<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「恋人は僕の主治医 ブラコン処方箋2」著者:うえだ真由 イラスト:やしきゆかり

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
整形外科医の仕事も、年上の恋人・京悟(きょうご)との院内恋愛も順調で充実した毎日を送っていた和紀(かずき)。そんな時、靭帯の手術で人気Jリーガーの小波仁(こなみ・じん)が入院してくる。担当医となった和紀は、常識はないが可愛げがあって憎めない彼を窘めたり元気づけたりしているうちに懐かれ、告白されてしまう。今まで京悟以外の男に好かれたことなどなかったのに……。動揺した和紀は!? イジワル攻×意地っ張り受の人気シリーズ続篇


大好きな作品だったので、同人誌で後日談が出るといいなあ〜と思っていました。(1冊すでに出ております)
まさか、商業誌で読めるとは思わなかったよ。
嬉しいが驚いた。

ちなみに、1巻の感想は→コチラ


web拍手


受けの和紀の弟の優奈が兄のこの様子を知ったら、こう云うのではないでしょうか…。
「和兄、往生際が悪いよ…」
と…。

大好きな作品なので続編は大変嬉しいのですが、出来上がったはずの2人に何が?と思っていました。
本当に往生際が悪い…(笑)
てっきり、前巻で自分の気持ちに折り合いをつけたものだと思っていたのですけどね〜。
まあ、別に身体の関係はあるのに、恋愛じゃないとか俺はホモじゃない!とかほざいているわけではなく、京悟のことはちゃんと恋人だと思っているし、身体の関係はそれなりに楽しんではいるのですが、最後の最後で踏ん切りがつかないというかなんというか。
どこか、調子のいい男に流されてしまったからなのではと思っております。

また、この京悟という男は顔はいいし、頭はいいし、仕事はできるし、性格はベッドの上では少々Sだけど基本的には人の気持ちの機微をちゃんと分かってくれるし、大変包容力のある大人であります。
まさにスーパー彼氏(笑)
そんな男にあれよあれよと抱かれてしまい、今に至るわけだから流されてしまったと思ってしまうのは分からないでもないような。
京悟ほどではないでも、和紀だって顔良し頭良し仕事ができるという勝ち組だったわけですよ。
女性に不自由したことはないし、別に今まで男とどうこうなろうと思ったこともない。
そんな自分が…。
確かに、全てを認めるのは男の矜持が許さないかもしれない…。
そんななか、患者の男に告白され…。
もうちょっとグラグラするのかなあ〜と思っていましたが、己の気持ちを確信するための当て馬に過ぎませんでした。
年下ワンコで素直でかわいいし、甘ちゃんのようで、プロのサッカー選手という実力社会に身を置いている分、根性があるところもあったりとポイント高いといえば高いのですが、スーパー彼氏の京悟さんの敵ではなかった。
君はさっさと新しい恋を見つけたほうがいいと思うよ。
ちょっと、ちょっかい出しただけで意地悪されているのだから、本格的ライバルになろうとしたら完膚なきまでに叩きのめされると思うよ…。悪いことはいわん、あきらめろ!!
しかし、和紀はその京悟のその焼きもちぶりをみて自分の気持ちに素直になったときたのだからなあ…。
結局、男の矜持じゃないけれど、自分だけが振り回されているような気がして素直になれなかったのだろうな。
実は京悟も焼きもちを妬いたりする普通の男だと分かって気持ちに余裕ができ、自分の気持ちに向き合うことができたといいますか。
今までの恋愛では自分が主導権を握っていたのに、今回は相手に握られ振り回されてばかりということで、気持ちが追い付かなかったってことですかね?
要領のいい恋愛ハンター京悟さん、気持ちが追い付かないうちにさっさと関係を進めたのが仇になったか?
まあ、言葉にされなくても和紀の気持ちは分かっていたとは思うけれどな(笑)

だけど、タイトルに『主治医』とあるので、ちょっと心配はしました。
えっ?医者同士なのに?医者×患者とかでないのに…って。
あとがきでなっとくしました。京悟は和紀のブラコン病の主治医だったのね。
納得、納得♪
あと、前巻の感想では和紀が受けだとは思わなかったというようなことを書きましたが、今回は紛うことなく受けでございました。
なんで、弟編では攻めだと思ったのだろう〜?
2009.12.10 Thursday 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「このBLがやばい!2010年腐女子版」 | main | 『ROMES』最終回 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:54 | - | - |