<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「いとし、いとしという心」2巻 著者:かわい有美子 イラスト:南田チュン(11/19追記あり)

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
屈指の名門旅館の跡継ぎである兄の陰で、ひとり鬱屈した思いを抱えていた千秋。彼にとって、素直で愛らしい隣家の幼馴染み・侑央は唯一の救いだった。侑央が兄に恋い焦がれてさえいなければ──。侑央を抱きしめ、兄に似た声で侑央の耳に甘くささやく。「目ぇ、閉じとき。そしたら兄貴としてるみたいやろ?」大人気の「いとし、いとしという心」待望の続編! すべての因縁が始まった高校生編と大量書き下ろしを収録!


今月、最も発売を楽しみにしていたBL作品かもしれない。(BL以外も含めたら五條さんの革命シリーズになるが…)
続きが無事に出て良かった。
正直、年内は無理だと思っていた。
かわいセンセイ、すみません…。

ちなみに、1巻の感想は→コチラ



web拍手

昨日のうえださんの作品の感想で、登場人物が狡い奴ばかりだと書きましたが、今回も狡い奴らの話です。
なんせ、帯にも『狡くて、〜』と書いてありますから。
出版社公認の狡い男であります。攻めの千秋ちゃんは。
でも、やっぱり、受けのユキちゃんも狡いと思いますよ。

心配していた2人の仲ですが、千秋ちゃんの粘り勝ち?っていうか、寄り切って千秋ちゃんの勝ちって感じであります。
千秋ちゃん贔屓のワタクシとしては、良かった良かったって感じです。
例え、昔の失敗を二度と冒さないように、爽やかな笑顔の下で虎視眈々と幼なじみを搦めとろうとしている腹黒狐だったとしてもね。
しかし、寂しかった少年時代に一番側にいた人とはいえ、ユキちゃんに対する執着ぶりは凄いとしか言い様がない。
別に相手に不自由していたわけでないのになあ〜。
でも、一番大事なひとだけは手に入れれなかったのだよね…。
1巻のあとがきでも書きましたが、私はこの不憫で仕方がない高校時代の話を先に読んでしまったのだよね…。
そのため、千秋ちゃん贔屓になってしまっても仕方がない。
今回の帯は『狡くて、一途な男』であります。
本当に一途だよなあ〜。
これで、ルックスが良くなかったらストーカー男だと乙女たちから同情されずにキモがられただろうけどさあ〜。
あとがきでかわいさんが1巻の感想でユキちゃんの方が狡いといわれたが、千秋ちゃんは狡い男ですよと書いてありました。
いや、確かに千秋ちゃんは狡いよ。
でも、ユキちゃん狡いよ。
だいたい、ユキちゃんはあくまでも受け身なんだよね〜。
千秋ちゃんの兄である荘一に対しても自分ではアクションとらず(まあ仕方ないけど)、そして千秋ちゃんには流され、被害者ぶる(まあ、被害者なんだけど)
とにかく、あくまでも受け身なんだよ。
大人になって再会した後も、受け身。
でも、決定権は自分が持っている。
流されているようで、本当に嫌だったら拒否できるのだけどしないんだよなあ〜。だから、100%千秋ちゃんが悪いわけでもないのだよなあ。
ああ、恐るべし猛禽ちゃん…。
しかし、そんな受け身のユキちゃんですが、自ら千秋ちゃんに「一緒にいて」とお願いしたんだよね。
まあ、千秋ちゃんが云わせたのだけどさあ〜。
やっぱり、千秋ちゃんも狡いなあ…。
結局はお似合いってことか?
だけど、1巻の感想で述べていたように、老舗の跡取りだから縁談とかあるのでは?って思ったけど、まさにそういう展開でしたな。
今回は逃げれたけど、将来どうなんだ?
千秋ちゃんがうまいこと云って逃げるのかねえ?
なんかユキちゃんのほうが周りにイロイロ云われて悩みそうな気がするなあ。
でも、腹黒狐がそこらへんは妨害しつづけるのだろうなあ。
狐というよりは蛇のような執念深さだな。
でも、幸せならいいか。
まあ、とにかく千秋ちゃん、おめでとうと云いたくなった続編でした。
ああ、本当に良かったよ♪

11/19追記
何か書き忘れたことがあるなあと思っていたのですが、翌日、カバーイラストのことを書き忘れていたのを思い出しました。
いつもなら、書き忘れたのをそのままにするのですが、このことは訴えたいので、追記します。

で、勿体ぶってなんですが、カバーイラストのこと。
1巻が黒に対して今回は白です。
これはかわいさんの希望だったのかな?かわいさんのブログによると。
前回の黒は喪服の黒なんだと思います。
ユキちゃんは気分は未亡人でしたから〜。
いや、それは己の感傷なんだけどさあ。
まあ、実際恋人同士でなくても本人は気分は未亡人だったのですよ。1巻は。
それに対して今回は白ですよ!!
つまり白無垢!!
未亡人、嫁にいく!!
つまり、そういうことよね。
改めて、おめでとう!!千秋ちゃん♪っていうことでいいのですよねえ〜。
良かった良かったということでよろしくお願いいたします!!

2009.11.18 Wednesday 22:36 | comments(2) | trackbacks(1) | 
<< 「執務室の秘密」著者:うえだ真由 イラスト:高宮東 | main | 「ささやくように触れて」著者:崎谷はるひ イラスト:織田涼歌 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:36 | - | - | 
(2009/11/20 12:40 PM)
こんにちはー。

これ、思いのほか早く続きが読めてよかったですよね。
千秋もちゃんと(?)報われて、ホントにもうよかったよかった!

>白無垢
あ〜、本当にそうですね、花嫁衣装だ。気付かなかったです(笑)
喪服からの劇的な変換ですよね、これってば。
たった1年でよく頑張ったよ、千秋(笑)


久々TBよろしくお願いします。
はーこ (2009/11/20 10:53 PM)
かりんこさん、こんばんは♪

いやあ、本当に良かったですよ。
大丈夫だろうとは思いつつもホッとしました〜。
思ったより早く読めたので、よけいにうれしかったです。
ユキちゃんもやっと千秋ちゃんに向き合ってくれたし。
今後もいろいろと大変でしょうけど、とりあえず一安心した1冊でした。

コメント&TBありがとうございました♪









本日の読書「いとし、いとしという心 2」(かわい有?子)
前作を読んだ?階では続きがあるなんて知らなかったので、ついうっかりと余韻があるラスト…みたいなことを書いてしまってましたが、しかし、その余韻をこわすことなく、しっとりとせつない雰囲気のままの続編だったので卒しかったです。 おかげで、途中で止められなく
| カラカラリン孤堂 | 2009/11/20 12:40 PM |