<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「執事は沈黙に恋をする」著者:古田アキラ 原作:神奈木智

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
有能な執事を亡くした顕正のもとに現れた中務。素性は謎だが先代執事の推薦だという中務に、顕正は惹かれ始め…!?

別の作品の感想を書こうと思っていたのだが、今日読んだこの作品にしてみました。
いや、一昨日、昨日に引き続き、神奈木祭りをしようかなあ〜と。
今回は原作ですけどね。


web拍手

Webマンガのコミック化。
無料なのに、Macユーザー故に読めなかった作品です。
前々回の感想でも述べましたが、神奈木さんは絶対購入ではないのですが、これはタイトルが秀逸。
気になってならなかったです。

BLとしては薄いです。
どちらかというとミステリー風味。
でも、あくまでも「風味」なんで、ミステリーが好きな人はあまりそこらへんは期待しないで。

長年屋敷に勤めていた執事の死。
そして、その執事の紹介状を持って突然現れた謎の青年。
人形めいた容姿の謎めいた彼は一体何者なのか?
そして、先代執事である上条との関係は…。
彼の行動の端々に見える上条の影…。

前々から思うのですが、日本に執事がいるようなところってどれだけあるんだ?
秘書とかでなく、執事だよ!!
明治とか大正なら家令とでもいうのか?
しかし、現在の日本ではいるのかどうか?
正直いって、非現実だよな〜。
いや、BL自体、現実的かどうかは置いといて〜。
でも、古田さんの絵柄だとそういう非現実の世界もありそうな気がする。
これは、小説でなくマンガだったのが良かったような気がする。
人形めいた青年が仮面を外し、人間らしさを見せている表情とかは良かったなあ〜。

しかし、この作品の真の主役は死んだ先代執事の上条だよね。
旦那様も新しい執事候補も彼の影に振り回されているというか…。
上条の秘めた想いを知りたいと願い、それ故に出会った二人といってもいいような気がする。
上条の想いを知りたいと思いながらも、謎のままにしたかったという願いをくんで、封印したことによって新たなる関係が生まれるのか?
自分の想いを沈黙したままの上条と違い、自分の秘密を打ち明けることが主人公たちにはできるのか?
全ては二度目の賭け次第。
まあ、どちらが勝っても結果は同じという悠斗の意見に賛成ですが。

しかし、ワタクシ執事は攻めかと思っていた。
いや、下克上が好きだから…。

あと、古田さんっていうか、亀井さんはイラストとマンガではペンネームを使い分けるのですかね?
2010.05.26 Wednesday 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「兄弟のお作法 」著者:神奈木智 イラスト:祭河ななを | main | 「もいちどあなたにあいたいな」著者:新井素子 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 23:20 | - | - |