<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「天国より野蛮」著者:かわい有美子 イラスト:織田涼歌

かわい 有美子
幻冬舎コミックス
¥ 898
(2010-05)

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
聖ギオルギルス神学校に通うセシル・オーウェンは、聖歌隊に所属するオッドアイのオスカー・ラムゼイに突然話しかけられ…。

幻冬舎のHPでのあらすじを読む限り、神学校を舞台にした禁断の愛の話だと思っておりました。
まあ、あながち間違いではないのだけど、想像以上にぶっ飛んだ設定でした…。
かわいさんってパブリックスクールとか神学校とか好きだよなあ〜と思っていたのだが、それ以上のものでした…。


web拍手


いきなり、翼なんかを背負った人が出たので驚いた…。
はっ?神につかえる身の上で禁断の愛に思い悩む話だったのではないの?ってのっけから驚かされる。
確かに神学校を舞台にしているのですが、攻めは堕天使で高位悪魔ときたもんだ!!
じゃあ、その悪魔が心清い受けによって悔い改める(悪魔でもそういう表現なのかどうか?)話なのかといったらそうでもない…。
だいたい、受けの神学生のセシル。
確かに清らかではあるのだけど、別にそれは何事にも執着というか期待しない生き方故というか。
場合によっては子どものうちにひどい目にあっていたかもしれない。
そして、神学生でいるのも信仰心故のものではなく、貧しい生い立ちのなか生きていくのに最良の方法だったから。
とにかく、そういう生い立ち故か大人しいというか生きる力が弱いというか…。
本来だったら、悪魔に魅入られることもないというか…。
しかし、その手応えのない様子がオスカーの忘れていた天使時代のなにかを思い出させる…。

セシルの正体というか前世はある程度予想通りかな?
天使か悪魔か人間かはどうかとして、オスカーとの関係性がね。ああ、やっぱりねって感じ。
ああいう、無気力な性格も神が与えた罰なのか?
あとがきでかわいさんも聖書による神の行いについていろいろ意見を述べてましたが、やっぱり私も「神様って…」と中学高校の宗教の授業で思ったね。
一番最初は「放蕩息子の帰還」でないの?今まで、父親に尽くしていた弟か兄かの立場は〜!?
シスターが一所懸命に神の言葉を伝えようとしておりましたが、どうしても納得できなかった。
実際、神よりも悪魔の方が魅力的だと思う。
だから、人間は簡単に罪を犯してしまうだろ?神の言葉より悪魔の言葉に耳を傾けてしまった結果として。

オスカーは結構可愛いところがある悪魔で魅力的でしたが、どうもセシルにあまり魅力を感じなかったな。
あと、ラストが唐突というかあっさりというか〜。
ちょっと、えっ、そんなもん!?って思ったよ。まあ、選択肢はあるようでなかったのだが。
オスカーと一緒に生きることにより、セシルは無気力な性格がなおり人間的(悪魔的?)になり魅力あふれる性格になるのでしょうか?
まあ、何百年も生きることになるから、時間だけはたっぷりあるしな。

あと、物語にあまり関係ないことで思ったことが、セシルのかけていた片眼鏡ですが、それって、彫りの深い顔立ちの西洋人だとできないよなあ〜。東洋人ののっぺりとした顔立ちでは眼窩にはめるなんてことはできないだろうなあ〜。
それとあとがきでオスカーの名前の由来が。
たしかにオッドアイといえば、双璧のあのひとがいたけど、そこからとは…。
かわいさんにとっての『銀河英雄伝説』はロイエンタールの反逆時点で終わっているらしい。
あの作品って、キルヒアイスの死とかヤンの死とかで読むのが止まってしまうところがあるからねえ〜。
確か、私も2巻で一度読むのをやめた記憶が…。そのころ、本編が完結したかしないかの頃だったと思うが…。
いや、ちゃんとその後読みましたよ。ヤンが死んだあとは斜め読みになりかけたが…。
2010.05.30 Sunday 14:33 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「もいちどあなたにあいたいな」著者:新井素子 | main | 「信じてないからキスをして」著者:火崎勇 イラスト:梨とりこ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 14:33 | - | - |