<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「兎オトコ虎オトコ」2巻 著者:本間アキラ

JUGEMテーマ:読書

【あらすじ】
身体を差し出すかわりに病院から出ていってほしいと、野浪に取り引きをもちかけた卯月。気持ちを軽く扱われたことに野浪が傷ついていることに気づかず、卯月はそんな彼を置いて呼び出しに応じ、緊急オペに向かってしまう。次の日、取り引き不成立で食い下がられるだろうと考えていた卯月は、野浪にあっさりと「センセのことはどうでもよくなった」と言われる。言葉通りタカは退院していき、拍子抜けした卯月は、平穏になったはずの病院で野浪の姿を探して寂しさを募らせていくが──。そんな中、同僚と行ったバーのオーナーが野浪だと気づいた卯月は、彼が苦しんでいる気配を感じてオーナー室に乗り込んでいく。恋に鈍感な兎似のお医者様と虎のごとく凶暴な純情ヤクザの弱肉強食ラブ♥第二巻! 大量描き下ろしで登場!!

やっと出た〜!!
2009年のマイベストBL作品!!の続編。
本当に発売が楽しみで楽しみで〜。
しかし、関門海峡の呪いのために31日もしくは1日発売と思っていたら、どうも29日発売だったみたいな…。
土日で会社帰りに本屋に行くっていうのがなかったとはいえ、損したなあ〜。

まあ、とにかく1巻の感想は→コチラ


web拍手

さて、待望の2巻!
ハッピーエンドが読めると思っていたのに…。思っていたのに…。いたのに………(エコー)
いや、別にバッドエンドだったわけではない!!
いや、やっぱりバッドといえば、バッド!?
ただし、エンドじゃないよ…。
はい、はい。つまりそういうこと。
To be continued 3巻に続くでありますよ〜。
全2巻でハッピーエンドで完結するものと信じきっていた人間には肩透かし以外のなにものでもない。
いや、別にいいですよ…。こうなったら本間センセイの納得までいくようにしたらいいと思う。
まあ、ハッピーエンドであることを祈るばかりですが〜。
だけど、この巻も描き下ろしが100ページ近いのだから凄いよね。
ヤクザものとしたら、ベタというかお約束展開ではあるのですが、兎と虎の可愛らしさからしたら、そんなことは些細なもの?
でも、今回、兎も虎に恋しちゃったからかなあ〜。
怯える兎が少なかった。
いや、甘えてくれるならそれでもいいけど、そこまでの覚悟はなく…。
虎さんのことを好きなのは認めるけれど、全てを受け止める覚悟はできず…。
まあ、当たり前というか当然の態度だよなあ〜。
それでも、3巻では卯月も覚悟を決めてくれることを祈るばかりです。

しかし、いつ3巻でるのかなあ〜?
9月末発売の小説ショコラに載ってからだから年内にでるか?
というか、コミック1冊分あるのか?
雑誌買わないといけないかなあ〜。
なるべく早く出ることを祈る。
2010.05.31 Monday 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「信じてないからキスをして」著者:火崎勇 イラスト:梨とりこ | main | 「1円の男」著者:モンデンアキコ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 22:13 | - | - |