<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「桃色トワイライト」著者:三浦しをん

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
「もはや笑いの神に見込まれているとしか思えない。」――岸本佐知子。若き作家は、今日も常軌を逸脱中。爆笑の大人気エッセイシリーズ!

生まれて初めての合コンで『新選組!』を語る、クリスマスイブに実家でイモの天ぷらを食す、非常にモテる男友だちの失恋話に相槌を打つ――思わず自分でツッコミを入れてしまう微妙さに懊悩しつつ、それでもなぜか追求してしまう残念な感じ。異様にキャラ立ちした家族や友人に囲まれ、若き作家は今日もいろいろ常軌を逸脱中。爆笑と共感がこみ上げる、大人気エッセイシリーズ!

単行本は読んでいるが、このころまでは図書館で借りて読んでいたのでね。
ネタ的には古いのだが、笑えるところは変わらない。


web拍手

個人的な意見だとは思うけれど、この作品が三浦しをんさんの日常エッセイでの最高傑作だと思う。
このあとに2冊ほどエッセイ本が出ているが、どうもキレが悪いというか〜。
たしか、このブログでもそのような感想を述べているかと思う。

まあ、正直いって仕方がないのかもしれない。
この本に掲載されているオンラインエッセイの連載中にしをんさんは『直木賞作家』になったのだと思う。
それとも、これのあと?
いや、まあとにかく、やはり名誉ある賞を受賞すると環境が変わるんだなあ〜と思ったよ。
いろいろとお仕事が増えたのだと思う。
それこそ、小説の方のお仕事が。
ファンとしては喜ばしいことだとは思うけれど、それでオンラインエッセイの方がおざなりになったのは悲しい出来事としか言い様がないような〜。
毎週月曜アップが遅れ、しまいには休載になってしまったわけで。
休む前もね〜。
なんていうか、記事にキレがないというか、こなれていないというか…。
いや、十分笑わせていただきましたが、この本ほどの破壊力はなかったなあ〜。
今後、単発で書くエッセイならこなれているかもしれないけれど、多分毎週連載でこのレベルを保つのは無理だろうなあ〜。
ブログだって、2か月くらい更新なしがあるしね。
まあ、小説家のお仕事が増えるのはいいことなんだろうけど、

さて、この本には私がしをんさんのエッセイで一番共感できた『物陰カフェ』のことが載っている。
カッコいい男性同士が妖しい雰囲気をかもし出し、客はそれを『物陰』からこっそり見て楽しむというものであります。
このエッセイはオンラインでタイムリーに読んだんだけど、もう「目から鱗がおちる」っていうのはこういうことをいうのかって思うくらい感嘆したね。
もう、なんて素晴らしいアイデアなんだと拍手喝采!!
さっそく、このネタを友人Mちゃんに語ったが、Mちゃんには「それって、楽しい?」と云われ、まったく賛同を得なかった。
それから数年後、なぜか同人活動の世界に足を踏み込んだまるさんと池袋にいったとき、やつは「執事カフェ」にいってみたいというから、「執事にあれこれされるのではなく、主人にあれこれをする執事を物陰でみるのがいいんだ」と訴えたが、やはり、分かってもらえなかった。
唯一、わかってくれたのは、かつての相方のNさんだった。
そうだよね。
自分のことは自分でするから、あなたは御主人様の世話を思う存分やいてくださいって気分だよね。
うーむ、やはり、そう思うのは少数派なんですかね?
2010.03.12 Friday 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「たまには恋でも」著者:渡海奈穂 イラスト:佐倉ハイジ | main | 「東京都青少年健全育成条例」反対集会開催 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:48 | - | - |