<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「優雅な彼と野蛮な僕」著者:神奈木智 イラスト:日高ショーコ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
出張ホストクラブNo.1のトヲルは、初めての「男」の客・神原と寝てから仕事のできない身体になり、神原の元で暮らし始めるが!?


多分、余程好み外のイラストでない限り、あらすじ読んだ段階で購入したのではないかなあ〜とは思うのですが、日高さんのイラストが購入理由の大半を占めたのは事実です。
少しずつ、イラストのお仕事も増えたような気がする。
漫画の仕事の方が嬉しいが、これはこれでいいよね♪


web拍手


面白いことは面白かったのだが、いろいろと展開に無理があるというか、展開早すぎ!!って思うような〜。

出張ホストのトヲルは男の客神原と関係を持ってから、他の客とそういうことができなくなり、責任とれと神原の家に押し掛けて同居することになるわけなんですが…。
読んでいるこちらとしては、たった1回の逢瀬で今まで何百人との客と関係をもっていたトヲルがそういう事態に陥ることにイマイチ納得できないというか〜。
女性客とは何百人と関係をもったけれど、男は神原が初めて。
抱く立場から抱かれる立場。
金のためと引き受けたとはいえ、アイデンティティ崩壊といってもいい出来事だとは思う。
今まで知らなかった快感を得たのも事実だろう。
また、とても大事に扱ってもらったのも本当だろう。
でもさあ、まだホストになったばかりならともかく、3年も商売していた男がたった1回でそうなるというのは、私はイマイチ納得できない。
何回か、デートして…っていうなら分かるのだけどなあ〜。

まあ、ただトヲルはホスト歴は3年だけど、未成年だからなあ〜。
家庭環境ゆえに大人にならざるえなかったというか…。
甘える相手がいなかったのだろうな。
社長や沙英に可愛がってはもらっていたのだろう。
でも、損得勘定なしで無条件に甘やかされるというのは経験したことなかったのだろう。
社長は別に損とか得とか関係なく、トヲルのことを可愛いとは思っていたのだろうが、トヲルが雇用者と雇用主と線をひいていたのではないかなあ〜。
だから、優しくされたことが相当嬉しかったのだと思う。
今までなかった経験だから心はその気持ちに気が付かなかったけど、身体の方は正直だったってことかな?
そういうことにしておこう。
個人的にはそれでも腑に落ちないのだけれど〜。

だけど、タイトルによるとトヲルは「野蛮」らしいけど、読んでいてそういう印象はなかったなあ〜。
実に子どもらしい傲慢さというか、単に虚勢を張って粋がっているだけのような〜。
19歳なら、言葉づかいが照れ隠しからぶっきらぼうになっても当然なんじゃない?
そういうところが可愛らしいというか〜。
神原も何度もそう思ったようだ。
職場では「プチ王子」と呼ばれていたようだが、まさにそう。
「王子」と呼ばれるには未熟というか、青いというか、可愛いというか〜。
なんだか、感想書いていて、物凄く自分がおばさん視点でトヲルのことを語っているような気がする。
世間ではワイルドとか云われている某ジャ○タレN瀬くんのことを「世界で一番カワイイ生き物(男ではなく、「生き物」)」と10年くらい前から云ってるからなあ〜。
感覚がほかの人と違うのかもしれない。

でも、2人が幸せになって良かったって本当に思っています。
そして、やっぱり日高さんのイラストが良かったなと思います。
2010.02.18 Thursday 21:56 | comments(2) | trackbacks(1) | 
<< 「レジーデージー」著者:月村奎 イラスト:依田沙江美 | main | 「雀荘恋愛事情」著者:中原一也 イラスト:宮本佳野 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 21:56 | - | - | 
まるあ (2010/02/21 9:58 PM)
はーこさん、こんばんは♪
確かに…いきなり恋に落ちて、その後切ない展開延々と(でもNo.1だというプライドと、一人でやってきたという自信?から…結構大きく出てるとこもあったけど)に、とまどいつつもうるうるしてました。
社長と神原の作戦に…大人って!(-"-;)と思いつつ、間接キスを見事にスルーした著者(読者も何も言わないし・笑)に驚いた…。
はーこ (2010/02/22 10:51 PM)
まるあさん、こんばんは〜。

やっぱり展開が急すぎると思います?
いや、それでも切ない展開にきゅんとしてしまいました。
どうせなら、神原視点の話も読みたかったなあ。
いい年した大人が、未成年の同性を惚れさせるつもりが惚れてしまい戸惑うというのが読みたかったも。
あと、社長と沙英も気になります。

コメント&TBありがとうございました♪









『優雅な彼と野蛮な僕』神奈木智/日高ショーコ
凄く久しぶりの更新で、本当にすみませぬ〜(滝汗)。 その割にアクセス数が今月になって増えたのは、読書メーターやツ ィ ッ タ ーから来て下さってるのでは…と考えているのですが。 各々での私のコメントや呟きを読まれていれば、多少なりとも(暇潰しのお手伝いが出
| 仮タイトルって事で(笑) | 2010/02/21 10:00 PM |