<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「愛がなくても喰ってゆけます。」で、紹介されたレストランに行ってきた♪

カテゴリーが合っていないような気はするが、まあ便宜上。
単に東京へ行っていたというお話。


web拍手
2009112113450000.jpg

↑はイチボ肉のローストビーフでございます。
ほかの料理の写真も撮ったつもりが、うまく撮れていなかったので、メインだけ公開。(日頃、携帯で写真とらないから下手なまま)
というわけで、よしながふみさんの『愛がなくても喰ってゆけます。』で紹介されていた北島亭に友人Mちゃんとこの前の土曜日にいって参りました。
私はこの店二度目です。
本を読んだあと、1回ディナー食べにいった。この本って2005年発売の本だから4年ぶりになるわけだ。で、ずっと、Mちゃんが自分も行きたいって騒いでいて、でも予約が取れなかったりして、なかなか行けなかったのですが、今回、やっと行きました。

店舗は改装していて綺麗になったという噂は聞いていたけど、確かにそうだった。
以前は値段は高いけど、見かけはビストロだよなあ〜と思っていたけど、フレンチレストランらしい内装だった。でも、入り口はフレンチレストランというよりは中華屋さん?
ローストビーフの前にウニのコンソメゼリーよせカリフラワークリーム添え(本にも出ていたやつ)、真鱈の白子のソテー、カレイのムニエル(だったかな?)を頂きました。
デザート以外は2人とも同じメニュー。いや、冷たい前菜以外は同じものを頼まなくてはいけなくなっていたので、そういうことに(以前は違うのが頼めたかと?それともランチだったから?ディナーだとまた違うのか?)
ランチで4品も食べれるのか?って思ったけど、ウニを選びたかったら、そのコースにするしかなかったのだよ。値段的にも悩んだけど。ディナーならともかく、ランチで1万は…。
ワインをハウスワインで済ましたけどね。(飲まないという選択はないんか?しかもグラスでなく1本あける…)
盛りは調整できますよ。ってお店のお兄さんが云うけど、2人とも普通でいいですと頼む。
でも、そこまで量が多くなかったよ。別にデザートまで平気だった。
本でも量が多いって紹介されていたけど、4年の間で変わったのかな?
いくら、Mちゃんも私も食べるときは食べるからといっても…。YながさんとO田しゃんほどでないが、似たような経験はしょっちゅうしています。隣の男女よりも2皿くらい余計に食べているとか、酒の量が倍とかそういうことはいつものことなんだけどね。
だけど、以前から塩がきいているとは思っていたけど、さらに塩が多くなってない?
私の好みからはしょっぱすぎたような。
ワインがすすむ、すすむ。白1本だけでは足りなかったもの…。
でも、そのおかげで、そのあとのサッカー観戦が寒くても割と平気だったのかな?

ランチの後は、Mちゃんと別れ、姉とロアッソの試合を観にいった。来年は中山ゴンさんいるのかなあ〜。
ところで、小学生の子ども連れの集団がいたのですが、あれは藤田くんの娘さんの同級生とその保護者のグループかなんか?確か、娘さんは東京の私立の小学校なんでしょ。お父さんは熊本で単身赴任…。がんばれ…。
その小学生の子たちの妹、弟みたいな子たちもいて、「しろ、がんばれ」って応援しているのが可愛かったよ。まあ、10分もしたら飽きたらしく、走り回っていた。J2はスタジアムがのんびりしているから、そういうのも全然平気だったりします。っていうか、観客が少ないってことなんだけど。
味スタ広いから余計に観客少ないと寂しいなあ。
経営大変だな。
あと、日曜は新橋演舞場で歌舞伎観にいったのだけど、富司純子さんがいた。(息子がでている)
ものすごくお綺麗でしたわ。美しさのレベルが違うわ。
2009.11.23 Monday 23:03 | comments(0) | - | 
<< 「夜をわたる月の船」著者:木原音瀬 イラスト:日高ショーコ | main | 「夏服」著者:杉原理生 イラスト:テクノサマタ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:03 | - | - |