<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「作品ナンバー20 」著者:えすとえむ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
「男娼? 天使? 君は一体誰なんだ――」幼い日に見た一枚の絵…少年モーリスは絵の中の青年に心を奪われた。その悲しむような、愛おしむような、すべてを赦すような眼。10数年後、新進気鋭の絵画修復師となったモーリスの目の前に絵から抜け出た青年が現れて!? えすとえむリブレ初コミックス、番外描き下ろし19ページを収録!!

昨日に引き続き、えすとえむさんの新刊を購入。
最近は出版社も協力しあうのですね〜。
それだけ、出版業界が苦しいということ?


web拍手

コチラの作品も外国人率高し。
日本人同士の話もありますが、別に外国人の設定にしても構わないような〜。
まあ、外国での競馬は日本の競馬と趣きが違うような気はしますけれど。

表題作だけリブレさんから発表された作品で、他のはよその出版社からでた雑誌が初出です。
でも、それらの雑誌は休刊もしくは廃刊ですよね?
そういえば、最近メロメロ読んでなかったよ。休刊していたってこと?(石原さんの作品とかなかった?どうなんだ?)やっぱり、出版業界はいろいろ厳しいのかな〜。
BLの読者層は一番購買欲がある20〜30代の女性が多いような気はしますが、その世代の全員がBLを読むわけではないし、BLだったら何でも購入ってわけでもない。
いろいろは本が出るから余計に選び抜いたものを買おうと思うわけで。
やっぱり、イマイチな雑誌は淘汰される運命というもので。
しかし、その雑誌に掲載されている全ての作品がイマイチというわけではないのですよね。
そんな作品がよその出版社にサルベージされるというのは、一読者としてはありがたいことであります。

そのように初出の出版社がバラバラな一冊でしたが、昨日のコミックよりはシリアスでしたね。
別に、昨日のがコメディ一辺倒だったわけではないのですが〜。
シリアスというか重い作品が多かったな。
どちらが好きかは読者の好みによるなあ。
どちらも面白かったが、やっぱりサッカーネタの方が好きかもしれない。
ああ、しかし、パリに行きたいなあ〜。
2009.11.12 Thursday 21:37 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「ULTRAS」著者:えすとえむ | main | 「それを愛だと思うなよ」著者:橋本あおい >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:37 | - | - |