので、この作品が『草の花』にインスパイアされていてもおかしくないと思ってます。

同時収録『メガネをかけて』
ジジ専の受というキャラを初めて見たので、驚いた。
最近だと『小説Chara』に掲載された烏城さんの作品の受とかいるが〜
2006.12.09 Saturday 17:01 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 「青の軌跡」シリーズ 著者:久能千明 イラスト:沖麻実也 | main | 「神さまと一緒」著者:渡海奈穂 イラスト:窪スミコ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 17:01 | - | - | 









小野塚カホリ BL出身だとか気にせず読むべし。すげーから。
小町風伝 (FX COMICS)posted with amazlet at 0...
| John's Notes | 2008/04/18 11:46 PM |