<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

過保護すぎるのはフィクションだからいいのです…。

[ その他 ]
昨日は2年に一度の診療報酬改定、薬価改定の告示…。
もう、残業するのが決定です。
ここ1週間準備してはいるのだけど、いろいろと大変です。
そんななかとある出来事。


web拍手


19時前に一本の電話が…。
「あの、今日、○○ホテルでそちらのセミナーがあったかと思うのですが」
確かに、午後に別会場で大学3年生を対象とした就職のセミナーがありました。
なんだろ?参加できなかったから、次回はいつですか?ってことかしら。それとも忘れ物?なんて思ったら…。
「そちらに参加したはずの子どもがまだ帰ってこないのですが、いつまでやっているのでしょうか?」
はあ?まだ19時にもなっていないのですが…。
とりあえず、参加した支店長に何時までやったか確認。
「15時半頃に終了したとのことです。少なくとも16時には会場をでられたかと思われますが」
と返事したところ。
「うちの子どもはそちらに行ったのでしょうか?」
とか聞くから、セミナーのあとに会社の方に寄ったのかとかいうことかと思ったら、セミナー自体参加したかどうかってことらしい。
そりゃあ、セミナーの前に何かがあったのか、後に何かがあったかどうか重要かもしれないが〜。
「お子さんのお名前をお伺いしてよろしいですか?」
と聞いたところ、返事に驚く。

息子かよ!!

てっきり、娘かと思っていたよ。
娘でもどうかと思うが〜。
しかし、参加したひとたちに聞いてもわからない。
受付の名簿は本社の人事課の課長が持って大阪へ帰っていった。
「申し訳ありません。本社のものが名簿を持って帰ったため、今の段階では確認がとれませんが〜」
といったら、それこそ本社に電話をかけそうな雰囲気…。
まあ、とくに電話番号を聞かれはしなかったが…。
とりあえず、電話終了。

でも、もう、みんなで驚いたよ。
だって、福岡ではなく熊本、しかも鹿児島よりの地区から来たみたいなんだよ。
その最寄りの駅やバス停から家がどれだけ近いのか知らないが、少なくとも2時間はかかるような場所なんですよ。
で、その親は息子から13時から16時にあるっていうのも聞いているのだよ。
じゃあ、そのあとまっすぐ帰っても18時に。
列車に乗り損なったら19時くらいになってもおかしくないだろう…。
もしかすると、大事な用事があって一刻も早く連絡がとりたいとかあるかもしれないよ。
でも、携帯がつながらなかったら、普通は列車のなかでつながらないのかしら?とか思わないか?
そりゃあ、日付けが変わったのに帰ってこない、連絡とれないとかならともかく…。
すでに勤めている会社ならともかく、単にセミナーを受けた会社に電話をする親…。
悪いけど、どんなに本人が優秀な成績をセミナーで行った適性テストで残したとしてもうちの会社とは御縁がなかったことになると思う…。
まだ、名前をきかなければね…。
でも、向こうが子どもが本当に参加しているかどうか?なんて聞いてきたから、名前きいたわけで。
「15時半に終了しました」「ああ、そうですか」で終わっていたら、名前なんか尋ねなかったよ。

で、10分後くらいに「連絡とれました」と再び電話をいただきました。
わざわざご丁寧にありがとうございます。
でも、どう考えても息子の就職活動に足を引っ張ったよなあ…。

まあさあ、BLでも超過保護な家族をもつ受け(大抵、年の離れた兄とかが過保護)とか、この前読んだこの話は主人公が幼い頃に酷いことがあったため、母親が神経質に構うとか設定がありましたが…。
実際に、その電話のかたの家にもいろいろあるのかもしれないけれど、24歳の息子(大学院生だったので21歳とかではなかった。いや、21歳でも退くが…)が19時になろうとしているのに(まだ、なっていないんだよ。電話の時計見たら18時54分だったもの)帰ってこないと騒ぐ母親がいたらさあ〜。
まだ、セミナーが午前中ならともかく…。帰宅予定より1時間ほどたっても帰ってこないとかで、いちいち心配して問い合わせっていうのはなあ…。

少なくともMRになったら、そんな時刻に帰れないことばかりよ。
それでそのたびに会社に電話かけられたら、うちの会社だけでなくどこの会社も困るだろう。
その大学院生は母親とよく話し合い、お互いに自立するようにしないと駄目だと思う。
ブラコンの兄とかに萌えるのは、あくまでもフィクションだからだよなあ〜。と思った出来事でした。
っていうか、程度をこえている。
本当にどこぞの深窓の令嬢かと思ったよ。
2010.03.06 Saturday 12:35 | comments(2) | - | 
<< 「NATURAL DOGGY’S DIARY」「なちゅらるどぎぃずだいありぃPetit」著者:寿たらこ | main | つぃったーみたいなもの >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 12:35 | - | - | 
namazz (2010/03/06 8:16 PM)
はーこさん、こんばんは。

この記事にコメントを書き込むっていうのも
なんか失礼な様な気がしたのですが・・・。
私としては凄く興味深く読ませて頂いたので、つい。
噂には聞いていましたが、面接に同行するとか
入社式に付き添うとか、いるんですねぇ。
うちにも18の息子がいますが、学校に行くと言って旅に出たり、センターの日に残念会と称して御前様だったりするバカなので、それくらい心配してやったらもう少し違う子に育っていたかもなぁなどと
読ませて頂きながら、ちょっと反省してみました。
はーこ (2010/03/08 11:45 PM)
namazzさん、こんばんは♪

親にとってはいくつになろうと子どもは子どもなんでしょうが、少なくと社会人になろうとしているのなら…。
まだ、福岡まで一緒に来なかっただけマシなんですかね?
そういう親がいるとは噂で聞いてはいましたが、実際にそういう親に自分が対応することになろうとは思いもよらなかったので、ただただ驚くばかりでした。
こんな記事にコメントありがとうございました。