<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「わるい男」著者:榊花月 イラスト:小山田あみ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
製菓会社の開発課で企画に携わる荻野は、今まで順風満帆な人生を送ってきた。ルックスも学歴も申し分なく、大手企業で適度に仕事をこなす日々。ところが今回の社内企画では、宣伝部の冬堂からアイデアを却下されてばかりだ。しかも冬堂はいつも、その時の荻野の反応を見ながら愉しそうな笑みを浮かべる。仕事ができ、バツイチで女にモテて皮肉屋の冬堂が荻野は苦手だったが……? ずるい大人たちのラブ・プロジェクト♥

雑誌で第一話のみ読んでおりました。
小山田さんの描く不遜な男のフェロモンがたまらない…。


web拍手

ちょっと、みーくん!早まるな!!考え直せ!!

思わず、明るくて性格のいい彼女を捨てて、不遜というか傲慢な年上の男に惹かれる受けの行動を窘めたくなるぜ…。

いやあ、傲慢攻めは元々得意でないといういうか、怒りの沸点が低いためか読んでいて怒っていることが多かったりするのですが、今回の攻めはどう考えたってサイテー以外の何ものでもないだろう…。
しかし、世の中そういう男の方がもてるのであります。いやはや…。
っていうか、今回の攻めの冬堂は傲慢っていうよりも性格が悪いという方が正しいような〜。
性格の「わるい男」ってことだよ。うん。
で、その性格の悪い男におとずれた恋。
いままで、モテモテ人生だったから、思いどおりにいかないことに慣れないために、相手に苛立ちを感じ〜。
っていうか、相手に対しての己の気持ちもよく分からず、とにかく酷い態度をとってしまう。
小学生かあんたは!!
本当にこんな男でいいのか?荻野よ…。
まあ、それでいいなら、頑張れよ…っという気持ちでいっぱいになった作品でした。

と文句を云ってますが、ここ最近の榊さんの作品に比べたら話の展開が良かったというか。内容というよりもテンポがね。
いや、ここ最近の感想って、なんでこんな終わりの方でこんな展開するんだ!!っていう文句ばかり云ってるから。コレとか、コレとか。
多分、中編2作+後日談の短編1作というのが良かったのかな?
中編は受けの視点のと攻めの視点となっていたし。
それが中だるみもなく、それでいて後半に怒濤のように展開というのがなくて良かったのでは?
いや、後半に怒濤の展開がまったくなかったというわけでもないか?
おいおい、ちょっとご都合主義だぞ…とは思ったから。
2009.11.09 Monday 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「由利先生と愛しき日々」著者:木下けい子 | main | 「SEX PISTOLS」著者:寿たらこ( MAGAZINE BE×BOY 2009年 12月号) >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:53 | - | - |