<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「そして続きがあるのなら」著者:内田カヲル

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
漫画家になる夢と諦めた男がずっと気になってた漫画少年。偶然の再会からふたりの時間が動き出すー!?

読者に萌えの変遷があるように、作家にも変遷があるのだなあ〜なんて思ったりしましたよ。


web拍手

この作品なら、友人Mちゃんに読ませても大丈夫かな〜。
オヤジ受けでもマッチョ受けでもないから。
いや、オヤジ受けは過去に読ませたことあるけど、あまり得意ではないらしい。
自分の周りのブロガーさんはオヤジどころかジジイ受けでもどんとこいっていう強者が多いから忘れがちだが、一般的にはオヤジが受けというのは上級者コースだったよ。
そして、さらにマッチョだとなあ〜。
攻めがマッチョでも結構ハードル高いのに受けがとなるとなあ。
私も結構しんどいものあるもの。
その点、この作品は大丈夫だった。
いや、かなりがっしりした体型のような気はするが、内田カヲルさんの作品ではコレ普通の体型だから。ちょっと、鍛えているかもしれないけれど、別に肉体労働者じゃないから。
でも、他の作家さんでは肉体労働者体型だけどな。
そして、すね毛が気にならなければ…。
最近はそういうの描く作家さんは増えたが、受けのすね毛までガッツリ描く作家さんはやっぱり少ないかなあ〜。
内田カヲルさんにしては、かなりマイルドな作品でしたよ。
雑誌で何話か読んでいたのですが、そのときはそんなに思わなかったけど、まとめて読んだら、あっさりしているなあ〜と思ったよ。
やってることはやってるのだけどねえ〜。
恥じらうオヤジとかマッチョのようにギャップ差が少なかったからかしら?

ヘタレ漫画家(後輩)×ツンデレ編集者のちにマネージャー(先輩)であります。
後輩の才能を目の当たりにして、漫画家の道をあきらめた先輩。編集者として働いていたが、やる気もなくくすぶっていた時に、コンビニで働く後輩と再会。
もうちょっと、愛情と才能への嫉妬とかのドロドロ展開をしていてもいいような気がするけれど、後輩の先輩大好きっぷりと情けなさが、才能への嫉妬や複雑な心境をどうでもいいものにさせるというか〜。

漫画家とマネージャー、そして恋人同士になったあとも外野が煩くいろいろとあったけれど、結局収まるところに収まったというようで。
こういうのも割れ鍋に綴じ蓋ということかしら。
適材適所だな。
こんな調子で2人は今後も過ごすのだろうな。
とりあえず、全プレ小冊子を申し込まなくては。
2009.12.06 Sunday 13:29 | comments(2) | trackbacks(1) | 
<< 同じグループになっちまったよ!! | main | 「新宿退屈男 愛欲の交叉」著者:愁堂れな イラスト:奈良千春 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 13:29 | - | - | 
イサヲ (2009/12/06 10:09 PM)
はーこさん お邪魔いたします〜

そうなんですよ。あっさりですよね。
濡れ場も汁気が少ないというか・・・
それなりにちゃんと描写は濃いんですけど
なんかこう薄味。
でもって、二人とも内田キャラにしては
細目だよねと思ったけど、よくよく考えると
漫画家と編集者にしては、無駄に筋骨隆々(笑)
そこは健在だったので、ちょっと安心したりでした。

TBさせてくださいませ^^
はーこ (2009/12/09 9:47 PM)
イサヲさん、こんばんは〜♪

マンガ家と編集者という文化系職業の割にはガタイがいいですよね〜。
内田キャラでは、これが当たり前なのでしょうけど。
だけど、確かに汁気が少なかったですね。
読みやすいといえば読みやすいけど…。
今回は心情面が比重高い作品でしたね。だから満足感のある作品でした。

お返事おそくなりまして申し訳ありませんでした。
コメント&TBありがとうございました♪









そして続きがあるのなら (内田カヲル)
そして続きがあるのなら (バンブー・コミックス 麗人セレクション)著者:内田 カヲル販売元:竹書房発売日:2009-11-27 また変化した…、いや、進化というべきかな…ひと皮剥けたなんていうと斜め上からでまことに失礼だけど、そんな感じ。 オヤジ受けの時代は終わっ
| BLは  別 腹  | 2009/12/06 10:11 PM |