<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「新宿退屈男 愛欲の交叉」著者:愁堂れな イラスト:奈良千春

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
「信じてる。生きて、俺たちが迎えに来るのをずっと待ってるって…」。主人公・竜野友紀は、天職だと思っていた刑事を辞め、新宿の便利屋・早乙女の事務所で働いている。潜入捜査中にマフィアによって香港へ拉致されてしまった兄を救うため、協力してもいいという早乙女に、交換条件で身体まで差し出しているのだ。巨大な闇社会から兄を救出するチャンスを窺って、香港へ乗り込む友紀と早乙女だが…!!マフィアのボスに愛玩具として囚われている兄と、健気に兄を想う弟は無事再会できるのか。早乙女事務所VS香港マフィア!ついに決着か!?


ラヴァーズ文庫の割には肌色率がかなり低い表紙。
さらに、口絵も普通(男同士で抱きついているなんて、服さえ着ていれば些細なことです。)
いつもと違う本屋でもレジに持っていきやすかったですよ。


web拍手

サブタイトルがなあ…。
「愛欲」って…。
今までも「欲望」だとか「快楽」とか付いていたけどさあ〜。
今までのコメディタッチなら気にはしなかったが、今回シリアス度が高い分、違和感を感じずにはいられないといいますか…。
確かにユキちゃん視点と王に捕らわれた兄視点が交互にあり、終わりでは見事再会を果たし、交叉しているのだろうけど…。しかしなあ…、なんか違和感が…。

今回のシリアス担当、なおかつ濡れ場担当のお兄さんですが…、ワタクシ、スピンオフの兄と王の話読んでないのだよね…。
なんか、暗そうな話だなあと思って…。で、愁堂さんのシリアスな話はあまり食指が動かないといいますか…。
このシリーズ、文句をさんざん云っておりますが、荒唐無稽なところが気に入って読んでいるのでね…。
だから、兄編は読まず終い。
読まなくても大体の流れはわかりましたけどね。
ただ、てっきりスピンオフのほうで、兄と王はすでに色々な意味で向き合っており、兄は自らの意思で王の側にいるのかと思っていましたが、そんな段階ではなかったですね…。
兄弟再会は意外とあっけないまのだったな…。
というか、王が情けなさ過ぎ…。
本当にマフィアか!?って思うくらい情けないというか〜。
敵に情けかけられまくりというかなんていうか〜。
ホワイトタイガーのついでに早乙女に助けられるってどうなの?
このひとを殺さないというのは後々の展開に影響があるのか?
っていうか、続くのか…。
兄弟再会したら、シリーズ最終回かと思っていたから。
今後は味方とかいう展開か?
どうなんだろうね…。

しかし、今回は兄さんの視点と交互だったので、話が分散してしまった印象。
早乙女のとんでもなさが前回前々回より抑え気味だったような気がします。
いや、金持ちじゃなければ、自家用ジェットでエッチはできないけどな…(苦笑)
でも、やっぱり早乙女がおとなしかったような気がする。
私が慣れちゃっただけか?

あと、ラストで迎えにきた弟の手を振り払い、その地に留まる展開で「宇宙戦艦ヤマト」を思い出したり。
守兄さんかい!!
そういえば、ヒロインの名前が「ユキ」だ。
いや、この作品のユキちゃんの本名は「ユキ」じゃないし。ヒロインだとは思うけれど(笑)
2009.12.08 Tuesday 19:55 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「そして続きがあるのなら」著者:内田カヲル | main | 「このBLがやばい!2010年腐女子版」 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 19:55 | - | - |