<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「不道徳な闇」著者:松田美優 イラスト:実相寺紫子

『赤い呪縛』でデビューした松田美優さんの新刊です。
『赤い呪縛』、『自己破壊願望』、そしてこの作品と全ての作品を読んでいるのですが、実は、全てイラスト買いによるものです。
BL小説としては…。
好みの問題が大きいとは思いますが、今回は辛口でいきます。

不道徳な闇
不道徳な闇
松田美優

【あらすじ】
「…俺、いくら寂しくてもあんたにだけは縋らない」
ある放課後、高校生の椎名巡は駅のトイレで数学教師の笹川に身体を奪われた。普段は薄汚れた白衣と教師の仮面で世間を欺いている笹川だが、その実、欲しいものを手に入れるためならどんなことも厭わない男だ。愛情に餓え、プライドの高さゆえに弱みをさらけだせない椎名を、笹川は甘い言葉と快楽の技を駆使して追いつめていく。情欲に縛られる椎名。激しい独占欲を持つ笹川。深く、背徳的な恋の闇に落ちていくふたりだが…!?

え〜、『赤い呪縛』が絶賛されていたみたいですが、私はイマイチのれなかったというか…。途中までは良かったのですが、最後の最後で失速したというか、興ざめしたというか…。
ハッピーエンドと云い難かったからっていうのが、理由ではないと思います。そんな男同士の恋愛、しかも近親相姦に明るい未来がそうそうあるわけないですから…。
だから、そういうわけでなく、最後の最後で放り投げ出された気分にされたんですよね。自分の感情が置いてきぼりにされた気分にラストなったんですよね…。
『自己破壊願望』もラストの方で失速。なんですか?松田さんの好きなオラオラ系攻が後半ヘタレっていうか、受に対して急に弱気になったりするから、興ざめするっていうか…。
好みの問題が大きいとは思います。
別にそういう展開が嫌いなわけではないです。実は好きな展開かも。
でも、松田さんの作品は、なんか唐突すぎる印象が強いのですよ…。
まあ、挿絵と懐具合によっては購入の作家さんだったりします。

で、前置きが長くなりましたが、今回の作品…。
正直云いまして、最後どころか結構早い段階で置いてきぼりをくらった気分です…。
受の心の変化についていけなかったです…。あんなことされた次の日にあそこまで攻に好意を持つようになるか?もうちょっと、色々葛藤してもいいのでは?
攻も受が年上女と逢っていたのを目撃したぐらいで逆切れして強姦するくらい受のことを以前から好きだったとは思えないし…。
それに、ラストがヘタレ過ぎ。
人間、色々な面があるものだとは思ってます。オラオラな所もヘタレな所もあるとは思いますが、あの変貌ぶりは別人ですよ。
本当に置いてきぼりっていうか、ラストもなあ…。
閉ざされた世界で愛に生きるのも一つの選択とは思いますが、あれって物語として終わっていないのでは!?
で、あとがき読んで思ったのですが、松田さんは脇役に愛を注がないらしいです。
だからかな〜、主人公2人だけで急速に物語を集結させようとするから、こういう感想を抱かせるのではないのでしょうか?
『赤い呪縛』では長男とか攻の彼女とか最後の方はどうでもいいという扱いを受けた印象が強いし、『自己破壊願望』でも脇役が最後でないがしろにされた印象が強いです。
で、今回は担任の仲原と母親。
母親が受を蔑ろにしていた理由は置いといて、それを自分の非だと思える受がわからない…。そこまで受は自分の容姿に対して傲慢な態度をとっていたとは思わないのですが〜。
そりゃあ、すべての子供を同じように愛せないのはわかるので、蔑ろにしていた理由はわからないでもないのですが、担任への告白に対しては興ざめ。っていうか、演技なんだろうと思っていたし…。本当に反省していたようで驚きましたよ。
どうしても家族問題のほうを片付けるために、無理矢理そういう展開をさせたとしか…。
読解力の問題ですか?
まあ、かなり辛口でしたが、今回は別にして今までの作品の設定等は好みだったりするので、今後に期待してはいます。
2006.12.19 Tuesday 20:52 | comments(6) | trackbacks(1) | 
<< 「恋愛映画の作り方」著者:いおかいつき イラスト:高久尚子 | main | 「チェーザレ」1〜2巻 著者:惣領冬実 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 20:52 | - | - | 
kitiqoya-z (2006/12/20 1:39 AM)
はじめまして。
JUGEMのカテゴリー検索から飛んできました。

ワタクシもこの本を読んで同じ感想を持ちました。
突然変異とでも言いましょうかなんと言いましょうか、読了後に残念感に支配されました。
ワタクシは前作、前々作は大目に見ようと思い、今回は期待してしまっていたためかなりショックでした。
同じ感想を持った方に出逢えてホッとしました。
tatsuki (2006/12/20 8:46 PM)
こんばんは、はーこさん。
私も先日2回もこの本を読んでしまいましたよ。
はーこさんの洞察力の深い感想を、興味深く読ませて頂きました。

松田美優さんはどうも展開を端折る癖のある作家さんのように思えます。
だから読者は必死で行間を読み込まなくてはならないのかも…。
とはいえ私、実はこの作品も前作も基本的には割と好きな作風なんですよね。
(前々作は個人的地雷の兄弟ネタゆえ今のところ未読ですが…)
ただ、読んでいると何故かとても疲れます…。
しかも、今回のストーリーは結局何だったのか分からずじまい(苦笑)。
絶対的に読解力の足りていない私には完全にお手上げ状態の作品でした。

故に、一応私も感想書いてみたのですが、見事に他の方と論点から違ってます。
かなり恥ずかしいので、こちらはTB見合わせますね。

その代わり、チェーザレのTB頂戴しますね。
よろしくお願いします。
はーこ (2006/12/20 10:14 PM)
kitiqoya-zさん、こんばんは&はじめまして♪
コメントありがとうございます。
今回、辛口感想だったので、同意見の方にコメントをいただくとホッとします(笑)
なんか、本当に残念な作品としか云いようがないような…。料理の仕方次第では美味しい作品になったはずなのに…。
今年デビューの方なので、今後に期待したいとは思っています。

また、よかったら遊びにきてください♪
はーこ (2006/12/20 10:21 PM)
tatsukiさん、こんばんは♪
確かに、松田さんは途中を端折ると云うか〜。私は完全に置いてきぼりでしたよ。
特にこの作品は、私も何回も読み直したと云うか…。読んでいる途中で、「えっ!?いつの間にこんなことに?」と思い、前の方を読み直したりしました。
設定等が好みなだけに、余計に読了後に残念な気分になるのですよね〜。
もうちょっと、途中経過と云うか、心の機微を書いて欲しいと云うか…。
っていうか、読解力のない人にも分かるように!!っていうのが本音です。
にゃんこ (2006/12/21 2:54 PM)
はーこさん、こんにちは。

早速お邪魔させて頂きました〜。
私もかなり辛口だったので、同じ意見の方に出会ってホッとしました。
自分の記事をあげた後、Amazonのレビューを見てヤバイと思ってたので(苦笑)
もちろん、好みはヒトそれぞれなので、面白いと思った方の意見を否定するわけではありませんが。

>松田さんの好きなオラオラ系攻が後半ヘタレっていうか、受に対して急に弱気になったりするから、興ざめするっていうか…。
すっごく同感です。既刊3作品ともコレでしたよね。
突然甘い言葉を言い出したりするので、ホント戸惑います。
そして、それを含めて
>最後どころか結構早い段階で置いてきぼりをくらった気分です…。
そうなんですよね。毎回見失ってしまいます。
なんでしょうね、もう根本的に考え方が違っている気が…。
それに加えて、脇の中途半端さが、今回は特に酷かったように思いました。

あぁ、ここでもまた辛口になってしまいましたが…。
設定も悪くないし、暗い方向性も好きなので、もう少しじっくり全体の構成を練って欲しいですね。

TBさせていただきました。
これからもお邪魔させて頂きます!
それではまた。
はーこ (2006/12/21 11:52 PM)
にゃんこさん、こんばんは♪
早速、覗きに来て下さって、ありがとうございます。
アマゾンのレビューは私も見ましたよ。同じ作品でも色々な意見があるものですね。好みの問題なんでしょう。
作家の先生方もご自分の作品をつまらないとは思っていないでしょうし…。
でも、本当にこの作品は松田センセイの萠についていけなく、置いてきぼりです。
きっと、最後までついていけた方には美味しい作品なんでしょうね。

TBもありがとうございました。
まだ、遊びにいらしてください♪









不道徳な闇
不道徳な闇松田美優 実相寺紫子 大洋図書 2006-12-18売り上げランキング : 584Amazonで詳しく見る by G-Tools うーむ…。私、松田先生と相性悪いかも。 今回かなり辛口です。 その辺ご理解していただける方のみどうぞ。
| にゃんこのBL徒然日記 | 2006/12/21 2:40 PM |