<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「50×50」著者:国枝彩香

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
イケメンリーマン・東野と川西は、高校時代から「モテ」を競い合ってきた腐れ縁。同時に失恋しヤケ酒をあおった夜に、勢い余っていたしてしまい、さぁ大変!! 女好きの色男のはずが、男相手に欲情なんて…有り得ねぇ! なのに、女の子を口説いていても気になるのは、やっぱりアイツのことで…!? 攻同士の熱いラブバトル勃発v

2巻の表示がないけれど、続くのですよね〜。
今の段階だと愛が生まれているのか生まれていないのか〜。
情はあるのだろうけど、愛かどうかは分からないって印象なんだよね。


web拍手


攻×攻っていうよりも、

受×受っていうような気がする…(爆)

だって、こいつら振られたあとが酒呑んで愚痴云ってと、結構女々しいのだもの。
ヘタレっていうよりは女々しいのだもの〜。
まあ、受け同士でも、対場は対当ってことかい?

正直いうと、この作品って国枝さんの作品にしてはイマイチのような気がしてならない。
雑誌掲載のときから、然程印象に残っていないのだよね〜。
他の国枝作品がインパクト強すぎるっていうことかもしれないけれど。
そして、酔った勢いの延長戦である関係だから色気がないというか〜。
まあ、最後まではいってないようだし、ポジションも決まっていないってのもあるしね〜。
国枝センセイはわざと受け攻めが分からないカップルにしたようですが、そのために今までの国枝作品の受けが放っていた壮絶な色気がないんだよね〜。

そしてね、さらにハッキリ云うと、川西のルックスがどうも好みでない…。
いや、コレアレに出てきた登場人物よりはマシだと思うけれど…。いや、比べるのもどうかと思うけれどさあ〜。
でもね、川西って軽い男の印象が強すぎるんだよね〜。
かわいいところもあるけれどな。多分、シリアス顔のシーンが少なすぎるのがいけないのだと思う。くどいのは変わらないが。

と散々文句を云っておりますが、2巻が出たら買いますよ。
コメディ作品としたら面白いのですから。
この作品はあくまでも2人のおバカぶりとかを楽しみ、ときどきキュンとしてしまったりするのを満喫すればいいんじゃないかなあ〜。
いや、一定のレベルはあるのですよ。
国枝さんだから、いろいろ期待してしまうってことさ。
2010.05.14 Friday 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「恋愛操作3」著者:蓮川愛 | main | 「文藝別冊 萩尾望都 少女マンガ界の偉大なる母」 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:31 | - | - |