<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「信じてないからキスをして」著者:火崎勇 イラスト:梨とりこ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
「裁判員制度導入を睨んで、検察庁は美人を選んだって噂は本当だな」――捜査一課の刑事・加倉井の印象は最悪だった。綺麗な見た目に反して堅物と評判の新人検事・千条には、加倉井の揶揄う態度が許しがたい。その上、彼のいい加減な仕事態度は、検事としても千条の手を煩わせるのだ。だが、ある事件に関わったとき、加倉井が真剣なまなざしで協力を求めてくる。捜査をともにするうち、彼の真摯な姿勢を知る千条。やがて、加倉井を愛するようになるが…。クセモノ刑事×美人検事――恋に堕ちる瞬間。


実はそれほど期待していなかった…。
最近の火崎さんの作品はなんかあと一歩足りないというか、だから何?みたいなのが多くて、ガッカリすることが続いたので…。
まあ、イラスト買いですよ。
最近、梨とりこさんのイラストが気になって〜。
梨さんのイラストでもキャラ文庫の新刊買うつもりだったのだけど、いつもと違う本屋に行ったら、そちらはなかった。
期待しなかったのが良かったのか当たりでしたよ!
買って良かった♪



web拍手

裁判員制度のために容姿のいいのを検察がスカウトしているっていう話は聞いたことがあります。
まあ、マンガの知識ですが…。
本当かどうかは知らないが…。
でも、見た目っていうのは結構重要。
だって、初対面で千条は加倉井のネクタイをしない、無精髭、そして不埒な態度で捜査一課の刑事と思わなかったのだから…。
おかげで、初対面での印象は最悪といっていいもの。
その後も印象は最悪のまま。

でも、見た目が全てではないのも事実。
とある事件の真実を追うために一緒に行動することになった2人。
加倉井の仕事ぶりを間近に見ることで、今までと違った印象を受ける千条…。
そして、真犯人かもしれない男と加倉井の意外な関係が…。

千条という男は堅物であるけれど、決して頭でっかちなわけではないといいますか…。
正義の味方に憧れ、検察官を幼い頃から志しただけあり、公正であろうとしています。
加倉井の捜査方法が不真面目だからではなく、彼なりの正義によるものだと知れば、それを認める度量はあります。
加倉井の弱さや優しさも知れば、それも認め、そしてそういう彼に対しての自分の気持ちも…。

最近の火崎さんの作品は、登場人物にどうも感情移入できないものが多かったのですが、今回はそんなことなく、加倉井も千条も魅力的な人物でした。
捜査が進むにつれ見えてくる千条の芯の強さも加倉井の繊細さも2人の新たなる魅力でした。
あと、安易にエロに持っていかなかったのが良かったような気がします。
まあ、2人が一緒に行動したのって実はたった2日だけなんだよね〜。
まあ、それなら普通そこまで関係進むわけないのだが、必要以上にエロシーンがある作品もあるからさあ〜。
別に多くても全然構わないのだけど、無意味なサービスはね…。
これは気持ちが本当に通じてからなのが良かったかな。
まあ、千条は同情とかで流される人じゃないから。
今後のプライベートは知らないけど。なんせ加倉井の弱さに惹かれたからなあ〜。
あとがきでも2人きりになると甘々になるのではとあったし。
正反対だから上手くいくカップルなのかもね。
で、仕事も正反対だからいいのだろう。
いわゆるお似合いってことなのだろう。
2010.05.31 Monday 00:57 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「天国より野蛮」著者:かわい有美子 イラスト:織田涼歌 | main | 「兎オトコ虎オトコ」2巻 著者:本間アキラ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 00:57 | - | - |