<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「最果ての空」著者:英田サキ イラスト:奈良千春

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
警視庁公安部外事第一課第四係の刑事であり、ウラに属する江波郁彦は、ある日、秘匿追尾していた男に尾行を見破られるという失敗をおかしてしまう。そしてその日、上司に呼び出された江波は、そこで警視正、篠塚英之からある事件の班員に指名される。篠塚は若くして公安部部長に次ぐ地位にあり、一見穏和だが常に冷静で、なにを考えているのかわからない男だ。江波はある事実から篠塚に反抗にも似た感情を持っており……!? 事件にはできない事件を追う、男たちの静かな闘いの物語!

ついに真打ち登場!!
篠塚兄さんの話ですよ!!
しかし、今年、英田さん3冊しか本だしてなかったのか。
なんか、出版社販促品の小冊子とかで作品読んでいたから、そんな感じがしなかったよ。


web拍手

まずは私信。
Mちゃん、いつでも良いといいましたが、なるべく早く『エス』と『デコイ』の計6冊を返して下さい。
以上!

この作品を読んだあと、『エス』シリーズを読み返したくなったが、Mちゃんに貸したので手元にありません…。
タイミングが悪かったな。

さて、篠塚兄さんの話です。
話は話であって、恋愛話ではございません。
英田さんが「篠塚はホモじゃない」と榎田さんとの対談かなにかでいっておりましたので、あまり期待はできないかなあ〜と思ってはいましたが、ゲイでなくてもなんらかの拍子で男と関係を持つことはあるだろうし、BL界の常套句(最近はあまり聞かないが)
「オレはホモじゃない!たまたま好きになったやつが男だっただけだ!」
っていうこともあるからな。
しかし、篠塚さんはそんなこともなく、部下の男に言い寄られたって、誠実でなおかつ相手に隙を与えずお断りできておりました。
残念といえば残念ではありますが、寂しさを感じながらもそれを埋めるだけのために流されることのない篠塚はとても篠塚らしくあります。
少しは恋愛を期待したが、そうなると陳腐な展開になりかねなかったので、結果的には良かったのだろう。
きっと、篠塚兄さんは今後もこんな感じの人生を歩んでいくのだろうな。
『デコイ』を読んだあと、篠塚が気の毒に思え、彼を幸せにして!と思ったけれど、それは私の思い上がり以外の何ものでもなかったようだ。
それこそ、本人は望んでいないのに見合い話を持ってくる上司のようなものだった。
篠塚の人生は篠塚のものであるのだろうから。
寂しさを感じながらもそう生きていくことを選んだのは彼自身であるから。
寂しさを認めることができるのもまた強さであるかと思います。

しかし、公安刑事が主人公の割には淡々とした話だったなあ〜。
『エス』や『デコイ』で感じた緊張感はあまり感じなかったな。
かといって、だらけたわけではない。
篠塚の話らしいといえばらしいのだろう。
しかし、諜報ものが好きな人間には少々肩すかしではあったな。
でも、総合的には満足しておりますよ。
『エス』シリーズの完結というのは寂しいが、椎葉や宗近のその後が垣間見れたのは楽しかったです。

2009.12.11 Friday 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 『ROMES』最終回 | main | 「王子とダイヤモンド」著者:愁堂れな イラスト:山田ユギ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:35 | - | - |