<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.12.10 Sunday  | - | - | 

「許可証をください」著者:烏城あきら イラスト:文月あつよ

昨日の台風13号凄かったですね〜
我が街、福岡もいろいろと大変だったみたいです。
知り合いが堂本光一コンサートに行けなくなったり…(笑:本人は笑い事でないだろうが…。代替日、10月3日で平日だし〜。仕事休めるといいね〜って、その人がこのブログ見ることないだろうけど)
せっかくの3連休なのに、私個人は特に予定もなく、雨が降ろうが、嵐が来ようが、ホモ本三昧で過ごす予定だったので、特に困りませんでした。(年頃の娘として、いいのか!?いや、年頃とかいっていい年齢なのかも怪しいが…)
あっ、でも、ひどくなる前にビールを買いに行こうと14時頃に徒歩1分のスーパーに出かけただけで、ずぶ濡れになりました。徒歩3分のスーバーの方がビールが安いのがわかっていたのに、高い店で買ってしまいました。ビールを諦めるという選択肢はないのか?という突っ込みが各方面から聞こえてきそうです…
まあ、そんなこんなで、台風がきても特に困らなかったのですが、世の中には、台風がきて大慌てな方々がいたかと思います。
この本の登場人物のように〜

あっ、一つ台風で困ったことが、BSでやっていた「少年倶楽部プレミアム」が途中でアンテナの調子が悪くて見れなくなったこと〜。まあ、いいよ。ハイビジョン放送の方を録画予約するから。「鉄腕DASH」の録画が停電で止まったと、訴えてきた友人よりはマシです。うちは大丈夫だったから、ダビングしとくよ。その友人もこのブログ見ることないだろうけど。

嵐を呼ぶ台風!?―許可証をください!(3)
嵐を呼ぶ台風!?―許可証をください!(3)
烏城 あきら, 文月 あつよ

【あらすじ】
八月。喜美津化学はかつてない渇水に見舞われ、製品が納期に間に合わないかもしれないという危機に直面していた。前原が試作していた冷却器まで持ち出し、盆休み返上でし生産を試みる製造部の面々。しかし品証の弘に手伝えることはなく、通常通りの夏期休暇を取ることに。そこへ工場へ詰めているはずの前原が現れ、好き放題した挙げ句、弘を手製の拘束具でベッドへ繋いで消えてしまう。驚き慌てる弘のもとへ、北海道にいるはずの弘の両親が突如自室に乗り込んできて・・・。書き下ろしは台風一過の朝、パワーアップした拘束具によって再びピンチを迎えた弘のその後。二人の関係にも展開が?「働く男」の真骨頂、好評シリーズ第三弾!

拍手する

台風ネタで選んだので、3冊目の「嵐を呼ぶ台風!?」の画像とあらすじを選びましたが、ぜひ、1冊目の「許可証をください!」からお読み下さい。
なんで、こんなにホモ本ばかり読むのでしょうか?別に男女の恋愛でもいいだろうが〜なんて、思うんですが、なんか気が付いたら、
ホモ持ってこ〜い!!!
っていう今日この頃。
やはり、男同士という背徳的な感じがいいのか!?
うん、いいね〜。明るく、青空の下が似合う恋愛もいいが、どこか後ろめたい恋愛っていうのは読んでいる身としては、大変良いです。障害があるほど、燃えるものよ!!
でも、やはり、イイ男同士が仲が良いってのが醍醐味なんでないですか?
仲がいいだけなら友情でもいいのでは?って感じだけど、それだけではすまない、自分でも持て余すそれ以上の感情に悩むっていうのが良いのです!!
なんていうか、魂の結びつき!?
なんか、巧く表現できません。陳腐なことばかりいってスミマセン…
ただね、対等な男同士が友情以上の感情を持て余し、悩んだ上にこいつでないと駄目なんだと気が付く。
ロマンよ。ロマンですよ。(注:腐女子限定)
受とか攻とかとりあえず区別していますが、守る方、守られる方とかでなく対等な関係の2人。
対等な関係の男同士の恋愛っていうのは、いいですよね〜
恋人であり、ライバルであり。
好敵手と書いてコイビトと読むって感じ!?
(阿呆の子がここにいますよ〜と自分で思います…)
とにかく、このシリーズがその対等な男同士の恋愛なんですよ。
ああ、前振り長すぎでスミマセン…
恋愛だけが、人生ではないのです。
仕事だったり、家族のことだったり、他にも大事なことがあるのです。
そういうことをちゃんと書いている作品です。
恋人同士ってだけでなく、同僚として、仕事のパートナーとしての2人のお話です。
あっ、でも、ヤルことヤってますので、各方面にご満足いくシリーズと思います。
2006.09.18 Monday 15:33 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 「僕の恋の話・ヒメゴト」著者:神葉理世 | main | 「BINGO!」16巻 著者:葉芝真己 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.12.10 Sunday 15:33 | - | - |