<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「オン ザ クワイエット」著者:天禅桃子

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
冬の寒い日──。大学生の航が、鍵を忘れてアパートの部屋に入れないでいると、隣に住む白石が自室に招いてくれる。……が!!! その部屋は足の踏み場もないほど汚れていて、マジメでおとなしそうな見かけとのギャップに驚く航。それでも話すうち、照れ屋で飾らない白石に、じわじわっとトキメキを覚えて ───。今どき大学生&真面目サラリーマンの、スウィート・ラブバラードv


実は、天禅さんの作品って、drap以外から出ているの読んだことないんですよね〜。
って思っていたが、調べたら大洋さんとかからも出ていたよ。
で、読んでいるよ。
ただ、なんとなく、drapの印象が強いのだよね〜


web拍手

短編集です。
3つのカップルが出ていますし、表題作以外の後半の2つのカップルはリンクしております。

最近の作品が1冊1カップルという傾向があったためかもしれませんが、どうも物足りない。
なんとなく、時間切れっていう印象が〜。
リンクしていた2つの作品の高校生どもはいいのですが、表題作である大学生×社会人の隣人ものがね〜。
本当に短すぎた印象が強いのです。
残りわずかになったからということで、想いを通じ合い、怒濤のエッチに突入って感じがしてならないのですよ。
もうちょっと、誤解のすれ違いがあって良かったのではないかなあ〜。
多分、drapの作品だったら、あと2話、少なくとも1話は話が続いていたと思う。
いつもは描かれない雑誌だからゆえか、雑誌の方針なのか…。
あと、1話描かせてもらえたら、ちょっと違ったのではないかなあ〜。
受けのエロすぎるところとかが、ちょっと唐突すぎでした。
いや、面白かったのだけどね〜。
個人的にはコミック描き下ろし後日談は、表題作でいってほしかったのだけどね。
作者の思い入れの差か?
2010.03.16 Tuesday 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「高遠さん家の困った事情~世話やきな兄のかわしかた~ 」著者:志野夏穂 | main | 「妖奇庵夜話 その探偵、人にあらず」著者:榎田ユウリ イラスト:やまねあやの >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:30 | - | - |