<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「この聖なる束縛に―サン・カルチェラート」著者:華藤えれな イラスト:実相寺紫子

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
あの男を愛したこと──それが私の永遠の罪
もう消えてしまいたい──ローマで神父になるため学んでいた透真は、性的な虐めが横行する神学校に絶望していた。そんな時、偶然出逢った一人の刑事。「私なら逃げない」そう言う彼の強さに透真はどうしようもなく惹かれ、神への背徳だと知りながらも愛を教えられ淫らな逢瀬を重ねていく。だが突然マフィアの抗争に巻き込まれ、ようやく気付く……すべては彼の罠だったと。彼は刑事ではなく、組織の人間なのか!? 複雑に絡み合う愛憎の鎖に囚われた二人の運命は ──。

新レーベル、ルナノベルズのもう1冊。
うーむ、レーベルのコンセプトがわからん…。あまりにも愁堂さんのアラブと方向性が違うような〜。
とりあえず、創刊記念に人気作家を揃えたってことか?


web拍手

華藤さんの作品がいろいろな出版社から出るのはいいのですが、正直云って華藤さんでもなくてもいいのでは?って思う作品もあったり〜。
実際に読んではいないから文句を云う筋合いもないのかもしれないけれど、あらすじとか読む限り読みたいとさえ思えなかったりするんだよね〜。
また、あまり好みでないレーベルから出るとさあ…。

さて、新レーベルからの華藤さんの作品。
新レーベル故にレーベルへの期待感はなし。
あらすじとイラストで判断。
あらすじを読む限りは華藤さんらしいドラマチックな物語のようだし、イラストの実相寺さんは華があって、華藤さんの作品のイメージに合うかと思える…。
他に読む本もないし…と購入。

華藤さんらしいドラマチックで愛と憎しみが交差する作品でした。
ここまでやるかと思うくらい昼ドラ並の愛憎劇。
外国が舞台のためかドラマチックで運命的な2人の出会い。
華藤さんらしい作品でした。
攻めが外国人だというのもそう思わせる要因かな。
だけど、移植云々はどうだったかな?
読んでいる途中で移植はあるのかなあとは思っていました。
しかし、そのため、攻めは死ぬのだろうと思ってましたよ。
どちらがいいかは分かりませんが〜。
あと、マフィアも好きなんだねえと思ったり。
各国のマフィアですが。
アルゼンチンよりはイタリアのマフィアのほうがピンとくる。
やっぱり『ゴッドファーザー』のせいかね?マフィアといえばシチリアって思うよ。
2009.12.15 Tuesday 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「不埒なスペクトル」著者:崎谷はるひ イラスト:タカツキノボル | main | 「やすらかな夜のための寓話」著者:崎谷はるひ イラスト:蓮川愛 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:44 | - | - |