<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「LOOP」著者:木原音瀬 イラスト:藤田貴美

今年読んだ本の感想は今年のうちにと思って、この本を取り上げたのですが、木原作品というのは物凄く感想が書きにくい…。
今までも感想とはいいがたい文章を書きちらしてきたが(個人的には、感想ではないが、その本に関連していることを書いているつもりです。他人からみたら関連性を感じなくても…)、そういう文章すら書きづらい。
それこそ、読んだ直後のテンションが高い状態でないと無理なのかもしれない…。

LOOP
LOOP
木原 音瀬

【あらすじ】
洲脇は宮澤という、前世の自分と共存していた。宮澤は昔愛した女の生まれ変わりの男と再会し、心を通じ合あわせたいと言い出し_。

拍手する

確か、この作品は私の読んだ木原作品の7冊目に当たるかと。
『COLDシリーズ』、『Don't worry mama』、『脱がない男』を読んだ次だと記憶している。
まあ、それまで読んだ作品もそれなりに驚きを感じたけど、この作品の衝撃といったら〜。
とにかく、とにかく凄い衝撃を受けた覚えが…。当時の感想はよく覚えていない。とにかく【衝撃】の一言しかない。
無理矢理、友達に「とにかく読め!!」と押し付けたり…。(その友達は、同じように『リベット』を押し付けられた。それこそ、レポート3枚以上提出しろ!!と命令しかねない勢いで…。ごめんね。友よ…。)

でも、時間がたって、よくよく考えたら、トンデモ設定のトンデモ話といってもおかしくないのよね…。
前世の自分と共存!?二重人格でなくて?なんて思えないこともないような…。現にあらすじ読んだ時、そう思った…。
前世とか、生まれかわりとか、輪廻転生とかいう設定は大好きである。
三島由紀夫の『豊饒の海 四部作』は人生もっともはまった本かもしれないぐらい…。
だけどね、普通は前世ものって、前世で結ばれなかった二人が今生で結ばれるまでの話が定番ってものなのに、恋人同士でなく、友人の恋人に横恋慕したあげく、拉致監禁した男が、今生で生まれ変わりを見つけ、またストーカーしているわけで…。
これがトンデモ話でなかったら、何なんだ!?って感じですよ。
ところが、そんなことを思いもせず、痛い話だとは思ってものめり込ませるって…。
やはり、これって木原さんの力量故でしょうね。
しかし、この本が『LOOP』のみの掲載だったら、やはりきつかったと思う…。
『eternal』と『F』が掲載されているからこそ救われる。
何回もこの本を読み返しているように思っていたが、よくよく考えたら、『eternal』と『F』ばかり読み返していた。
『LOOP』は部分的にしか読み直していなかった。
『eternal』は閉じられた世界だとはいえ、自分達の関係に納得がいった二人が見れたことにホッとしたし(でも、やはり閉じられた世界だとは思う)『F』に関しては、こういう恋愛にはならなかったけど…という青春の1ページみたいな話はとても好きだったりする。
文庫版に『F』が加えられて、個人的には良かったと思った。
2006.12.13 Wednesday 22:32 | comments(2) | trackbacks(1) | 
<< 「SEX PISTOLS」5巻 著者:寿たらこ | main | カタログを買う >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:32 | - | - | 
miku (2006/12/14 12:42 AM)
おお!
私もですね、今日やっと読破し、レビューあげたばかりだったんですよ!そしたらbpに同じ「Loop」が!そしたらはーこさんでした!びっくりしました!

私はですね〜、新書しか入手できなくて、文庫も探してはいるのですが、やはりなくて〜(^^;文庫は更に書き下ろしが入ってたから文庫欲しかったんですが〜!付け加えられてよかったという「F」読みたいです!地道に探します。

しかし、すごいストーリーですよね。それでも引き込まれるように読ませる木原さんがすごいです。
はーこ (2006/12/14 1:21 AM)
mikuさん、こんばんは♪
おお!奇遇ですね!!
まあ、私が読んだのは4月頃だったと〜(5月末に引っ越しをしたけど、その前に読んだ記憶があるので…)
文庫版って絶版になっているのですかね?私、古本屋でなくジュンク堂で買ったのですけど〜。自分が買った後もジュンク堂で普通に見かけました。今もあるのかはわかりませんが…。
有田兄編の『恋愛時間』は探しまくりましたが〜。
しかし、凄い話ですよね。また文庫版の帯のコピーが『お前が死ぬ時、一緒に殺して』ですよ。
無理矢理押し付けた友人の感想が「怖い話」でした。
そういう感想を持つ人がいることに納得もしますね。









Loop 木原音瀬
Loop木原 音瀬 (1999/03)オークラ出版 この商品の詳細を見る 年内に木原さんを制覇しようと、木原さん祭り中。 今回は「Loop」を読破!文庫版が手に入らず新書版です(−−;しょうがない・・・。 ストーカーのすごい
| BL本の日記 | 2006/12/15 1:43 AM |